オウム真理教

人生観

『幻想の√5』著者に聞く(後編)オウム事件を終わったことにしてはならない理由

『幻想の√5(ルートご)なぜ私はオウム受刑者の身元引受人になったのか』の著者・中谷友香氏は「オウム事件は終わっていない」という。 再びオウムがやったようなテロ事件を引き起こさないためにも、もう一度日本社会がオウムと向き合う必要...
人生観

『幻想の√5』著者に聞く(前編)オウム事件を終わったことにしてはならない理由

令和元年5月、『幻想の√5(ルートご)なぜ私はオウム受刑者の身元引受人になったのか』という大著が出版された。著者は元塾講師でカウンセラーの中谷友香氏。兵庫県出身の女性である。 中谷氏はオウム真理教とは無関係だが、事件後、数奇な縁によっ...
社会

『幻想の√5』今こそオウムのリアルを語る@渋谷ロフトナイン

令和2年1月10日、渋谷ロフトナイン(東京都)で「『幻想の√5』のその後」を語るトークイベントが開催される。登壇者は著者の中谷友香氏の他、社会学者の宮台真司氏、ミュージシャンで音楽プロデューサーのサエキけんぞう氏。KKベストセラーズ主催。 ...
人生観

オウム真理教の死刑囚が最後に「信じた」ものとは何か?

もう10年以上前のことだが、私はオウム事件死刑囚の1人に会ったことがある。自分から望んだ訳ではないが、オウム真理教を脱会した元信者などを支援している知人に勧められ、東京拘置所で面会した。 正直、私はその死刑囚に会うのを恐れた。相手は単...
人生観

戦後最大の宗教テロ組織 オウム真理教とは何だったのか?

平成30年7月6日、オウム真理教の教祖だった松本智津夫死刑囚を含む、元教団幹部7名の死刑が執行された。同日に7名の死刑が執行されたことや、死刑執行のニュースがリアルタイムで流れたこともあり、内外に衝撃が走った。 弁護士団体などの死刑廃...
タイトルとURLをコピーしました