【3月26日】三島由紀夫のSF小説『美しい星』、映画になったカルト的名作

令和2年3月で第8回を迎える「三島由紀夫読詠会」ですが、今回取り上げるのは、少し前に映画化されたSF小説『美しい星』です。

「あの三島がSF小説?」とお思いになられる方もいらっしゃることでしょう。

実際、日本では宇宙人だの空飛ぶ円盤だのと言っただけで、まともな小説と見なさない、色物扱いする傾向があります。

しかしながら、欧米では、舞台設定は架空の物であっても、それ故に逆に自由に設定できるテーマを基にして、思索を繰り広げる文学を決して低いものとは見なしません。代表的なSF作家であるアシモフやアーサー・C・クラークなどに対する評価は非常に高いものです。

この『美しい星』は終末論がベースとなっており、後半の討論部分は、ジョン・ウィンダムの傑作『トリフィドの日』にも勝るとも劣らない熱の入った優れたものだと思います。

このように書くと、また取りつきにくそうなイメージを与えそうですが、実際読めばお分かりの通り、この作品は極上のエンターテイメント小説で、一気に読めてしまいます。筒井康隆が、この小説を絶賛したのも頷けるものです。

そして、文章の硬質な煌めきはやはり、さすがとしか言いようのないもので、妻が夫のためにリンゴの皮をむくといった些末な場面ですら、

伊余子の確信にあふれた手は、深夜の燈火にナイフをきらめかせて、大きな印度林檎の、紅から黄に、黄から浅黄に、浅黄から白におぼめく繊細な色あひのつややかな皮を剝いた。
(三島由紀夫『美しい星』より)

となる訳で、三十代後半となり、いよいよ円熟の境地に入ってきた天才作家の熟達の筆の冴えを存分に味わえます。

この素晴らしさを、多くの方と共有できたらと思っております。奮ってのご参加お待ち申し上げております。

三島由紀夫読詠会@中洲川端『美しい星』3/26(木)19:00-

日時:令和2年3月26日(木)19:00-20:30
会場:福岡市博多区上川端町12-28 安田第一ビル8F
( 福岡市営地下鉄「中洲川端駅」徒歩3分)
会費:500円(初回無料)

>>詳しくはこちらreimeisha.jp

石原志乃武(いしはら・しのぶ)/昭和34年生、福岡在住。心育研究家。現在の知識偏重の教育に警鐘を鳴らし、心を育てる教育(心育)の確立を目指す。北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会幹事。福岡黎明社会員。

関連記事

  1. 「文化の日」を「明治の日」に改称へ 10月29日に院内集会開催

  2. 誤解されている「政教分離」、国教を定めている国も意外に多い?

  3. 福岡市で三島由紀夫作品の朗読会 小説を「劇的」に読んで味わう

  4. 史上最も不恰好なヒーローを描く大人向けアニメ『いぬやしき』とは

  5. 【12月8日】直方市でアニメ『めぐみ』上映 あなたの家族が拉致されたとしたら?

  6. 織田信長はキャプテン翼だった!? 涙ぐましい努力家に学ぶべき事とは

  7. 『神道DNA』を読む 危機の時こそ考えたい日本人のアイデンティティー

  8. 福岡縣護国神社で提灯付け奉仕「みたままつり」に約6,000灯の献灯

  9. 家康の台湾出兵、そのとき明国は日本の尖閣領有を認めていた(後編)

PAGE TOP