筥崎宮で福岡憂国忌 約150名が参列し三島・森田の霊魂に祈る

平成30年11月23日、福岡黎明社主催による「第48八回福岡憂国忌」が筥崎宮参集殿(福岡市)にて開催された。およそ150名が参列した。

筥崎宮神職による神事に続き、遺書朗詠、檄文朗読が行われ、歴史作家の浦辺登氏が「三島由紀夫と西郷隆盛」と題して記念講演。三島由紀夫にボディビルを指導した故・玉利齊氏への取材を通じてわかった三島の西郷への思いについて、資料を示しながら解説した。

また、主催者から2年後の没後50周年に向けて「義挙50周年プロジェクト」と題して、楯の会義挙に関する啓発活動を行なっていく方針が示された。

筥崎宮の神職による神事

約150名の市民が参列

三島の「檄文」を朗読する石原氏

福岡憂国忌のポスター

関連記事

  1. 【夫婦時事解説】香港・逃亡犯条例は撤回されていない!みんな騙されないで!

  2. #もともと残酷で有名だった 小坪慎也市議が戦い続ける理由(1)

  3. 愛猫家の地方議員立ち上がる!「殺処分を減らし、地域猫活動を推進」

  4. 数字で見る日中間の「好感度」 定住外国人の受け入れを阻む要因か

  5. 新元号は「令和」 5月1日から

  6. 自販機大国・日本より進んでいる!? 中国の「新しい自動販売機」

  7. ゆとり教育が企業にもたらした混乱「それでも日本人を雇いたい」

  8. 公然と選挙違反を繰り返す日本共産党の候補者!議員になる資格はあるのか?

  9. 超高齢化による介護負担増をどうすべきか?海外でも同じ課題が

PAGE TOP