楯の会制服がヤフオクに出品される→約58万円で落札

三島由紀夫が学生らを率いて結成した民間防衛組織「楯の会」の制服が、ネットオークションサイト「ヤフオク!」に出品されていることがわかった。掲載されている写真を見る限り、本物である可能性が高い。

出品者はこれまでも100品近い中古品を出品しているが、過去の出品に楯の会や三島に関連するものはない。品名には「音楽隊? 自衛隊? 学生服? マーチングバンド? 自衛隊? 消防? 警察?」などと書かれており、出品者が楯の会を知らないことが窺える。

楯の会冬服(ヤフオクより)

楯の会夏服(ヤフオクより)

出品されているのは楯の会の冬服と夏服で、隊員の体格に合わせてオーダーメイド発注された西武百貨店のタグや、楯の会の紋章(日本の伝統的な兜をデザインしたもの)をあしらった金ボタンが確認できる。

西武百貨店のタグ

楯の会の紋章をあしらった金ボタン

背面には水引きの結びのような意匠が見える

上着の内側には手書きで「西田」と書かれているように見える

入札価格は8月11日0時現在で、冬服が348,000円、夏服が152,000円と、すでに高値が付けられている。

楯の会が結成されたのは昭和43(西暦1968)年で、昭和44(西暦1969)年の4期生まで募集されており、最終的には総勢100名程度だったとされる。楯の会は三島由紀夫の自決に伴い解散。元隊員らは多くが70代になっている。

8/20 追記

令和3年8月20日に当該出品ページを確認したところ、オークションはそれぞれ下記の金額で落札されていた。(オークション終了日は8月15日)

▽冬服
578,000円(入札138件)

▽夏服
278,000円(入札36件)

選報日本/編集部


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • たつ
    • 2021年 9月 07日

    間違いないものでした。 昨年は、三島由紀夫さん自刃50周忌の節目で、色々と注目・話題とありましたが、今回の「楯の会」、冬・夏の両制服、昭和史の貴重な史料と思います。大切に保存したいと思います。

  1. 石井英俊名誉編集長の辞任について
  2. 「コロナ不況を生き残れ」フリーランス向け支援【動画あり】

公式SNSで配信情報をお届け!

twitter

facebook

Instagram

youtube
PAGE TOP