筥崎宮で福岡憂国忌 約150名が参列し三島・森田の霊魂に祈る

平成30年11月23日、福岡黎明社主催による「第48八回福岡憂国忌」が筥崎宮参集殿(福岡市)にて開催された。およそ150名が参列した。

筥崎宮神職による神事に続き、遺書朗詠、檄文朗読が行われ、歴史作家の浦辺登氏が「三島由紀夫と西郷隆盛」と題して記念講演。三島由紀夫にボディビルを指導した故・玉利齊氏への取材を通じてわかった三島の西郷への思いについて、資料を示しながら解説した。

また、主催者から2年後の没後50周年に向けて「義挙50周年プロジェクト」と題して、楯の会義挙に関する啓発活動を行なっていく方針が示された。

筥崎宮の神職による神事

約150名の市民が参列

三島の「檄文」を朗読する石原氏

福岡憂国忌のポスター

関連記事

  1. ほとんどの国で「外国人参政権」が認められていない理由とは

  2. いよいよ希望の党が分裂!「改革保守」の党が生き残る道とは?

  3. 日本企業における深刻な人材不足 結果的に「ダイバーシティ化」が進んでいる

  4. 東京五輪が危ない!米国の専門家が危惧する日本の「GHQベイビー」とは誰か

  5. 超高齢化による介護負担増をどうすべきか?海外でも同じ課題が

  6. 現代の子供たちに伝えたい 理想と勇気を与えてくれる「偉人」とは

  7. 世界に「日本の立場を英語で発信」し続けるために、今できることとは?

  8. 米国「高校生による銃規制推進運動」がSEALDsにそっくりな理由

  9. 【それいけ!ネコウヨ玉乃進】ネコでもわかるLGBT問題の背景とは?



















twitter

facebook

facebook
PAGE TOP