筥崎宮で福岡憂国忌 約150名が参列し三島・森田の霊魂に祈る

平成30年11月23日、福岡黎明社主催による「第48八回福岡憂国忌」が筥崎宮参集殿(福岡市)にて開催された。およそ150名が参列した。

筥崎宮神職による神事に続き、遺書朗詠、檄文朗読が行われ、歴史作家の浦辺登氏が「三島由紀夫と西郷隆盛」と題して記念講演。三島由紀夫にボディビルを指導した故・玉利齊氏への取材を通じてわかった三島の西郷への思いについて、資料を示しながら解説した。

また、主催者から2年後の没後50周年に向けて「義挙50周年プロジェクト」と題して、楯の会義挙に関する啓発活動を行なっていく方針が示された。

筥崎宮の神職による神事

約150名の市民が参列

三島の「檄文」を朗読する石原氏

福岡憂国忌のポスター

関連記事

  1. 「自衛隊を憲法に明記」民間研究者が安倍首相案の実現に期待

  2. 【10月-11月】福岡・佐賀で北朝鮮拉致問題に関する講演会 自治体が主催

  3. 社畜にならないための学問!?「リベラルアーツ」って何?

  4. これを知っていればあなたも選挙通!?選挙の専門用語8選

  5. 留学生も「労働力?」日本の現場に溢れる外国人労働者たちの実態とは

  6. #もともと残酷で有名だった 小坪慎也市議が戦い続ける理由(1)

  7. 一気に台風の目に 小池都知事の「希望の党」は何を目指すのか?

  8. 暴走する偽書論争で史跡が消される!? 馬部隆弘著『椿井文書』の問題点(前編)

  9. 気象予報士の半井小絵さん「北朝鮮の拉致は政治問題ではなく犯罪」

公式SNSで配信情報をお届け!

twitter

facebook

Instagram

youtube

イベント情報

PAGE TOP