【10月-11月】福岡・佐賀で北朝鮮拉致問題に関する講演会 自治体が主催

令和元年10月末から11月にかけて、佐賀県や福岡県などで北朝鮮拉致問題に関する講演会が開催される。拉致被害者・拉致被害者家族・救出運動関係者などが講演し、いずれも自治体が主催。

【10月24日】拉致問題を考える県民の集い・佐賀 葛城奈海さん講演

日時 令和元年10月24日(木曜日)13時30分~15時40分(13時00分開場)
場所 武雄市文化会館 小ホール(佐賀県武雄市武雄町大字武雄5538-1)
主催 佐賀県、武雄市、佐賀県議会北朝鮮拉致問題早期解決促進議員連盟(佐賀県議会拉致議連)、北朝鮮に拉致された日本人を救出する佐賀県民の会(救う会佐賀)

内容 
講演 「拉致被害者救出のために私たちのできること」
講師 葛城奈海氏(ジャーナリスト、俳優、防人と歩む会会長、やおよろずの森代表)
DVD「拉致被害者御家族ビデオメッセージ~必ず取り戻す!愛する家族へ~」上映
報告 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会 斎藤文代氏(拉致被害者 松木 薫さんの姉) 
活動報告 北朝鮮に拉致された日本人を救出する佐賀県民の会(救う会佐賀)

入場無料、事前申込み不要。
詳細:https://www.pref.saga.lg.jp

【11月2日】拉致問題を考えるみんなの集い・福岡県朝倉市 飯塚耕一郎さん講演

日時 令和元年11月2日(土曜日) 開場13時00分  開会13時30分
場所 朝倉地域生涯学習センター 朝倉文化ホール(朝倉市宮野1997) 

内容
講演 北朝鮮に引き裂かれた家族~初めて直接母と伝えたい~
講師 飯塚 耕一郎さん(北朝鮮による拉致被害者家族連絡会 事務局次長) 
上映 アニメめぐみ
北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会 活動報告 

主催 福岡県、朝倉市
協力 北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会

詳細:http://www.pref.fukuoka.lg.jp

【11月9日】人権をまなぶ講座・大野城市 救う会福岡の藤井代表が講演

日時:令和元年11月9日(土曜日)10:00-11:30
会場:東コミュニティセンター(大野城市大池二丁目2-1)2階 研修室1・2
分野:北朝鮮拉致被害者とその家族の人権
テーマ:「その命、見捨てますか?」
講師:藤井守人(救う会福岡代表)

事前申込不要。

【11月17日】拉致問題啓発講演会・福岡市 拉致被害者の蓮池薫さんが講演

日時 令和元年11月17日(日曜日) 14時から16時(開場13時30分)
会場 FFGホール(福岡市中央区天神2丁目13番1号 福岡銀行本店地下)
定員 650名

申込期間 10月4日(金曜日)から10月31日(木曜日) (必着) 
申込方法 申込フォーム または 往復はがき

事前申込必須(定員を超える場合は抽選)

お申し込み方法など詳細はこちら:https://www.city.fukuoka.lg.jp

関連記事

  1. 女性を“犠牲にする”フェミニズム運動はどこから来たのか

  2. 救う会九州の屋外集会に150名が参加 決議で行政の対応を批判

  3. 熊本・玉名でミャンマー人教師8名の研修「教育で祖国の発展に尽くしたい」

  4. 故・小野田寛郎氏「いまでも日本政府はアメリカの傀儡だ」

  5. チベット高僧「アジャ・リンポチェ」が明かす、中国共産党の侵略と破壊

  6. 保守政治家の西村眞悟氏らが受章 平成の御世で最後の叙勲

  7. 三島由紀夫の檄文を「詠む」 そこに隠された三島の思いとは(3)

  8. 中国人が靖国神社へ墨汁 鈴木信行葛飾区議「警察の責任で警備すべき」

  9. 行橋市議が公有地を不法占有 小坪慎也市議が追及し、田中純市長が謝罪

公式SNSで配信情報をお届け!

twitter

facebook

Instagram

youtube

イベント情報

PAGE TOP