岸田政権のコロナ不況対策まとめ【動画あり】

フリーランス
この記事は約2分で読めます。

衆院選で過半数を確保した岸田自民党。喫緊の課題はコロナ不況対策だが、その内容が固まりつつある。現時点で判明しているのは以下の通り。

困窮世帯へ現金給付

1世帯あたり10万円が給付される。困窮世帯の定義は「住民税非課税世帯」になる見込み。住民税非課税世帯の定義は自治体で異なるが、概ね年収100万円前後の世帯が該当する。現金の他に「マイナポイント」数万円分付与も検討されている。

困窮学生へ緊急給付

1人あたり10万円が給付される。アルバイト等で学費と生活費を負担している大学、短大、高専、専門学校生が対象。留学生も含む。一人暮らしが原則だが、実家暮らしが排除されるわけでは無い。大学が審査するが、自己申告ベースになる。

子育て世帯への給付

18歳以下1人あたり5万円が給付される。他に「子育てのための出費」に使えるクーポン5万円分が給付される。但し年収960万円超の世帯を除く「所得制限」が付きそう。

事業者向け給付

売上5億円以上の事業者は最大250万円、売上1億円未満の事業者は最大100万円、個人事業主は最大50万円が給付される。月収30%以上減少(前年または前々年同月比)で申請可能となる。

【解説】どうなる!?岸田政権のコロナ不況対策=現金給付4パターン【字幕あり】
ご質問・ご意見などありましたら、コメント欄にお寄せください。このチャンネルはフリーランサーや起業・副業をされる方にお役立ていただける内容を定期的に配信しています。是非チャンネル登録をお願いします。解説:本山貴春(戦略PRプランナー/サムライ☆ユニオン準備委員長/独立社PR,LLC代表)▽サムライ☆ユニオン公式サイ...

[clink url=”https://www.sejp.net/archives/6803″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました