チベット最高指導者ダライ・ラマ法王が福岡市で法要 約2000人が参列

平成30年11月22日、チベットの最高指導者であるダライ・ラマ法王猊下が福岡市の東長寺を訪れ、災害犠牲者を弔う法要を行った。抽選などで選ばれた市民ら約2000人が参列した。

ダライ・ラマ法王猊下は法話の中で、

「日本の方々が多くの災害で苦しんでいることに心を痛めてきた。こういう時こそ般若心経を唱えれば、被災者の心の救済に繋がると確信している。苦しみには原因がある。逆に善行を施すことによって、将来の幸せを得ることができる」

などと述べられた。

当日は、平成29年に水害に遭った福岡県東峰村の村長も参列。また、法王猊下に対して博多人形師による「チベット僧侶」の博多人形が献上された。

法要は、福岡市に拠点を置く「宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(スーパーサンガ)」などが主催した。

関連記事

  1. 【夫婦時事解説】香港も一枚岩ではない 日本が応援すべき勢力とは

  2. 熊本・玉名でミャンマー人教師8名の研修「教育で祖国の発展に尽くしたい」

  3. 【参院選2019】有権者の関心低く増税確定、れ新・N国が躍進

  4. 香港警察が陳浩天氏ら独立派を拘束「証拠捏造による予備的逮捕だ」

  5. 「戦える国」への道 平和を守るために本当に必要なこととは?

  6. 今上天皇陛下の決意 11歳の時の日記の驚くべき内容とは

  7. 行橋市「テロ予告」で非難決議を出された小坪市議、共産市議らを提訴(前編)

  8. サポーター参加型のスポーツ!?選挙は「参加」するから面白い

  9. OBからの最終勧告「ピースボートは来年3月までの出港予定を全て中止せよ」

PAGE TOP