ダライ・ラマ法王が11月22日に福岡市で法話 一般参加も受付開始

チベット亡命政府の精神的指導者で、ノーベル平和賞受賞者としても知られるダライ・ラマ法王14世が、平成30年11月22日に福岡市博多区の東長寺で祈願法要と法話を行い、一般公開されることがわかった。

法王は昨年(平成29年)11月にも来日の予定があったが、「諸般の事情により」中止となっていた。法王は昨年を除き、ほぼ毎年来日していた。

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所によると、11月14日~16日に横浜、17日に東京、次いで22日に福岡での法話となる。福岡での法要は、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所、宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(スーパーサンガ)が主催する。

主催者によると、福岡市の法要は参加費無料となるが、事前申し込みが必須。また、希望者が多い場合は抽選となる。

ダライ・ラマ法王『平安・平和への祈り in 福岡 〜21世紀を生きるための知恵の教え〜』

開催日時 2018年11月22日(木)9:30~11:00
会場:東長寺(福岡市博多区御供所町)
参加費:入場無料
一般参加者:往復はがきによる事前申込者【10/31 締切必着】の中から抽選で決定
主催:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(NPO チベットハウス・ジャパン)

申し込み方法など詳細はこちら↓
http://www.tibethouse.jp




関連記事

  1. 【7月豪雨災害】自衛隊「泥水洗顔写真」が削除された理由とは

  2. 「フリーランサーの互助組織を」福岡市で構想発表 来年正式発足めざす

  3. 明治維新は悪だったのか!?その功罪を巡り大論争が勃発中

  4. 米トランプ大統領が自らニュース動画の配信を開始 大手メディアは一斉に反発

  5. 安倍内閣主要閣僚のサイトをWEBマーケティング視点で採点してみた

  6. 明治維新は佐賀藩が起こした!?「肥前さが維新博」の郷土愛が凄い

  7. 米国保守メディアが告発する、異様な「言葉狩り」の実態とは

  8. 故・小野田寛郎氏「いまでも日本政府はアメリカの傀儡だ」

  9. 劉暁波氏が世界に問いかけたことは? 福岡の追悼フォーラムに150名

タイアップ記事

PAGE TOP