ダライ・ラマ法王が11月22日に福岡市で法話 一般参加も受付開始

チベット亡命政府の精神的指導者で、ノーベル平和賞受賞者としても知られるダライ・ラマ法王14世が、平成30年11月22日に福岡市博多区の東長寺で祈願法要と法話を行い、一般公開されることがわかった。

法王は昨年(平成29年)11月にも来日の予定があったが、「諸般の事情により」中止となっていた。法王は昨年を除き、ほぼ毎年来日していた。

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所によると、11月14日~16日に横浜、17日に東京、次いで22日に福岡での法話となる。福岡での法要は、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所、宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(スーパーサンガ)が主催する。

主催者によると、福岡市の法要は参加費無料となるが、事前申し込みが必須。また、希望者が多い場合は抽選となる。

ダライ・ラマ法王『平安・平和への祈り in 福岡 〜21世紀を生きるための知恵の教え〜』

開催日時 2018年11月22日(木)9:30~11:00
会場:東長寺(福岡市博多区御供所町)
参加費:入場無料
一般参加者:往復はがきによる事前申込者【10/31 締切必着】の中から抽選で決定
主催:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(NPO チベットハウス・ジャパン)

※本件は受付終了しました。




関連記事

  1. なぜ北朝鮮に拉致された国民を救えないのか 日本政治に欠けているもの

  2. 「暴徒化」ではない香港デモ、「第二の天安門事件」の先にあるものとは

  3. 言論弾圧にめげずイベント敢行!人気漫画家の「ホワイトプロパガンダ」とは?

  4. 私のヒーロー・中村俊輔選手「イクメンなんて言葉、おかしくないか?」

  5. 依然として深刻な「子どもの貧困」は、親の働き方に原因がある

  6. 政府紙幣発行による国民配当(ベーシックインカム)を導入する10のメリット

  7. 東京五輪が危ない!米国の専門家が危惧する日本の「GHQベイビー」とは誰か

  8. こうすれば防げた「森友学園への国有地売却決裁文書」書き換え問題

  9. 世界一周「ピースボートに乗って人生が変わった」若者たちの証言とは

公式SNSで配信情報をお届け!

twitter

facebook

Instagram

youtube

イベント情報

PAGE TOP