「きらめく商品を世に出したい」新しいモノづくりへ、クラウドファンディング開始

令和2年7月2日、フリーランサー団体「サムライ☆ユニオン」(福岡市)は、ものづくり・アイデア・プラットフォーム「キラメク」のクラウドファンディングを開始した。

ものづくり・アイデア・プラットフォーム「キラメク」は、新型コロナウイルスによって飲食店など対面サービスが壊滅的な影響を受けていることによってパート・アルバイトの人材需要が激減する中、「誰でも自宅で確実に仕事ができる仕組みを作りたい」と、フリーランサーらが考案した。

新しい商品のアイデアを設計する人と、その設計に基づいて商品を製造する人による「分業」を可能にし、画期的なハンドメイド商品をインターネットで販売する。「キラメク」では商品アイデアの登録から製造者のマッチング、販売までがクラウド上で完結する。

サムライ☆ユニオンでは同システムの開発資金としてクラウドファンディングを活用し、来年1月までにベータ版を公開する計画だ。クラウドファンディング出資者には、金額と同価値のポイントが付与され、「キラメク」でハンドメイド品の販売が開始された際に利用できる。

▽「キラメク」クラウドファンディングについて詳細はこちら
キャンプファイヤ camp-fire.jp

関連記事

  1. 日本企業が外国人留学生を「労働力」としてアテにすべきではない理由

  2. 【衆院選の最大争点】いま消費税増税してはならない7つの理由

  3. 社畜にならないための学問!?「リベラルアーツ」って何?

  4. 日本企業における深刻な人材不足 結果的に「ダイバーシティ化」が進んでいる

  5. 仕事の生産性を高める「教育制度改革」と「外国人労働者」を考える

  6. 「フリーランサーの互助組織を」福岡市で構想発表 来年正式発足めざす

  7. 超高齢化による介護負担増をどうすべきか?海外でも同じ課題が

  8. 意外に恵まれている?外国人技能実習生の住居と賃金の実態とは

  9. 事実上「逃げ得」?!不法滞在の外国人に甘すぎる日本の現状とは

PAGE TOP