筥崎宮で福岡憂国忌 約150名が参列し三島・森田の霊魂に祈る

平成30年11月23日、福岡黎明社主催による「第48八回福岡憂国忌」が筥崎宮参集殿(福岡市)にて開催された。およそ150名が参列した。

筥崎宮神職による神事に続き、遺書朗詠、檄文朗読が行われ、歴史作家の浦辺登氏が「三島由紀夫と西郷隆盛」と題して記念講演。三島由紀夫にボディビルを指導した故・玉利齊氏への取材を通じてわかった三島の西郷への思いについて、資料を示しながら解説した。

また、主催者から2年後の没後50周年に向けて「義挙50周年プロジェクト」と題して、楯の会義挙に関する啓発活動を行なっていく方針が示された。

筥崎宮の神職による神事

約150名の市民が参列

三島の「檄文」を朗読する石原氏

福岡憂国忌のポスター

関連記事

  1. 果たして外国人にとって日本は「永住したい理想の国」になり得るのか?

  2. 亡命したチベット高僧「アジャ・リンポチェ」が遥々日本へ来る理由

  3. 丸山穂高議員への批判者に問う「礼儀知らずは集団リンチされるべきか?」

  4. 「ビルマのゼロファイター」と呼ばれる男 未だ終わらぬ2つの戦争とは

  5. なぜ日本人は「Z」が好きなのか? 日本海海戦から受け継がれる魂とは(後編)

  6. 陳浩天氏、再び不当拘束 香港国際空港から日本への出国を阻まれる

  7. なぜハロウィンは暴動化したのか 外国人にナメられる属国日本

  8. 慰安婦問題は日韓政府の「談合」の産物だった

  9. 【ピースボート】世界一周クルーズ中止で「3年かけて返金」トラブル相次ぐ

PAGE TOP