広報担当者が知っておくべき集客手法「コンテンツマーケティング」とは

マーケティングの世界には常に流行りのマーケティング用語がありますが、最近では「コンテンツマーケティング」もその一つです。WEBマーケティングの世界では、いまや猫も杓子もコンテンツマーケティング、という状態です。

ここで言うコンテンツ、とは何か。それは「見込み客にとって有益な情報」です。

簡単に言えば、コンテンツマーケティングとは、有益な情報を無償で提供することによって集客する、マーケティング手法のことです。

実は、このような集客手法はそう新しいものではありません。経営者がブログを書いたり、講演することで、結果的にブランディングや集客に繋がることがありますが、これも広い意味でのコンテンツマーケティングと言えます。

それでは、最近流行っているコンテンツマーケティングはこれまでと何が違うのでしょうか?

その問題を解く鍵は、SEOにあります。SEOとは、検索エンジン最適化の略で、簡単にいうとグーグル検索で上位に表示されるための取り組みのことです。

以前は、たくさんのサイトからリンクされるとSEOが上位になる仕組みでした。しかしグーグルさんが最近仕組みを変更し、リンクされている数だけでは上位に表示されなくなってしまいました。そこで、重視されるようになったのが「コンテンツ」というわけです。

つまり、ユーザーにとって有益な情報をたくさん掲載しているサイトが、検索上位に表示されるようになったのです。それだけではありません。近年のSNS(facebookやtwitter)の普及によって、有益な情報(あるいは面白い情報)はすぐにシェアされ、拡散するようになりました。

もうお分かりと思います。WEBで集客するには、見込み客にとって有益な情報を自社サイトやSNSでどんどん発信すれば良いのです。そのために読みやすいデザインにしたり、シェアされやすいタイトルや画像を添付する手法が研究され、浸透しつつあるのです。

これからサイトをつくる、あるいは、自社サイトのリニューアルを検討される方は、コンテンツマーケティングについて検討することは必須であると言えます。WEBで集客するにはネット広告という選択肢もありますが、広告の効果はどんどん下がっており、費用は逆に高くなっているとも言われています。

皆さんがふだん何気なく検索して辿りついたサイトが、実はどこかの会社のマーケティング用のサイトだった、ということがあるかも知れません。一度確認してみてはいかがでしょうか。

独立社PR,LLC 代表 本山貴春

関連記事

  1. いよいよ希望の党が分裂!「改革保守」の党が生き残る道とは?

  2. 香港独立派「日本は憲法改正してパワーを持つべきだ」中国共産党に激震

  3. 【参院選2019】自民党の増税反対派は? 注目すべき二人の候補者とは

  4. お盆だから知っておきたい 先祖崇拝と仏教は無関係という衝撃の真実?!

  5. 衆院選「3極対決」?どこに投票すれば、政治はどう変わるのか

  6. 「個人の生き方」とパブリック・リレーションズ

  7. 丸山穂高議員弁明書と糾弾決議全文 戦後体制の欺瞞極まる

  8. 日経新聞「堤防をかさ上げしても水害を防げる保証はない」と行政を免責

  9. 福岡市で憲法フォーラム「憲法改正が子や孫への最高の贈り物です」

PAGE TOP