【12月12日】福岡市で三島由紀夫『金閣寺』朗読会 最高傑作を声に出して味わう

令和元年12月12日、福岡市で三島由紀夫による長編小説『金閣寺』の朗読会が開催される。参加費は無料。

主催は、三島由紀夫を追悼する「福岡憂国忌」の開催にも関わっている民間有志が構成する「三島由紀夫読詠会」。同会は、すでに『仮面の告白』『花ざかりの森』などの朗読会を開催しており、今回は5回目となる。

三島由紀夫読詠会@中洲川端『金閣寺』12/12(木)19:00-

日時:令和元年12月12日(木)19:00-20:30
会場:福岡市博多区上川端町12-28 安田第一ビル8F(前回までと異なります)
( 福岡市営地下鉄「中洲川端駅」徒歩3分)
地図:https://goo.gl/maps/N67Yg25FX7isB8SYA
会費:無料

▽(詳細)三島由紀夫読詠会@中洲川端『金閣寺』
https://reimeisha.jp

関連記事

  1. 福沢諭吉のエッセンス『中津留別之書』全文を現代語に意訳してみた

  2. 三島由紀夫最後の短編『蘭陵王』は、もう一つの『仮面の告白』か

  3. 誤解されている「政教分離」、国教を定めている国も意外に多い?

  4. 映画『海獣の子供』と安部公房『第四間氷期』に見る水棲人類とは

  5. チベット高僧「アジャ・リンポチェ」が明かす、中国共産党の侵略と破壊

  6. 仕事をする上で役に立ちそうな、今シーズンTVドラマ3選

  7. 誰よりも早く倒幕を唱えた平野國臣 銅像前で生誕祭が挙行される

  8. 博多祇園山笠を現在の姿に変えたのは、意外なアレだった!?

  9. もうマスコミに騙されない!現代人に必須の情報判断能力とは?

PAGE TOP