筥崎宮で福岡憂国忌 約150名が参列し三島・森田の霊魂に祈る

平成30年11月23日、福岡黎明社主催による「第48八回福岡憂国忌」が筥崎宮参集殿(福岡市)にて開催された。およそ150名が参列した。

筥崎宮神職による神事に続き、遺書朗詠、檄文朗読が行われ、歴史作家の浦辺登氏が「三島由紀夫と西郷隆盛」と題して記念講演。三島由紀夫にボディビルを指導した故・玉利齊氏への取材を通じてわかった三島の西郷への思いについて、資料を示しながら解説した。

また、主催者から2年後の没後50周年に向けて「義挙50周年プロジェクト」と題して、楯の会義挙に関する啓発活動を行なっていく方針が示された。

筥崎宮の神職による神事

約150名の市民が参列

三島の「檄文」を朗読する石原氏

福岡憂国忌のポスター

関連記事

  1. 「文化の日」を「明治の日」に改称へ 10月29日に院内集会開催

  2. 日本の戦った戦争は日本とアジアの独立を求めた戦いだった

  3. 働く場所としての日本は、外国人材にとって果たして魅力的か?

  4. いじめを傍観する子供たちと、拉致被害者を放置する大人たち

  5. 外国人労働者を「安価な労働力」とみなす日本企業のトンデモない勘違い

  6. #もともと残酷で有名だった 小坪慎也市議が戦い続ける理由(2)

  7. いじめられっ子はいじめっ子に復讐せよ

  8. 乳がん専門医が患者のために「ダライ・ラマ法王」を招く理由

  9. 意外に恵まれている?外国人技能実習生の住居と賃金の実態とは

PAGE TOP