筥崎宮で福岡憂国忌 約150名が参列し三島・森田の霊魂に祈る

平成30年11月23日、福岡黎明社主催による「第48八回福岡憂国忌」が筥崎宮参集殿(福岡市)にて開催された。およそ150名が参列した。

筥崎宮神職による神事に続き、遺書朗詠、檄文朗読が行われ、歴史作家の浦辺登氏が「三島由紀夫と西郷隆盛」と題して記念講演。三島由紀夫にボディビルを指導した故・玉利齊氏への取材を通じてわかった三島の西郷への思いについて、資料を示しながら解説した。

また、主催者から2年後の没後50周年に向けて「義挙50周年プロジェクト」と題して、楯の会義挙に関する啓発活動を行なっていく方針が示された。

筥崎宮の神職による神事

約150名の市民が参列

三島の「檄文」を朗読する石原氏

福岡憂国忌のポスター

関連記事

  1. オウム真理教の死刑囚が最後に「信じた」ものとは何か?

  2. 拉致被害者を救出しない日本政府は憲法違反だ

  3. 現代の子供たちに伝えたい 理想と勇気を与えてくれる「偉人」とは

  4. #もともと残酷で有名だった 小坪慎也市議が戦い続ける理由(3)

  5. 青山繁晴参院議員「消費税を1割にすれば景気が悪化」消費増税反対を明言

  6. 福沢諭吉のエッセンス『中津留別之書』全文を現代語に意訳してみた

  7. 誤解されている「政教分離」、国教を定めている国も意外に多い?

  8. 千葉台風被害「自衛隊ありがとう」は良いが、自衛隊に依存し過ぎ?

  9. 長時間労働やサービス残業が日本の経済成長を妨げ、日本人を不幸にした

PAGE TOP