【それいけ!ネコウヨ玉乃進】ネコでもわかるLGBT問題の背景とは?

玉乃進(たまのしん)/最近1歳になったハチワレの雄猫。神社の境内で拾われ、ネトウヨのご主人に飼われている。人間の足に噛み付くのが趣味。

ご主人/30代の日本人男性。ツイッターに過激なことを書き散らすので周囲からネトウヨと見られている。自宅勤務のフリーランサー。

玉乃進
暑いニャー。尋常じゃない暑さだニャー。アイス買ってこいニャー。
ご主人
玉乃進、猫のくせにアイスが食べたいなんて生意気だぞ。そういえば、こないだも俺のバニラアイスを横取りしてたな!
玉乃進
バニラアイスうまいニャー!今すぐ食べたいニャー!しろくまでも良いニャー。
ご主人
何気に贅沢だな!!しろくまはちょっと高いんだぞ!
玉乃進
猫は汗かかないから余計暑いんだニャー。
ご主人
確かに、年中毛皮のコートを着てるようなものだもんなー。もふもふ
玉乃進
シャーっ!!フーっ!!おっさんにもふもふされたくないニャー!気持ち悪いニャー!
ご主人
そういえばお前、最近は人間の女性にばっかりジャレついて、俺が抱こうとするとダッシュで逃げるよな。愛玩動物なんだから、ちゃんと愛玩されろ!
玉乃進
うーん。どうせ抱かれるなら女性が良いニャー。
ご主人
お前、ちゃんと去勢手術したのに、いっちょ前にオスらしくなったんだなー。
玉乃進
去勢されたってオスはオスだニャー!そういえば最近、「LGBT」が話題になっているニャー。聞いてやるから解説しろニャー。
ご主人
・・・。態度も図体もでかくなったなあ。まあいい、解説しよう。「LGBT」とは、同性愛者・両性愛者・性同一性障害者など性的少数者の総称だ。
玉乃進
それが、どうして今頃話題になっているのかニャ?
ご主人
まず大きな流れとして、これら性的少数者への差別を無くそうという世界的な機運がある。同性愛者などの性的少数者は昔は「個人の性的嗜好」と思われていたのだが、現在では人口対比数%は遺伝的に異性愛者と異なる「性的指向」や「性自認」を持つということがわかっているのだ。
玉乃進
説明が難しいニャー!要するに、LGBTへの差別をなくせってことニャ?
ご主人
うん。まあ、それは当然のことなんだけどね。キリスト教圏は特に顕著なんだけど、つい最近まで同性愛は法律で禁止されていたりして、根深い差別が残っているんだ。その点、日本は比較的オープンで、受け入れられてきたと言える。それでも異性愛者が多数派であることは間違いないから、少数派は肩身の狭い思いをしてきただろうね。
玉乃進
ご主人も政治的には少数派だニャー。肩身が狭いニャー。
ご主人
俺は自分で選んだからいいんだよ!ほっとけ!
玉乃進
でも、ご主人も支持している国会議員がLGBT問題で炎上してたニャー。なんでだニャ?
ご主人
あれは要するに、同性結婚の制度を作るかどうか、という政治的対立が背景にあるんだよ。LGBTへの差別を無くそう、という点ではほとんど反対は無いんだけど、同性婚となると話が違ってくる。欧米を中心に、同性婚やそれに準じるパートナーシップ制度が次々に作られていて、日本でも一部自治体に波及しつつあるわけだ。
玉乃進
同性で夫婦になりました、って役所に届けるってことニャ?なんか意味あるのかニャ?
ご主人
細かい点では色々あるけど、一番大きいのは財産権だろうね。異性カップルでも、恋人と夫婦で一番違ってくるのが「財産の共有」だ。わかりやすいのが相続で、夫(妻)が亡くなると、妻(夫)が最も多く相続する。恋人では全く相続できない(※)。

※ただし、同居など内縁関係の実態があれば相続できる。もちろん、遺言で指定すれば誰でも相続できる。

玉乃進
ふぎゃ!お金の切れ目は縁の切れ目かニャ?!
ご主人
ぐぬぬ。必ずしもそうでは無いけど、無視できないポイントだろうね。
玉乃進
でも同性カップルには子供ができないから、両方亡くなったら財産はどうなるニャ?
ご主人
それは結局家族や親族に渡ることになる。とはいえ、婚姻制度自体が子孫を残すためのものでもあるわけだから、そういう意味では同性婚というのは語義矛盾なんだよね。もっとも、異性愛者でも晩婚化が進むなどして少子化になっているという問題がある。ペットが子供代わりという家庭も・・・。
玉乃進
ニャニャ!!でもご主人には財産が無いから、どっちにしろ僕らは相続できないニャー。
ご主人
余計なお世話だ!



関連記事

  1. 「自衛隊による拉致被害者救出を」女優の葛城奈海さんが異例の訴え

  2. 事実上「逃げ得」?!不法滞在の外国人に甘すぎる日本の現状とは

  3. 【平成30年7月豪雨】過去の大災害の教訓を活かす被災者支援とは

  4. 米トランプ大統領が自らニュース動画の配信を開始 大手メディアは一斉に反発

  5. こうすれば防げた「森友学園への国有地売却決裁文書」書き換え問題

  6. 日本人が知らないチベットの真実!「ダライ・ラマ声明」の半世紀とは

  7. 放送中の『民衆の敵』も話題! 政治がわかるテレビドラマ傑作5選

  8. 中華人民共和国は世界秩序の破壊を決意した

  9. 「文化の日」を「明治の日」に改称へ 10月29日に院内集会開催

PAGE TOP