韓国領事館前に外山恒一氏が「ベトナム反戦像」を設置、韓国に反省を促す

平成29年8月15日、福岡市中央区の韓国領事館前に突如として「ベトナム反戦像」が出現した。九州に拠点を置く政治団体「我々団」の総統、外山恒一氏が事前に予告して設置したものだ。現場は我々団支持者と私服警察官に取り囲まれ、一時騒然となった。

外山氏は8月13日にブログで「韓国向け声明」を発表。領事館前に「ベトナム反戦像」を設置することを予告した。同声明は韓国語にも翻訳され、掲載されている。ブログ内で「ベトナム反戦像」がどのようなものかは明らかにされなかったが、当日現場に設置されたのは全身銀色でヘルメットを被り、火炎瓶を手に持つ像だった。ヘルメットには「日大」の二文字がある。

ヘルメットには「日大」の二文字

なぜこのような像をいま韓国領事館に置くのか、外山氏に聞いた。

「韓国では慰安婦像を大使館前などに設置して、反日の機運を盛り上げていますが、これに抗議する日本の世論というのは少数派で、慰安婦問題について謝罪と賠償をしようという勢力の方が圧倒的です。しかし韓国人はそれを知らないので、ますます反日で盛り上がっています。いわば日本は自虐史観が主流なわけですが、これは日本に限ったことではなく、先進国に共通の現象なんですね。ところが韓国には、そのように自国の歴史を反省するという機運がない」

「実際には、韓国にも外国に対して酷いことをしたという歴史的実績があります。それがベトナム戦争です。韓国はアメリカの手先となってベトナムを侵略し、ベトナム人を虐殺しました。韓国人はそのことを全く反省していません。韓国人にも自虐史観を持ってもらって、先進国の仲間入りをしてもらおうと思い、領事館前にベトナム反戦像を設置することにしました」

ベトナム反戦像

しかし設置された像はベトナム人の少女でもなく、ベトナム人ですらない。

「この像は、ベトナム反戦運動を行う日大全共闘を表しています。手に持っているのは火炎瓶で、反戦運動を弾圧する機動隊に向けて放擲しようとしているところです。ベトナム戦争はベトナムの勝利で終わるわけですが、戦後ベトナム人は先進国のベトナム反戦運動のおかげで勝てた、と感謝を表しているんですね。日本においてベトナム反戦運動に立ち上がったのは日大全共闘の学生諸君でした」

「ベトナム戦争への協力については、派兵した韓国も、基地提供した日本も同じくらい貢献しています。一方で、先進国では学生を中心にベトナム反戦運動が盛り上がった。しかし韓国ではどうだったのか。この点を反省してもらう意味で、日大全共闘の像にしました。最近では全共闘といえば東大全共闘と思われていますが、実際に最も頑張ったのは日大全共闘でした」

(編注)日大とは日本大学のこと。全共闘とは、全学共闘会議の略称で、60年代末に盛り上がった左翼学生運動の連合体。

像が手に持つのは火炎瓶

この像を制作した、芸大出身で我々団党員の東野大地氏にも話を聞いた。

「この像は外山さんから指示を受けて、2週間で制作しました。仕事のかたわらなので、所要時間はもう少し短かったです。ネットで全共闘の写真を探して参考にしたのですが、平面のものをみて立体的に作らねばならないので苦労しました。材料は針金や新聞紙、石粉などです。粘土は重量で像が崩れるので使えませんでした。出来栄えは見ての通りです」

韓国領事館(福岡市)

最後に、外山恒一氏に今後の展望を聞いた。

「この像はなるべく長く設置しておきたいと思います。もし撤去されても、何度でも置きにきます。そのうち韓国でも報道され、外交問題になると良いですね。韓国政府から日本政府に撤去要請が来ればしめたものです。その時はぜひ、韓国にある慰安婦像の撤去と引き換えにして欲しい。日本政府はこの像を外交交渉に利用すべきです」

「韓国は日本の併合を非難しますが、それならばなぜ自ら欧米列強に立ち向かわなかったのでしょう。あるいはなぜ立ち向かえなかったのでしょう。日本がやったことを悪いという前に、自国の歴史を反省すべきです。このベトナム反戦像が、韓国人自ら自国の歴史を見直すきっかけになることを願っています」

韓国領事館に「抗議」する外山恒一氏

外山恒一氏は平成19年の東京都知事選に出馬し、独特の政見放送が話題になった。その後もことあるごとに奇抜な政治パフォーマンスを展開し世間を騒がせている。しかし本人はいたって真面目で地道な「革命家」である。今回の「ベトナム反戦像」も内外に波紋を広げそうだ。

(本山貴春)

関連記事

  1. 自販機大国・日本より進んでいる!? 中国の「新しい自動販売機」

  2. 相次ぐ「失踪」!? 外国人技能実習制度に見えてきたデメリットとは

  3. 戦争と平和を巡る矛盾 祈るだけで平和は達成できないという現実

  4. オウム真理教の死刑囚が最後に「信じた」ものとは何か?

  5. 大野城市で拉致問題チャリティーイベント 市民ら170人が集まる

  6. 「個人の生き方」とパブリック・リレーションズ

  7. 福沢諭吉のエッセンス『中津留別之書』全文を現代語に意訳してみた

  8. 《れい新》《N国党》躍進の影に氷河期世代 金子宗徳氏が分析

  9. 問われる大学の存在価値 単なる就職予備校で良いのか

公式SNSで配信情報をお届け!

twitter

facebook

Instagram

youtube

イベント情報

PAGE TOP