【3月20日】元NHKお天気お姉さんが拉致問題をテーマに講演(福岡市)

平成31年3月20日、福岡市の中央市民センターで元NHK気象キャスターの半井小絵さんが拉致問題をテーマに講演する。

半井さんは気象や防災など危機管理の専門家として講演活動などを行う他、政府主催の拉致問題演劇で拉致被害者・田口八重子さん役を演じるなど、女優としても活躍している。

講演会を主催する救う会福岡(北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会)は、一般の人にも拉致問題を「身近な問題」として知ってもらうことを目的として半井小絵さんに講演を依頼した。

警察庁が平成30年度版の警察白書に「拉致の可能性を排除できない者」として掲げている人数は883人。福岡県警のホームページには県内の拉致疑惑として22名の個人名が掲載されている。

日時 平成31年3月20日(水)18:00-(受付17:30-)
場所 福岡市立中央市民センター 3階ホール
(福岡市中央区赤坂2-5-8 地下鉄「赤坂駅」徒歩5分)
会費 1000円(救う会福岡会員は無料/当日入会可)
内容
(1)18:00-総会
(2)19:00-講演会
演題 「すぐそこにある拉致ー北朝鮮による拉致被害者の田口八重子さんを演じてー」
講師 半井小絵さん(女優・気象予報士)
略歴 元・NHK気象キャスター。気象や防災など危機管理の専門家としてもご活躍。拉致問題啓発舞台劇『めぐみへの誓いー奪還ー』(政府拉致問題対策本部主催)で拉致被害者・田口八重子さん役を演じている。
主催 北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会
sukuukai-fukuoka.jp

講演会チラシ

関連記事

  1. サポーター参加型のスポーツ!?選挙は「参加」するから面白い

  2. 家康の台湾出兵、そのとき明国は日本の尖閣領有を認めていた(前編)

  3. 自分の生活を自分で守るために、日本人は金融を学ぶ必要がある

  4. 「女性にひどいことをした野蛮な国」と誤解されている日本

  5. 増える「永住外国人」をいかにして日本社会に受け入れるべきか

  6. チベット最高指導者ダライ・ラマ法王が福岡市で法要 約2000人が参列

  7. 『シン・ゴジラ』で戦後初の自衛戦争!戦死者は靖国神社に祀られるのか?

  8. 果たして外国人にとって日本は「永住したい理想の国」になり得るのか?

  9. 靖国神社への天皇陛下御親拝を願い自決「靖國会」の沼山光洋氏

公式SNSで配信情報をお届け!

twitter

facebook

Instagram

youtube
PAGE TOP