チベット最高指導者ダライ・ラマ法王が福岡市で法要 約2000人が参列

平成30年11月22日、チベットの最高指導者であるダライ・ラマ法王猊下が福岡市の東長寺を訪れ、災害犠牲者を弔う法要を行った。抽選などで選ばれた市民ら約2000人が参列した。

ダライ・ラマ法王猊下は法話の中で、

「日本の方々が多くの災害で苦しんでいることに心を痛めてきた。こういう時こそ般若心経を唱えれば、被災者の心の救済に繋がると確信している。苦しみには原因がある。逆に善行を施すことによって、将来の幸せを得ることができる」

などと述べられた。

当日は、平成29年に水害に遭った福岡県東峰村の村長も参列。また、法王猊下に対して博多人形師による「チベット僧侶」の博多人形が献上された。

法要は、福岡市に拠点を置く「宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(スーパーサンガ)」などが主催した。

関連記事

  1. 本誌編集主幹の「新型コロナ」に関するツイート15,000字まとめ(後編)

  2. 西村元防衛政務次官「日本は核の傘を失った」

  3. 青山繁晴参院議員「消費税を1割にすれば景気が悪化」消費増税反対を明言

  4. 内閣改造で消費増税ショックを相殺し、衆院年内解散も? 改憲準備も加速か

  5. 明治維新150年目に振り返る 福沢諭吉の説いた自由と独立とは?

  6. 明治、大正、昭和、平成…元号だけではない、世界各地の独自カレンダー

  7. 戦後日本に真の「自由」は存在していなかった

  8. 【参院選2019】国民民主党の子育て支援政策「子ども国債」に実現性は?

  9. 小坂英二区議「中国人観光客のビザ延長決定は日本人を危険に晒す」#新型肺炎

PAGE TOP