自民「尖閣への公務員常駐」勉強会発足へ

令和3年2月16日、自民党の和田政宗参院議員は自身のブログで「尖閣への公務員常駐を実現するための勉強会」を党内に立ち上げる考えを示した。

また同日、超党派議連「日本の領土を守るために行動する議員連盟(新藤義孝会長)」役員会において、「議連として公務員常駐など実効支配強化を政府に要請するよう提起」したとしている。

尖閣諸島への公務員常駐については、平成24年の自民党総裁選で安倍晋三氏が公約に掲げ、自民党も同年及び翌25年の政権公約に盛り込んでいた。

しかし平成29年の参院予算委員会で首相(当時)として「現在はその選択肢はとっていない」と述べるなど、公約を撤回した経緯がある。

また、令和2年10月に小泉環境大臣が尖閣諸島における環境調査を行う考えを示したが、現時点で実現していない。

選報日本/編集部


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 【7/27まで】博多華丸が和太鼓とタップダンスで観客魅了
  2. 九十九島パールシーがクラウドファンディングに挑戦
  3. 【7/30】コロナ禍でフリーランスが使える補助金 オンラインで解説

公式SNSで配信情報をお届け!

twitter

facebook

Instagram

youtube
PAGE TOP