東京で憂国忌 小川榮太郎氏らが『春の雪』巡り討論

平成30年11月25日、東京都千代田区の星陵会館で第48回憂国忌(三島由紀夫研究会主催)が開催された。

女優の松村英子氏と松村えり氏が『豊饒の海』第1巻『春の雪』から、その一節を朗読。

また、「『春の雪』を巡って」と題して有識者によるパネルディスカッションが行われた。登壇したのは小川榮太郎氏、富岡幸一郎氏、松本徹氏。司会は上島嘉郎氏(「正論」前編集長)が務めた。

評論家の小川榮太郎氏は三島由紀夫の『春の雪』について、「巨匠の至芸であり、世界最高の小説だ。40歳の若さでこれを書いたことに讃嘆の念を禁じ得ない。刊行当時、これは完全に遺書と思った。言語でつくれるのかという絶美だ」と絶賛。

三島研究家としても著名な松本徹氏は、「『豊饒の海』全4巻は三島にとって決定的小説で野心作だった。現代小説をひっくり返し、底を踏み抜く作品になった。西洋は実存の基礎をキリスト教に置いたが、三島はそれに反し、絶対的な「空」を設定して書いた。これは近代小説の否定であり、人間的豊かさの出現だ」と解説した。

文芸評論家の富岡幸一郎氏は、「三島は戦前の日本も否定しており、決して〈戦前回帰〉論者ではなかった。『春の雪』は単に男女の愛を描く恋愛小説ではなく、絶対の禁を侵すことに恋の意味を見出す〈恋闕〉小説だ。死が源泉になって〈みやび〉が現れている」と指摘した。

会場前に祭壇も

会場前の巨大パネル

三島の字による「行動」の旗

関連記事

  1. 【新型コロナ】在外邦人の悲鳴「身動き取れず、仕事がなく、公的支援もない」

  2. 中国・上海で二人暮らしするのに必要な収入はいくらか計算してみた

  3. 「独裁者・習近平へアジアの怒りの声を」国際人権団体が結集

  4. 経済大国・中国からの技能実習生受け入れはもう見直すべき時期に来ている

  5. 外国人と交渉する前に押さえておきたい、神話にみる「契約」の違いとは

  6. 三島由紀夫のSF小説『美しい星』、映画になったカルト的名作

  7. 労組、宗教、業界団体…影で選挙を動かす「互助共同体」とは

  8. 【それいけ!ネコウヨ玉乃進】ネコでもわかる与党と野党の違いとは

  9. 「連合離脱」で衝撃を与えた化学総連 なぜ離脱し、その後どうなったか

公式SNSで配信情報をお届け!

twitter

facebook

Instagram

youtube

イベント情報

PAGE TOP