ダライ・ラマ法王が11月22日に福岡市で法話 一般参加も受付開始

チベット亡命政府の精神的指導者で、ノーベル平和賞受賞者としても知られるダライ・ラマ法王14世が、平成30年11月22日に福岡市博多区の東長寺で祈願法要と法話を行い、一般公開されることがわかった。

法王は昨年(平成29年)11月にも来日の予定があったが、「諸般の事情により」中止となっていた。法王は昨年を除き、ほぼ毎年来日していた。

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所によると、11月14日~16日に横浜、17日に東京、次いで22日に福岡での法話となる。福岡での法要は、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所、宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(スーパーサンガ)が主催する。

主催者によると、福岡市の法要は参加費無料となるが、事前申し込みが必須。また、希望者が多い場合は抽選となる。

ダライ・ラマ法王『平安・平和への祈り in 福岡 〜21世紀を生きるための知恵の教え〜』

開催日時 2018年11月22日(木)9:30~11:00
会場:東長寺(福岡市博多区御供所町)
参加費:入場無料
一般参加者:往復はがきによる事前申込者【10/31 締切必着】の中から抽選で決定
主催:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(NPO チベットハウス・ジャパン)

※本件は受付終了しました。




関連記事

  1. 史上最も不恰好なヒーローを描く大人向けアニメ『いぬやしき』とは

  2. 故・小野田寛郎氏「いまでも日本政府はアメリカの傀儡だ」

  3. 【衆院選の最大争点】いま消費税増税してはならない7つの理由

  4. こんな時代だからこそ知っておきたい ダライ・ラマ法王による7つの金言

  5. 習近平を国賓として招いてはならない3つの理由 国際戦略家・石井英俊氏に聞く

  6. 丸山穂高議員への批判者が知らない、国際社会における領土問題の現実とは

  7. 地球一周ピースボートで「大東亜戦争肯定論」を主張した理由(3)

  8. 【参院選2019】安倍政権の最優先課題「拉致問題」を各党はどうする?

  9. 救う会が行橋市に猛抗議!「拉致教育=在日朝鮮人イジメ発言は人権侵害」

PAGE TOP