チベット最高指導者ダライ・ラマ法王が福岡市で法要 約2000人が参列

平成30年11月22日、チベットの最高指導者であるダライ・ラマ法王猊下が福岡市の東長寺を訪れ、災害犠牲者を弔う法要を行った。抽選などで選ばれた市民ら約2000人が参列した。

ダライ・ラマ法王猊下は法話の中で、

「日本の方々が多くの災害で苦しんでいることに心を痛めてきた。こういう時こそ般若心経を唱えれば、被災者の心の救済に繋がると確信している。苦しみには原因がある。逆に善行を施すことによって、将来の幸せを得ることができる」

などと述べられた。

当日は、平成29年に水害に遭った福岡県東峰村の村長も参列。また、法王猊下に対して博多人形師による「チベット僧侶」の博多人形が献上された。

法要は、福岡市に拠点を置く「宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(スーパーサンガ)」などが主催した。

関連記事

  1. トランプ大統領が「武士の国」と呼んだ日本に、武士はいるのか?

  2. 名島海岸を福岡市民が清掃 神功皇后ゆかりの「名島帆柱石」とは

  3. 【年頭に思う】正しい絶望の先にある日本の未来を「3つの場合」で考えてみた

  4. 丸山議員へ辞職勧告の動き 戦争について議論すら許さないのか

  5. プロだけが知っている 一般客が搾取されるパチンコの仕組みとは

  6. 依然として深刻な「子どもの貧困」は、親の働き方に原因がある

  7. これを知っていればあなたも選挙通!?選挙の専門用語8選

  8. PR動画がエロすぎて炎上?本当は怖いポリティカル・コレクトネスとは

  9. 日本独立戦論:われらは誰の奴隷なのか

PAGE TOP