明治維新は佐賀藩が起こした!?「肥前さが維新博」の郷土愛が凄い

明治維新150周年を記念して、佐賀県では「肥前さが幕末維新博覧会」が開催されている(平成30年3月17日から平成31年1月14日まで)。歴史ファンとしては行かねばなるまい、という訳で行って来た。

博覧会と聞くと「ハコモノ」をイメージしてしまうのだが、「さが維新博」では全ての会場が既存の建物を活用している。

メイン会場である「幕末維新記念館」は公共の体育館を使っているし、藩校「弘道館」を再現した「リアル弘道館」は古民家、武士道の書『葉隠』(山本常朝)について学べる「葉隠みらい館」はかつて銀行だった建物を利用しているのだ。

「幕末維新記念館」の展示(公式サイトより)

建物じたいはどれも古いのだが、展示内容は充実している。特に「幕末維新記念館」は最新式のデジタルサイネージやプロジェクションマッピング、360度サラウンドを駆使し、明治維新における肥前佐賀藩の活躍を体感できるようになっている。

幕末維新といえば、薩摩藩や長州藩がクローズアップされることが多い。後に続くのは土佐藩くらいで、佐賀藩はどちらかというと地味な存在だ。しかし、佐賀藩(鍋島家)は諸藩に先駆けて反射炉を設置し、西洋式の大砲を数多く鋳造するなど、まさに代表的な「雄藩」だった。

そして薩摩や長州が倒幕に傾く中、佐賀藩主・鍋島直正公は「西欧列強の侵略が迫る中、国内で争うときではない」と中立を保つ。しかし最後の最後に参戦し、佐賀藩の圧倒的な軍事力によって迅速に国内が統一された、というわけだ。

佐賀藩は明治新政府にも多くの優秀な人材を供給した。もっとも有名なのは大隈重信だが、その他にも藩校・弘道館で学んだ人材が近代日本の建設に貢献している。「リアル弘道館」では、そのような優秀な人材を育成できた秘密も垣間見ることができる。

他県人としては、展示内容が極端すぎるほど「佐賀愛」に偏っているようにも思えるのだが、これだけ郷土に誇りを持てることは良いことだ。この維新博に訪れた佐賀県の子供達はきっと素晴らしい人材に育つことだろう。

▽肥前さが幕末維新博覧会 公式サイト
www.saga-hizen150.com

本山貴春(もとやま・たかはる)/昭和57年生まれ。独立社PR,LLC代表。戦略PRプランナー。『選報日本』編集主幹。北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会副代表。福岡市議選で日本初のネット選挙を敢行して話題になる。大手CATV、NPO、ITベンチャーなどを経て起業。

関連記事

  1. 【それいけ!ネコウヨ玉乃進】ネコでもわかる改憲派と護憲派の違いとは

  2. 【衆院福岡1区】日本のこころ・石井英俊氏 民進系を覆し、希望の党公認決定

  3. 行橋市教育長の問題発言、救う会が福岡県知事と県教育委員会に質問状

  4. 相次ぐ「失踪」!? 外国人技能実習制度に見えてきたデメリットとは

  5. 情報を得るためには発信せよ

  6. 国を支える途上国の出稼ぎ労働者たちと、迷える日本の労働者の違いとは

  7. 「個人の生き方」とパブリック・リレーションズ

  8. 若い世代のための三島由紀夫入門

  9. 日本が世界に果たすべき使命とは?

タイアップ記事

PAGE TOP