ダライ・ラマ法王が11月22日に福岡市で法話 一般参加も受付開始

チベット亡命政府の精神的指導者で、ノーベル平和賞受賞者としても知られるダライ・ラマ法王14世が、平成30年11月22日に福岡市博多区の東長寺で祈願法要と法話を行い、一般公開されることがわかった。

法王は昨年(平成29年)11月にも来日の予定があったが、「諸般の事情により」中止となっていた。法王は昨年を除き、ほぼ毎年来日していた。

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所によると、11月14日~16日に横浜、17日に東京、次いで22日に福岡での法話となる。福岡での法要は、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所、宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(スーパーサンガ)が主催する。

主催者によると、福岡市の法要は参加費無料となるが、事前申し込みが必須。また、希望者が多い場合は抽選となる。

ダライ・ラマ法王『平安・平和への祈り in 福岡 〜21世紀を生きるための知恵の教え〜』

開催日時 2018年11月22日(木)9:30~11:00
会場:東長寺(福岡市博多区御供所町)
参加費:入場無料
一般参加者:往復はがきによる事前申込者【10/31 締切必着】の中から抽選で決定
主催:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(NPO チベットハウス・ジャパン)

※本件は受付終了しました。




関連記事

  1. 社畜にならないための学問!?「リベラルアーツ」って何?

  2. 外国人労働者を「安価な労働力」とみなす日本企業のトンデモない勘違い

  3. こうすれば防げた「森友学園への国有地売却決裁文書」書き換え問題

  4. 北朝鮮の暴発で戦争勃発!?いま日本人が備えるべきこととは

  5. なぜ北朝鮮に拉致された国民を救えないのか 日本政治に欠けているもの

  6. 熊本・玉名でミャンマー人教師8名の研修「教育で祖国の発展に尽くしたい」

  7. 米国が台湾にF16を売却するだけで「中台軍事バランス」が変わる理由

  8. オウム真理教の死刑囚が最後に「信じた」ものとは何か?

  9. 衆院選「3極対決」?どこに投票すれば、政治はどう変わるのか

公式SNSで配信情報をお届け!

twitter

facebook

Instagram

youtube
PAGE TOP