拉致問題

拉致問題

映画『めぐみへの誓い』観た男子高校生「涙が止まらなかった」

映画『めぐみへの誓い』(野伏翔監督)が静かに反響を広げている。北朝鮮による日本人拉致事件を主題とする本作は、令和3年2月に全国で封切られたが、上映館は23箇所と少ない。 本作は製作費としてクラウドファンディングが呼びかけられ、7千万円...
拉致問題

映画『めぐみへの誓い』 拉致被害者を救わねばならない

映画『めぐみへの誓い』(野伏翔監督)について最初に言っておきたいのは、この映画はすべての日本人が見るべき映画でありながら、上映館数並びに上映日数が少な過ぎるということです。 映画館数の追加のみならず、学校など教育機関での上映・鑑賞を強...
イベント情報

【福岡市/KBCシネマ】映画『めぐみへの誓い』3/5まで

令和3年2月27日(土)より、KBCシネマにて映画『めぐみへの誓い』が上映されます。この映画は、北朝鮮による日本人拉致事件をテーマに扱った世界初の実写映画であり、制作費はクラウドファンディングなどの寄付で賄われました。 すでに19日か...
イベント情報

【2/19より】映画『めぐみへの誓い』全国で順次公開

北朝鮮による日本人拉致事件をテーマに扱った世界初の映画『めぐみへの誓い』(野伏翔監督)が、令和3年2月19日から全国の映画館で順次公開される。 制作にあたってはクラウドファンディングなどによる寄付が集められ、支援総額は約7千万円、支援...
拉致問題

【安倍政権 七つの大罪】信じたのに救われなかった政権擁護派への教訓(中編)

この記事は、【安倍政権 七つの大罪】信じたのに救われなかった政権擁護派への教訓(前編)の続きです。 (3)自らの国会答弁で対北交渉を不可能にした 安倍首相は現職国会議員の中で最も拉致被害者家族に寄り添ってきた政治家の一人である。...
拉致問題

【安倍政権 七つの大罪】信じたのに救われなかった政権擁護派への教訓(前編)

事実上、次の内閣総理大臣を決める自民党総裁選が令和2年9月8日に告示され、14日に投開票される。すでに自民党内の主要な派閥が菅義偉官房長官への支持を表明し、総裁選の大勢は決している。16日には臨時国会が開かれ、首班指名される見通しだ。 ...
拉致問題

横田めぐみさんの弟と知り合った元左派教師の結論「派兵奪還しかない」

私は、北朝鮮による拉致被害者・横田めぐみさんの弟の哲也くんとは、長い付き合いとなります。 彼との出会いは、渋谷にある中国拳法の道場が始まりでした。私は当時、東横線の沿線の高等学校で数学教師をしていました。20代前半でした。横田くんは学...
拉致問題

【横田滋さん逝去】北朝鮮にいる横田めぐみさんにどう伝えられるというのか

令和2年6月5日、拉致被害者・横田めぐみさんの父親で、元家族会代表の横田滋さんが老衰により亡くなった。87歳だった。8日、神奈川県川崎市内の教会で葬儀が執り行われた。 日本銀行新潟支店に赴任していた昭和52(西暦1977)年、娘のめぐ...
拉致問題

救う会九州、新型コロナ対策で拉致被害者の早期救出を求める声明を発表

令和2年3月9日、救う会全国協議会に加盟する九州各県の救う会が「救う会九州連絡協議会」名で緊急声明を発表した。救う会九州は毎年、福岡市において拉致被害者の早期救出を求める集会とデモ行進を開催しているが、新型コロナウイルス対策に絡み、すでに延...
拉致問題

【延期】拉致被害者を救出する九州大会・国民大行進

下記イベントは新型コロナウイルス感染症を理由に延期となった。(3月3日追記) 救う会九州(北朝鮮に拉致された日本人を救出する九州連絡協議会)は、3月22日に集会とデモ行進を実施すると発表した。昨年9月に台風のため延期となっていたもので...
拉致問題

【終了】福岡市南区で映画『めぐみ 引き裂かれた家族の30年』上映

令和2年1月15日、福岡市主催による映画「めぐみ―引き裂かれた家族の30年」上映会が開催される。定員300名で、事前申し込み(先着順)が必要。 この作品は、わずか13歳の時に北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの事件を中心に、拉致問題の経...
拉致問題

直方市でアニメ『めぐみ』上映 あなたの家族が拉致されたとしたら?

令和元年12月8日、救う会福岡筑豊支部・日本会議福岡筑豊支部主催によるアニメめぐみ上映会が開催される。「拉致被害者全員奪還ツイキャス」会員で医師の安田廣生氏が講演。 北朝鮮による拉致問題啓発アニメめぐみ上映会 日時 令和元年12月8...
拉致問題

救う会福岡代表が大野城市で拉致問題について講演「その命、見捨てますか?」

令和元年11月9日、福岡県大野城市東コミュニティセンターにおいて開かれた、「人権をまなぶ講座 第3回 北朝鮮拉致被害者とその家族の人権」(福岡県大野城市主催)において、救う会福岡代表の藤井守人氏が、「その命、見捨てますか?」の演題で、市民・...
拉致問題

救う会奈良が救出大会 石平氏「中国共産党政権が北朝鮮の体制を支えている」

令和元年11月2日、奈良市において拉致被害者救出をテーマに「救う会奈良大会」が開催され、市民ら約100名が集まった。 大会は救う会奈良(佐藤一彦会長)が主催し、救う会全国協議会の西岡力会長と、拓殖大学客員教授の石平氏が講演した。 ...
拉致問題

拉致被害者家族・飯塚耕一郎さんが福岡・朝倉市で講演「母を知らず悔しい」

令和元年11月2日、福岡県朝倉市において「拉致問題を考えるみんなの集い」(福岡県・朝倉市主催)が開催され、市民ら約100名が集まった。 講演に立った飯塚耕一郎さん(拉致被害者・田口八重子さんの息子)は、「自分は大人になるまで母が拉致被...
タイトルとURLをコピーしました