ダライ・ラマ法王が11月22日に福岡市で法話 一般参加も受付開始

チベット亡命政府の精神的指導者で、ノーベル平和賞受賞者としても知られるダライ・ラマ法王14世が、平成30年11月22日に福岡市博多区の東長寺で祈願法要と法話を行い、一般公開されることがわかった。

法王は昨年(平成29年)11月にも来日の予定があったが、「諸般の事情により」中止となっていた。法王は昨年を除き、ほぼ毎年来日していた。

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所によると、11月14日~16日に横浜、17日に東京、次いで22日に福岡での法話となる。福岡での法要は、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所、宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(スーパーサンガ)が主催する。

主催者によると、福岡市の法要は参加費無料となるが、事前申し込みが必須。また、希望者が多い場合は抽選となる。

ダライ・ラマ法王『平安・平和への祈り in 福岡 〜21世紀を生きるための知恵の教え〜』

開催日時 2018年11月22日(木)9:30~11:00
会場:東長寺(福岡市博多区御供所町)
参加費:入場無料
一般参加者:往復はがきによる事前申込者【10/31 締切必着】の中から抽選で決定
主催:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(NPO チベットハウス・ジャパン)

※本件は受付終了しました。




関連記事

  1. 声に出せばわかる三島由紀夫「檄」 具体的にどう詠むか(1)

  2. 「教育無償化」だけで良いのか?学習塾に依存する日本の教育現場

  3. もうマスコミに騙されない!現代人に必須の情報判断能力とは?

  4. 果たして外国人にとって日本は「永住したい理想の国」になり得るのか?

  5. 戦後最大の宗教テロ組織 オウム真理教とは何だったのか?

  6. いじめられっ子はいじめっ子に復讐せよ

  7. 問われる大学の存在価値 単なる就職予備校で良いのか

  8. 米国内でも批判されていた「反セクハラ女性大行進」の不都合な真実

  9. 北朝鮮の暴発で戦争勃発!?いま日本人が備えるべきこととは

PAGE TOP