日露首脳会談前の色丹島式典に「外交的に非礼」国民民主・玉木代表

西暦2019年9月5日、ロシアのウラジオストクで日露首脳会談が開催されたが、北方領土問題や日露平和条約締結交渉に大きな進展は見られなかった。

会談に先立ち、ロシアのプーチン大統領は色丹島(北方領土)で開催された水産加工場の「稼働式」に生中継で祝辞を述べた。

プーチン大統領による異例の「挑発」に対し、国民民主党の玉木雄一郎代表は自身のtwitterで「なめられ過ぎだし、外交的にも非礼だ」と厳しく非難。安倍首相に当日の首脳会談ボイコットを訴えた上で「このまま会談をいくら続けても平和条約につながるとは思えない」との見解を示した。

日本外務省は現時点で特に抗議などは行なっていない。

色丹島とは

いわゆる北方領土は「択捉島」「国後島」「色丹島」「歯舞群島」の4島からなる。日露領土交渉において日本側は4島返還、ロシア側は色丹島・歯舞群島の2島「譲渡」での決着を目指しているとされている。

そのため、ロシア占領下の色丹島・歯舞群島は長い間無人島となっており、開発もされて来なかった。しかし2016年にロシア政府が色丹島を含む土地の無償譲渡を開始し、2017年には経済特区に指定するなど急速に開発が進んでいる。



関連記事

  1. 丸山穂高議員弁明書と糾弾決議全文 戦後体制の欺瞞極まる

  2. 慰安婦問題は日韓政府の「談合」の産物だった

  3. 地方をこれ以上衰退させない唯一の道は、中央集権から脱却することだ

  4. 【3月20日】元NHKお天気お姉さんが拉致問題をテーマに講演(福岡市)

  5. 朝鮮学校のイベントに自民党市議が出席した背景とは

  6. 独裁政権・中国共産党が最も恐れる「易姓革命」の呪縛とは

  7. 明治時代を先導した「知の巨人」福沢諭吉の意外な横顔とは

  8. 「フリーランサーの互助組織を」福岡市で構想発表 来年正式発足めざす

  9. 大野城市で拉致問題チャリティーイベント 市民ら170人が集まる

PAGE TOP