【3月20日】元NHKお天気お姉さんが拉致問題をテーマに講演(福岡市)

平成31年3月20日、福岡市の中央市民センターで元NHK気象キャスターの半井小絵さんが拉致問題をテーマに講演する。

半井さんは気象や防災など危機管理の専門家として講演活動などを行う他、政府主催の拉致問題演劇で拉致被害者・田口八重子さん役を演じるなど、女優としても活躍している。

講演会を主催する救う会福岡(北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会)は、一般の人にも拉致問題を「身近な問題」として知ってもらうことを目的として半井小絵さんに講演を依頼した。

警察庁が平成30年度版の警察白書に「拉致の可能性を排除できない者」として掲げている人数は883人。福岡県警のホームページには県内の拉致疑惑として22名の個人名が掲載されている。

日時 平成31年3月20日(水)18:00-(受付17:30-)
場所 福岡市立中央市民センター 3階ホール
(福岡市中央区赤坂2-5-8 地下鉄「赤坂駅」徒歩5分)
会費 1000円(救う会福岡会員は無料/当日入会可)
内容
(1)18:00-総会
(2)19:00-講演会
演題 「すぐそこにある拉致ー北朝鮮による拉致被害者の田口八重子さんを演じてー」
講師 半井小絵さん(女優・気象予報士)
略歴 元・NHK気象キャスター。気象や防災など危機管理の専門家としてもご活躍。拉致問題啓発舞台劇『めぐみへの誓いー奪還ー』(政府拉致問題対策本部主催)で拉致被害者・田口八重子さん役を演じている。
主催 北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会
sukuukai-fukuoka.jp

講演会チラシ

関連記事

  1. 拉致被害者を救出しない日本政府は憲法違反だ

  2. いじめを傍観する子供たちと、拉致被害者を放置する大人たち

  3. 明治、大正、昭和、平成…元号だけではない、世界各地の独自カレンダー

  4. ノーベル平和賞・劉暁波とその妻の悲劇「長雨が続く中の赤い雨傘」

  5. 第二次世界大戦はスパイ戦争だった!?おそるべき共産主義の陰謀

  6. 事実上「逃げ得」?!不法滞在の外国人に甘すぎる日本の現状とは

  7. 米国保守メディアが告発する、異様な「言葉狩り」の実態とは

  8. 「自衛隊による拉致被害者救出を」女優の葛城奈海さんが異例の訴え

  9. 『満洲文化物語』著者に聞く(前編)日本で差別された満洲引揚者の苦悩とは

PAGE TOP