東京で民間国際組織「自由インド太平洋連盟」結成 中共の人権弾圧を糾弾

2018年10月25日から26日にかけ、日本の国会内にウイグル(東トルキスタン)、チベット、南モンゴル、台湾、インド、ベトナム、そして日本の代表者が集結し、国際組織「自由インド太平洋連盟(Free Indo-Pacific Alliance:FIPA)」が結成された。

会長には世界ウイグル会議元議長のラビア・カーディル女史、副会長にテムチルト氏(南モンゴル)、ナムギャル・ドルカ氏(チベット亡命政府議員)、石井英俊氏(日本)が就任した。

今回、自由インド太平洋連盟が結成された背景には、中国共産党による長年の侵略と人権弾圧がある。特に東トルキスタン共和国(新疆ウイグル自治区)とチベット国(チベット自治区)に対する蹂躙は深刻だ。

中国共産党への抵抗運動は、これまで各国各民族が個別に取り組んできた。しかし抵抗運動の規模や枠組みが異なるため、国際的な連携はあまりできていなかったという。

そんな中で、国際組織の基盤を日本に置くことで、抵抗運動の連携を図っていきたいという海外からの要請が日本の民間活動家に寄せられ、今回の新組織結成に繋がった。

結成大会の準備に深く関わり、大会議長も務めた石井英俊副会長は、「中国の拡張主義と人権弾圧に対して、様々な手段を通じて戦っていきます」とコメントしている。

▽自由インド太平洋連盟公式サイト
http://fipa.asia

関連記事

  1. 日本が平昌五輪そのものをボイコットすべき7つの理由

  2. 入管法改正でようやく健全化へ 日本の外国人労働者問題

  3. キリシタン大名の失敗に学ぶ「負けない組織」の作り方とは

  4. 丸山穂高議員への批判者に問う「礼儀知らずは集団リンチされるべきか?」

  5. 日本外交を強くするためには、偉大な先人の足跡を知らねばならない

  6. 希望の党も公約に掲げる「道州制」の導入で地方はどう変わる?

  7. 数字で見る日中間の「好感度」 定住外国人の受け入れを阻む要因か

  8. ゆとり教育が企業にもたらした混乱「それでも日本人を雇いたい」

  9. 「教育無償化」だけで良いのか?学習塾に依存する日本の教育現場

PAGE TOP