筥崎宮で福岡憂国忌 約150名が参列し三島・森田の霊魂に祈る

平成30年11月23日、福岡黎明社主催による「第48八回福岡憂国忌」が筥崎宮参集殿(福岡市)にて開催された。およそ150名が参列した。

筥崎宮神職による神事に続き、遺書朗詠、檄文朗読が行われ、歴史作家の浦辺登氏が「三島由紀夫と西郷隆盛」と題して記念講演。三島由紀夫にボディビルを指導した故・玉利齊氏への取材を通じてわかった三島の西郷への思いについて、資料を示しながら解説した。

また、主催者から2年後の没後50周年に向けて「義挙50周年プロジェクト」と題して、楯の会義挙に関する啓発活動を行なっていく方針が示された。

筥崎宮の神職による神事

約150名の市民が参列

三島の「檄文」を朗読する石原氏

福岡憂国忌のポスター

関連記事

  1. 北朝鮮の暴発で戦争勃発!?いま日本人が備えるべきこととは

  2. 日本人が撮った、ダライ・ラマの映画にあなたも涙せずにはいられない

  3. 「教育無償化」だけで良いのか?学習塾に依存する日本の教育現場

  4. 西村元防衛政務次官「日本は核の傘を失った」

  5. #もともと残酷で有名だった 小坪慎也市議が戦い続ける理由(1)

  6. 香港独立派「日本は憲法改正してパワーを持つべきだ」中国共産党に激震

  7. 声に出せばわかる三島由紀夫「檄」 具体的にどう詠むか(2)

  8. 「銃乱射事件の悲劇を政治利用するな」と米国保守派がメディアに反撃

  9. 【7月豪雨災害】自衛隊「泥水洗顔写真」が削除された理由とは

PAGE TOP