チベット最高指導者ダライ・ラマ法王が福岡市で法要 約2000人が参列

平成30年11月22日、チベットの最高指導者であるダライ・ラマ法王猊下が福岡市の東長寺を訪れ、災害犠牲者を弔う法要を行った。抽選などで選ばれた市民ら約2000人が参列した。

ダライ・ラマ法王猊下は法話の中で、

「日本の方々が多くの災害で苦しんでいることに心を痛めてきた。こういう時こそ般若心経を唱えれば、被災者の心の救済に繋がると確信している。苦しみには原因がある。逆に善行を施すことによって、将来の幸せを得ることができる」

などと述べられた。

当日は、平成29年に水害に遭った福岡県東峰村の村長も参列。また、法王猊下に対して博多人形師による「チベット僧侶」の博多人形が献上された。

法要は、福岡市に拠点を置く「宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(スーパーサンガ)」などが主催した。

関連記事

  1. お盆だから知っておきたい 先祖崇拝と仏教は無関係という衝撃の真実?!

  2. 男の戦闘服=スーツの起源はズバリ「軍服」にあった!?

  3. 地球一周ピースボートで「大東亜戦争肯定論」を主張した理由(1)

  4. 「銃乱射事件の悲劇を政治利用するな」と米国保守派がメディアに反撃

  5. 護国神社に祀られている神様とは?参拝の際に心がけるべきこと

  6. 皇太子殿下、即位への御覚悟「歴代天皇の御事蹟を振り返る」

  7. 戦後まで続いた福岡の青年道場「振武館」 優れた人物が輩出した秘密とは

  8. 橋下徹氏が福岡で講演「民間の立場で憲法改正による道州制めざす」

  9. プロだけが知っている 一般客が搾取されるパチンコの仕組みとは

PAGE TOP