東京で憂国忌 小川榮太郎氏らが『春の雪』巡り討論

平成30年11月25日、東京都千代田区の星陵会館で第48回憂国忌(三島由紀夫研究会主催)が開催された。

女優の松村英子氏と松村えり氏が『豊饒の海』第1巻『春の雪』から、その一節を朗読。

また、「『春の雪』を巡って」と題して有識者によるパネルディスカッションが行われた。登壇したのは小川榮太郎氏、富岡幸一郎氏、松本徹氏。司会は上島嘉郎氏(「正論」前編集長)が務めた。

評論家の小川榮太郎氏は三島由紀夫の『春の雪』について、「巨匠の至芸であり、世界最高の小説だ。40歳の若さでこれを書いたことに讃嘆の念を禁じ得ない。刊行当時、これは完全に遺書と思った。言語でつくれるのかという絶美だ」と絶賛。

三島研究家としても著名な松本徹氏は、「『豊饒の海』全4巻は三島にとって決定的小説で野心作だった。現代小説をひっくり返し、底を踏み抜く作品になった。西洋は実存の基礎をキリスト教に置いたが、三島はそれに反し、絶対的な「空」を設定して書いた。これは近代小説の否定であり、人間的豊かさの出現だ」と解説した。

文芸評論家の富岡幸一郎氏は、「三島は戦前の日本も否定しており、決して〈戦前回帰〉論者ではなかった。『春の雪』は単に男女の愛を描く恋愛小説ではなく、絶対の禁を侵すことに恋の意味を見出す〈恋闕〉小説だ。死が源泉になって〈みやび〉が現れている」と指摘した。

会場前に祭壇も

会場前の巨大パネル

三島の字による「行動」の旗

関連記事

  1. 教育者が訴える「拉致被害者を実力で救い、時計の針を進めよう」

  2. 「ビルマのゼロファイター」と呼ばれる男 未だ終わらぬ2つの戦争とは

  3. 【詳報2】行橋市「不法占拠」鳥井田議員擁護派は?共産党も議事妨害

  4. 故・小野田寛郎氏「いまでも日本政府はアメリカの傀儡だ」

  5. 救う会が吉川市議会へ抗議 ブルーリボン悪用に「大変悲しい」

  6. 本誌編集主幹の「新型コロナ」に関するツイート15,000字まとめ(後編)

  7. 相次ぐ「失踪」!? 外国人技能実習制度に見えてきたデメリットとは

  8. 『満洲文化物語』著者に聞く(後編)満洲国建国の挫折から日本人が学ぶべきこととは

  9. 亡命したチベット高僧「アジャ・リンポチェ」が遥々日本へ来る理由

PAGE TOP