チベット最高指導者ダライ・ラマ法王が福岡市で法要 約2000人が参列

平成30年11月22日、チベットの最高指導者であるダライ・ラマ法王猊下が福岡市の東長寺を訪れ、災害犠牲者を弔う法要を行った。抽選などで選ばれた市民ら約2000人が参列した。

ダライ・ラマ法王猊下は法話の中で、

「日本の方々が多くの災害で苦しんでいることに心を痛めてきた。こういう時こそ般若心経を唱えれば、被災者の心の救済に繋がると確信している。苦しみには原因がある。逆に善行を施すことによって、将来の幸せを得ることができる」

などと述べられた。

当日は、平成29年に水害に遭った福岡県東峰村の村長も参列。また、法王猊下に対して博多人形師による「チベット僧侶」の博多人形が献上された。

法要は、福岡市に拠点を置く「宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(スーパーサンガ)」などが主催した。

関連記事

  1. 日本人が知らないチベットの真実!「ダライ・ラマ声明」の半世紀とは

  2. 外国人労働者に頼ってまで「便利すぎるサービス」を維持すべきか

  3. 天安門事件を巡る日本政府の罪、「天皇陛下の訪中」で悪夢再び?

  4. 西日本新聞の元記者が「近代軍事史」の本を書いた理由とは

  5. 入管法改正でようやく健全化へ 日本の外国人労働者問題

  6. 『満洲文化物語』著者に聞く(前編)日本で差別された満洲引揚者の苦悩とは

  7. 東京で民間国際組織「自由インド太平洋連盟」結成 中共の人権弾圧を糾弾

  8. いつまでも「忙しい」と嘆く日本人 なぜ生産性が低いのか

  9. 一気に台風の目に 小池都知事の「希望の党」は何を目指すのか?

PAGE TOP