東京で民間国際組織「自由インド太平洋連盟」結成 中共の人権弾圧を糾弾

2018年10月25日から26日にかけ、日本の国会内にウイグル(東トルキスタン)、チベット、南モンゴル、台湾、インド、ベトナム、そして日本の代表者が集結し、国際組織「自由インド太平洋連盟(Free Indo-Pacific Alliance:FIPA)」が結成された。

会長には世界ウイグル会議元議長のラビア・カーディル女史、副会長にテムチルト氏(南モンゴル)、ナムギャル・ドルカ氏(チベット亡命政府議員)、石井英俊氏(日本)が就任した。

今回、自由インド太平洋連盟が結成された背景には、中国共産党による長年の侵略と人権弾圧がある。特に東トルキスタン共和国(新疆ウイグル自治区)とチベット国(チベット自治区)に対する蹂躙は深刻だ。

中国共産党への抵抗運動は、これまで各国各民族が個別に取り組んできた。しかし抵抗運動の規模や枠組みが異なるため、国際的な連携はあまりできていなかったという。

そんな中で、国際組織の基盤を日本に置くことで、抵抗運動の連携を図っていきたいという海外からの要請が日本の民間活動家に寄せられ、今回の新組織結成に繋がった。

結成大会の準備に深く関わり、大会議長も務めた石井英俊副会長は、「中国の拡張主義と人権弾圧に対して、様々な手段を通じて戦っていきます」とコメントしている。

▽自由インド太平洋連盟公式サイト
http://fipa.asia

関連記事

  1. もうマスコミに騙されない!現代人に必須の情報判断能力とは?

  2. 自販機大国・日本より進んでいる!? 中国の「新しい自動販売機」

  3. 荒野に近代都市を建設した「南満州鉄道」は物凄い企業だった!

  4. 西村元防衛政務次官「日本は核の傘を失った」

  5. ノーベル平和賞・劉暁波とその妻の悲劇「長雨が続く中の赤い雨傘」

  6. 在日外国人を公民館へ!新しい住民自治と共生の試みとは

  7. 果たして外国人にとって日本は「永住したい理想の国」になり得るのか?

  8. まもなく衆院選!安倍首相が失地回復する秘策は「消費税増税凍結」にある

  9. 日本企業における深刻な人材不足 結果的に「ダイバーシティ化」が進んでいる

PAGE TOP