なぜ五輪で台湾をチャイニーズ・タイペイと呼ぶ?【解説動画】

国際
この記事は約1分で読めます。

東京五輪2020の開会式でNHKアナウンサーが「チャイニーズ・タイペイ」という呼称で五輪に参加している選手団を「台湾です!」と呼んだことが国際的に注目されています。そもそもなぜ「台湾」という呼称で参加できないのか解説しています。

国際戦略家の石井英俊氏:一般的な日本人に「チャイニーズ・タイペイ」と言っても何のことかわからない。今回の「台湾」呼称は政治的というよりは、視聴者向けにわかりやすくという配慮だろう。しかし日本各所で「台湾」という呼称は浸透しつつあり、これは運動の成果と言える。

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

[clink url=”https://www.sejp.net/archives/6785″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました