チベット最高指導者ダライ・ラマ法王が福岡市で法要 約2000人が参列

平成30年11月22日、チベットの最高指導者であるダライ・ラマ法王猊下が福岡市の東長寺を訪れ、災害犠牲者を弔う法要を行った。抽選などで選ばれた市民ら約2000人が参列した。

ダライ・ラマ法王猊下は法話の中で、

「日本の方々が多くの災害で苦しんでいることに心を痛めてきた。こういう時こそ般若心経を唱えれば、被災者の心の救済に繋がると確信している。苦しみには原因がある。逆に善行を施すことによって、将来の幸せを得ることができる」

などと述べられた。

当日は、平成29年に水害に遭った福岡県東峰村の村長も参列。また、法王猊下に対して博多人形師による「チベット僧侶」の博多人形が献上された。

法要は、福岡市に拠点を置く「宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(スーパーサンガ)」などが主催した。

関連記事

  1. 博多祇園山笠を現在の姿に変えたのは、意外なアレだった!?

  2. 原子力発電はアメリカに押し付けられた

  3. 行橋市教育長の問題発言、救う会が福岡県知事と県教育委員会に質問状

  4. 橋下徹氏も言っていた「再び戦争しない限りは妥協するしかない」

  5. 「暴徒化」ではない香港デモ、「第二の天安門事件」の先にあるものとは

  6. 誤解されている「政教分離」、国教を定めている国も意外に多い?

  7. 第二次世界大戦はスパイ戦争だった!?おそるべき共産主義の陰謀

  8. 依然として深刻な「子どもの貧困」は、親の働き方に原因がある

  9. 【夫婦時事解説】香港・逃亡犯条例は撤回されていない!みんな騙されないで!

PAGE TOP