西村元防衛政務次官「日本は核の傘を失った」

前衆院議員の西村眞悟元防衛政務次官(日本のこころ)は平成29年7月29日に福岡市内で講演し、米国に依存しない核防衛体制の整備を訴えた。

発言要旨は以下の通り。

北朝鮮のICBM(大陸間弾道ミサイル)の飛距離が米大陸に到達できるようになったことで、米国による日本の核の傘がなくなった。それ以前から核の傘の効果は失われていたが、今回のミサイル発射実験によって明確になった。

かつてフランスのドゴール大統領は米ケネディ大統領に対し、「米国本土への核攻撃リスクを受け入れて欧州のために核抑止力を使うのか」と問い、ケネディは返答できず、フランスの独自核武装に至った。

わが国は北朝鮮のミサイル実験を見るまでもなく、ロシアや中国の核兵器に狙われている。フランスが抱いた危機感は、日本の為政者もとっくに抱くべきものだったが、全くなかった。

今後米国が北朝鮮のICBMを許すことはない。しかし、日本は今こそ独自の動きが必要だ。そのためには、憲法改正では時間がかかりすぎ、間に合わない。現憲法はGHQに押し付けられたものであるから、これを廃棄することが最も国際社会に通用する手順である。

現在の自衛隊は押し付け憲法ではなく、日本国家の主権に由来して存立している。安倍首相が言うように、憲法9条1項2項を残したまま自衛隊を追記すれば、自衛隊は「交戦権は認めない」という9条2項に縛られ、自衛すらできなくなる。

以上、編集部による採録より抜粋。

講演は日本のこころ主催のタウンミーティングにおいて行われ、当日は福岡市民を中心に約80名が集まった。

(文責:本山貴春)

関連記事

  1. 史上最も不恰好なヒーローを描く大人向けアニメ『いぬやしき』とは

  2. 【それいけ!ネコウヨ玉乃進】ネコでもわかる「右翼と左翼の違い」とは

  3. 「自衛隊による拉致被害者救出を」女優の葛城奈海さんが異例の訴え

  4. キリシタン大名の失敗に学ぶ「負けない組織」の作り方とは

  5. 米国「高校生による銃規制推進運動」がSEALDsにそっくりな理由

  6. 日本独立運動(4)戦え日本人

  7. 今さら聞けない!「Eコマース」と「WEBマーケティング」の違いとは?

  8. 意外に恵まれている?外国人技能実習生の住居と賃金の実態とは

  9. 『満洲文化物語』著者に聞く(前編)日本で差別された満洲引揚者の苦悩とは

タイアップ記事

PAGE TOP