筥崎宮で福岡憂国忌 約150名が参列し三島・森田の霊魂に祈る

平成30年11月23日、福岡黎明社主催による「第48八回福岡憂国忌」が筥崎宮参集殿(福岡市)にて開催された。およそ150名が参列した。

筥崎宮神職による神事に続き、遺書朗詠、檄文朗読が行われ、歴史作家の浦辺登氏が「三島由紀夫と西郷隆盛」と題して記念講演。三島由紀夫にボディビルを指導した故・玉利齊氏への取材を通じてわかった三島の西郷への思いについて、資料を示しながら解説した。

また、主催者から2年後の没後50周年に向けて「義挙50周年プロジェクト」と題して、楯の会義挙に関する啓発活動を行なっていく方針が示された。

筥崎宮の神職による神事

約150名の市民が参列

三島の「檄文」を朗読する石原氏

福岡憂国忌のポスター

関連記事

  1. 米朝首脳会談を米国民はどう見ているか 会談に賛成するも成果は期待薄

  2. 多文化主義政策は受入れ国の一体性を分断する

  3. NHK『おはよう日本』でカットされた「景気対策としての減税と個人給付」

  4. フリーランサー組合、新型コロナ対策で減税と個人補償を求める声明を発表

  5. 現代の子供たちに伝えたい 理想と勇気を与えてくれる「偉人」とは

  6. 【夫婦時事解説】習近平の国賓来日を許してはならない!反対の声をあげよう!

  7. フリーランサー団体「ものづくり分業化」のクラウドサービスを発表

  8. 慰安婦問題は日韓政府の「談合」の産物だった

  9. 【参院選2019】最低賃金、働き方改革…滅びゆく中小企業を各党はどうする?

公式SNSで配信情報をお届け!

twitter

facebook

Instagram

youtube

イベント情報

PAGE TOP