チベット最高指導者ダライ・ラマ法王が福岡市で法要 約2000人が参列

平成30年11月22日、チベットの最高指導者であるダライ・ラマ法王猊下が福岡市の東長寺を訪れ、災害犠牲者を弔う法要を行った。抽選などで選ばれた市民ら約2000人が参列した。

ダライ・ラマ法王猊下は法話の中で、

「日本の方々が多くの災害で苦しんでいることに心を痛めてきた。こういう時こそ般若心経を唱えれば、被災者の心の救済に繋がると確信している。苦しみには原因がある。逆に善行を施すことによって、将来の幸せを得ることができる」

などと述べられた。

当日は、平成29年に水害に遭った福岡県東峰村の村長も参列。また、法王猊下に対して博多人形師による「チベット僧侶」の博多人形が献上された。

法要は、福岡市に拠点を置く「宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(スーパーサンガ)」などが主催した。

関連記事

  1. 一気に台風の目に 小池都知事の「希望の党」は何を目指すのか?

  2. 韓国領事館前に外山恒一氏が「ベトナム反戦像」を設置、韓国に反省を促す

  3. もうマスコミに騙されない!現代人に必須の情報判断能力とは?

  4. 日本人が知らないチベットの真実!「ダライ・ラマ声明」の半世紀とは

  5. 巨大看板にフルラッピングバス 日本とは違う台湾の選挙手法とは

  6. 竹田恒泰氏「北朝鮮核ミサイル開発で、米国による日本の核の傘は失われた」

  7. 世界に「日本の立場を英語で発信」し続けるために、今できることとは?

  8. 日本企業における深刻な人材不足 結果的に「ダイバーシティ化」が進んでいる

  9. 誤解されている「政教分離」、国教を定めている国も意外に多い?

PAGE TOP