チベット最高指導者ダライ・ラマ法王が福岡市で法要 約2000人が参列

平成30年11月22日、チベットの最高指導者であるダライ・ラマ法王猊下が福岡市の東長寺を訪れ、災害犠牲者を弔う法要を行った。抽選などで選ばれた市民ら約2000人が参列した。

ダライ・ラマ法王猊下は法話の中で、

「日本の方々が多くの災害で苦しんでいることに心を痛めてきた。こういう時こそ般若心経を唱えれば、被災者の心の救済に繋がると確信している。苦しみには原因がある。逆に善行を施すことによって、将来の幸せを得ることができる」

などと述べられた。

当日は、平成29年に水害に遭った福岡県東峰村の村長も参列。また、法王猊下に対して博多人形師による「チベット僧侶」の博多人形が献上された。

法要は、福岡市に拠点を置く「宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(スーパーサンガ)」などが主催した。

関連記事

  1. 香港民主化リーダー連続逮捕に日本の識者も反発「次は武力行使か」

  2. 橋下徹氏が福岡で講演「民間の立場で憲法改正による道州制めざす」

  3. 朝鮮学校のイベントに自民党市議が出席した背景とは

  4. 【参院選2019】自民党の増税反対派は? 注目すべき二人の候補者とは

  5. 北朝鮮の暴発で戦争勃発!?いま日本人が備えるべきこととは

  6. 『満洲文化物語』著者に聞く(後編)満洲国建国の挫折から日本人が学ぶべきこととは

  7. 安倍内閣主要閣僚のサイトをWEBマーケティング視点で採点してみた

  8. 「戦える国」への道 平和を守るために本当に必要なこととは?

  9. 「三島由紀夫と西郷隆盛」歴史作家・浦辺登氏が11月23日に講演



















twitter

facebook

facebook
PAGE TOP