【12月12日】福岡市で三島由紀夫『金閣寺』朗読会 最高傑作を声に出して味わう

令和元年12月12日、福岡市で三島由紀夫による長編小説『金閣寺』の朗読会が開催される。参加費は無料。

主催は、三島由紀夫を追悼する「福岡憂国忌」の開催にも関わっている民間有志が構成する「三島由紀夫読詠会」。同会は、すでに『仮面の告白』『花ざかりの森』などの朗読会を開催しており、今回は5回目となる。

三島由紀夫読詠会@中洲川端『金閣寺』12/12(木)19:00-

日時:令和元年12月12日(木)19:00-20:30
会場:福岡市博多区上川端町12-28 安田第一ビル8F(前回までと異なります)
( 福岡市営地下鉄「中洲川端駅」徒歩3分)
地図:https://goo.gl/maps/N67Yg25FX7isB8SYA
会費:無料

▽(詳細)三島由紀夫読詠会@中洲川端『金閣寺』
https://reimeisha.jp

関連記事

  1. 若い世代のための三島由紀夫入門

  2. 【戦後75年】熊本で有志が短編映画制作「英霊のことを知って欲しい」

  3. 明治、大正、昭和、平成…元号だけではない、世界各地の独自カレンダー

  4. 福岡縣護国神社で提灯付け奉仕「みたままつり」に約6,000灯の献灯

  5. 三島由紀夫の檄文を「詠む」 そこに隠された三島の思いとは(2)

  6. 映画『いぬやしき』の虐殺映像は怖くて逃げ出したくなるレベル

  7. 筥崎宮で福岡憂国忌 約150名が参列し三島・森田の霊魂に祈る

  8. 映画『海獣の子供』と安部公房『第四間氷期』に見る水棲人類とは

  9. 三島由紀夫最後の短編『蘭陵王』は、もう一つの『仮面の告白』か

PAGE TOP