日本の「新しい選択肢」を提示する。

三島由紀夫

PAGE TOP