ダライ・ラマ法王が11月22日に福岡市で法話 一般参加も受付開始

チベット亡命政府の精神的指導者で、ノーベル平和賞受賞者としても知られるダライ・ラマ法王14世が、平成30年11月22日に福岡市博多区の東長寺で祈願法要と法話を行い、一般公開されることがわかった。

法王は昨年(平成29年)11月にも来日の予定があったが、「諸般の事情により」中止となっていた。法王は昨年を除き、ほぼ毎年来日していた。

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所によると、11月14日~16日に横浜、17日に東京、次いで22日に福岡での法話となる。福岡での法要は、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所、宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(スーパーサンガ)が主催する。

主催者によると、福岡市の法要は参加費無料となるが、事前申し込みが必須。また、希望者が多い場合は抽選となる。

ダライ・ラマ法王『平安・平和への祈り in 福岡 〜21世紀を生きるための知恵の教え〜』

開催日時 2018年11月22日(木)9:30~11:00
会場:東長寺(福岡市博多区御供所町)
参加費:入場無料
一般参加者:往復はがきによる事前申込者【10/31 締切必着】の中から抽選で決定
主催:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(NPO チベットハウス・ジャパン)

※本件は受付終了しました。




関連記事

  1. 中国政府に殺された民主化の英雄・劉暁波が語った「日本の桜」とは

  2. 日本独立運動(1)戦後日本は奴隷社会だ

  3. 韓国が日本との軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄 北朝鮮が韓国に要求

  4. 国際人権団体FIPA、中共による国家安全法制定に抗議 天安門事件の日に

  5. 実父の他界に際して、いまどきの葬式はどうあるべきかを考えてみた

  6. 【G20】中国に弾圧される諸民族が結集「中共政府を倒さねば平和はない」

  7. ゆとり教育が企業にもたらした混乱「それでも日本人を雇いたい」

  8. 故・小野田寛郎氏「いまでも日本政府はアメリカの傀儡だ」

  9. 自分の生活を自分で守るために、日本人は金融を学ぶ必要がある

PAGE TOP