行橋市教育長の問題発言、救う会が福岡県知事と県教育委員会に質問状

北朝鮮による拉致問題を啓発する目的で制作されたアニメ『めぐみ』について、行橋市議会において笹山忠則教育長が「このアニメを行橋市の子供達に見せると、在日朝鮮人をいじめる懸念がある」と発言した問題について、北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会(救う会福岡)は福岡県知事及び福岡県教育委員会宛に公開質問状を提出した。

救う会福岡からの公開質問状は、福岡県知事と福岡県教育委員会それぞれに提出された。

▽行橋市教育長の発言に関し、福岡県に公開質問状を提出しました(救う会福岡)
http://sukuukai.jugem.jp/?eid=1732

福岡県に対しては、アニメ『めぐみ』のDVDを行橋市が福岡県福祉労働部経由で政府拉致対策本部から借り受けていたことについて、行橋市立の小中学校で上映させる前提で県が手配したにも関わらず、行橋市教育委員会が上映を拒否したことを容認するのかを問うものだ。

また、県知事と教育委員会双方に、「このアニメ『めぐみ』を行橋市の子供達に見せると、在日朝鮮人をいじめる懸念がある」とした行橋市教育長の主張について妥当性があるのかを質している。

救う会福岡の関係者は、「これまで政府の音頭にも関わらず、ほとんどの公立学校で北朝鮮による拉致問題についての教育が実施されていない。その背景には、今回の行橋市教育長が示したような異様な認識があるのではないか」と述べ、「福岡県内、全ての公立学校で拉致問題啓発の実施を求めていく」と断言した。

いうまでも無く、北朝鮮による拉致は最大級の人権侵害問題だ。しかし行橋市教育委員会が議会答弁で漏らした本音は、国内の教育現場で蔓延っている可能性がある。拉致の実態に目を背けて、人権を語ることはできない。

関連記事
▽日本の子供達に「拉致問題」を教えると、在日子弟をいじめるのか?
http://www.sejp.net/archives/1283

▽救う会が行橋市に猛抗議!「拉致教育=在日朝鮮人イジメ発言は人権侵害」
http://www.sejp.net/archives/1293

▽行橋市教育長の進退問題に!?非常識な議会答弁に波紋広がる
http://www.sejp.net/archives/1308

関連記事

  1. 自販機大国・日本より進んでいる!? 中国の「新しい自動販売機」

  2. なぜ北朝鮮に拉致された国民を救えないのか 日本政治に欠けているもの

  3. 希望の党も公約に掲げる「道州制」の導入で地方はどう変わる?

  4. 多文化主義政策は受入れ国の一体性を分断する

  5. 竹田恒泰氏「北朝鮮核ミサイル開発で、米国による日本の核の傘は失われた」

  6. 『満洲文化物語』著者に聞く(後編)満洲国建国の挫折から日本人が学ぶべきこととは

  7. 九州北部豪雨の陸上自衛隊救援部隊を市民が訪問 自衛隊の活躍に感謝の言葉も

  8. 【それいけ!ネコウヨ玉乃進】ネコでもわかる「右翼と左翼の違い」とは

  9. 【それいけ!ネコウヨ玉乃進】ネコでもわかる与党と野党の違いとは

タイアップ記事

PAGE TOP