教育者が訴える「拉致被害者を実力で救い、時計の針を進めよう」

桜の花咲くころを迎え、もうすぐ新しい年度を迎えようとしています。皆が入学や入社新しい年度、そして新しい御代への期待を胸に日々を過ごしている中、時の流れが止まっている場所があります。

平成どころか昭和から時の流れが止まっている同胞がいます。それは言うまでもありません、拉致の被害に遭われた方々とそのご家族の皆さんです。

こうしてこの場所に立つとき、私はいつも言いようのない悲しみと無力感、そして腹の底からこみあげる怒りを覚えます。何度私たちは同じことを言わねばならないのか、それも分かり切ったことを、です。

拉致は拉致した方が悪い、それは余りにも当たり前のことなのです。

だから拉致被害に遭われた方々は一刻も早く日本に帰って来なければならない。当たり前すぎるほど当たり前のことです。返さなければどうするか、取り返しに行く。これも、世界の誰もが認めることです。自国の国民を護らない国など存在しないはずです。

しかしながら、現在の日本はそうなっていないのです。このように言うと「今の憲法が」と思われるかも知れませんが、そうではありません。現在の憲法が禁止しているのは国際紛争を解決する手段としての武力行使です。拉致は国際紛争ではない、揉め事ではないのです。一方的に悪いことをされているだけなのです。

実力行使で拉致被害者を救え

だから国は解決に乗り出して良い。言っても聞かなければ実力行使に訴えて良いんです。

これは戦争ではない。正当防衛に当たる案件なのです。皆さん、先ずこのことをはっきりさせましょう。私たちは実力行使となど望んでいない。むしろ、平和の有りがたさを人一倍知る国民です。そんな私たちが、実力行使を行ったとすれば、それはさせた側に責任がある。私はそう思っていますし、世界も必ずそう思ってくれるはずです。

私は皆さんにお尋ねしたいのですが、もしアメリカが、自国民が900名近く他国に拉致されている可能性がある、返せと言っても、もう解決済みと言って返さないというような態度を他国から示されたとき、実力行使をしない可能性があるでしょうか。

今のアメリカ大統領ならば、国自体を滅ぼしに掛かるかもしれません。そして、国を滅ぼされたくないから、その国は拉致被害者をすぐに返すと思います。

他の国々にしても行動にそう大きな変わりは無い筈です。自国民の安全を守るということは、国家の第一義ですから。ところが日本のみが、実力行使を自らに禁じているがために、いつまでたっても直接的な行動がとれず、他国から見くびられ、拉致問題が今日まで長引いているのです。

拉致被害者救出は「自衛」

もう一度繰り返します、拉致問題は国際紛争ではない、他国によるテロ行為です。

自分たちが正しいと信じる思想の前には他者の生命を平気で踏みじれる、そのような心が拉致問題の根本にはあります。

あのテロ集団、オウム真理教の地下鉄サリン事件と全く同じなのです。皆さんはオウム真理教の信者が、一般市民を誘拐し、どこかの施設に幽閉していれば断固取り返せと言うと思います。

向こうが武器を持って威嚇するのであれば、警察が銃を発砲することも止む無しといわれると思います。このことをお考えいただけるのであれば、私が決して過激なことを言っているのではないことはお分かりいただけると思います。過激なことを行っているのは向こうの方なのです。

このような話をすると、「じゃ、お前が北朝鮮へ行け」とおっしゃる方がいます。私が行って、事態が少しでも変わるのであれば喜んで行きたい。私が北朝鮮に行けば、代わりに横田めぐみさんが帰ってくるのであれば、喜んでそうしたい。

北朝鮮は犯罪国家

私は半世紀以上、この素晴らしい歴史と伝統の国日本での人生を楽しんできた。一方、めぐみさんは少女のころからご家族とも切り離され、それから40年以上、未だ国民が飢えを感じるような貧しき国独裁国家で暮らしている。

どんなにか日本へ帰りたいでしょう。そして、ご家族の方はどれほどめぐみさんの帰国を待ち焦がれているでしょう。

もし、自分が北朝鮮へ行けば代わりに拉致被害に遭われた方が帰って来るというのであれば、拉致被害者883名分の志願者、今日にでも集まると思います。

しかし、それでは事態は変わらない。悲しいことですがそれが現実です。

何故でしょう。それは、拉致犯罪を犯したのが国家だからです。国家を裁くのは国家であり、事態を変えるのもまた国家なのです。

拉致問題の解決は、必ず国家間の交渉で行わなければならないのです。だから、私たちはこの署名活動を通して、国家に具体的な行動を呼びかけているのです。

繰り返します。拉致問題を解決するのは、日本国家なのです。他の国ではありません。

米朝首脳会談「決裂」の本質

世間では、米朝首脳会談が決裂したことが色々な角度から論評されています。しかしながら、この拉致問題に関しては、私たち日本国家が主体となり動かなければ問題は永久に解決しないのです。

交渉が決裂した日、アメリカのメディアは拉致問題を報じませんでした。当たり前です。アメリカの関心事は自国まで飛んでくる長距離間弾道ミサイル、そして核廃絶です。アメリカはアメリカの国民を護るために動いている、それだけです。だから、私たち日本も同胞を守るために動かなければならないのです。

拉致問題は、現代における最も悪質な人権問題であり、国家の存立に関わる主権独立の問題であり、人間としての道義の問題です。人として許せないというレベルの問題なのです。ですから、これに関してはチーム日本一丸となって取り組むべきものだと私は信じます。

続きは「Blue Ribbon Force 救う会福岡」でお読みください。
https://sukuukai-fukuoka.jp/archives/2236

石原志乃武(いしはら・しのぶ)/昭和34年生、福岡在住。心育研究家。現在の知識偏重の教育に警鐘を鳴らし、心を育てる教育(心育)の確立を目指す。北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会幹事。

関連記事

  1. 「継戦」の形而上学を形成せよ!(2)米国の衰退を見据えて

  2. 「継戦」の形而上学を形成せよ!(3)欧州の危機と日本の未来

  3. 韓国領事館前に外山恒一氏が「ベトナム反戦像」を設置、韓国に反省を促す

  4. 相次ぐ「失踪」!? 外国人技能実習制度に見えてきたデメリットとは

  5. 日本独立戦論:われらは誰の奴隷なのか

  6. まもなく衆院選!安倍首相が失地回復する秘策は「消費税増税凍結」にある

  7. 【衆院福岡1区】日本のこころ・石井英俊氏 民進系を覆し、希望の党公認決定

  8. 明治維新は悪だったのか!?その功罪を巡り大論争が勃発中

  9. 日本の戦った戦争は日本とアジアの独立を求めた戦いだった

PAGE TOP