ダライ・ラマ法王が11月22日に福岡市で法話 一般参加も受付開始

チベット亡命政府の精神的指導者で、ノーベル平和賞受賞者としても知られるダライ・ラマ法王14世が、平成30年11月22日に福岡市博多区の東長寺で祈願法要と法話を行い、一般公開されることがわかった。

法王は昨年(平成29年)11月にも来日の予定があったが、「諸般の事情により」中止となっていた。法王は昨年を除き、ほぼ毎年来日していた。

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所によると、11月14日~16日に横浜、17日に東京、次いで22日に福岡での法話となる。福岡での法要は、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所、宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(スーパーサンガ)が主催する。

主催者によると、福岡市の法要は参加費無料となるが、事前申し込みが必須。また、希望者が多い場合は抽選となる。

ダライ・ラマ法王『平安・平和への祈り in 福岡 〜21世紀を生きるための知恵の教え〜』

開催日時 2018年11月22日(木)9:30~11:00
会場:東長寺(福岡市博多区御供所町)
参加費:入場無料
一般参加者:往復はがきによる事前申込者【10/31 締切必着】の中から抽選で決定
主催:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(NPO チベットハウス・ジャパン)

※本件は受付終了しました。




関連記事

  1. 博多祇園山笠を現在の姿に変えたのは、意外なアレだった!?

  2. 日本独立運動(2)人類史における日本の使命について

  3. ゆとり教育が企業にもたらした混乱「それでも日本人を雇いたい」

  4. #もともと残酷で有名だった 小坪慎也市議が戦い続ける理由(3)

  5. 地球一周ピースボートで「大東亜戦争肯定論」を主張した理由(2)

  6. 若い世代のための三島由紀夫入門

  7. 北朝鮮の暴発で戦争勃発!?いま日本人が備えるべきこととは

  8. 相次ぐ「失踪」!? 外国人技能実習制度に見えてきたデメリットとは

  9. 日本経済復活の処方箋「預貯金の1%を寄付するだけで消費喚起できる」

PAGE TOP