ダライ・ラマ法王が11月22日に福岡市で法話 一般参加も受付開始

チベット亡命政府の精神的指導者で、ノーベル平和賞受賞者としても知られるダライ・ラマ法王14世が、平成30年11月22日に福岡市博多区の東長寺で祈願法要と法話を行い、一般公開されることがわかった。

法王は昨年(平成29年)11月にも来日の予定があったが、「諸般の事情により」中止となっていた。法王は昨年を除き、ほぼ毎年来日していた。

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所によると、11月14日~16日に横浜、17日に東京、次いで22日に福岡での法話となる。福岡での法要は、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所、宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(スーパーサンガ)が主催する。

主催者によると、福岡市の法要は参加費無料となるが、事前申し込みが必須。また、希望者が多い場合は抽選となる。

ダライ・ラマ法王『平安・平和への祈り in 福岡 〜21世紀を生きるための知恵の教え〜』

開催日時 2018年11月22日(木)9:30~11:00
会場:東長寺(福岡市博多区御供所町)
参加費:入場無料
一般参加者:往復はがきによる事前申込者【10/31 締切必着】の中から抽選で決定
主催:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(NPO チベットハウス・ジャパン)

※本件は受付終了しました。




関連記事

  1. 米国のトランプ支持者が朝鮮半島の「南北和解」に沸き立つ理由とは

  2. 自分の生活を自分で守るために、日本人は金融を学ぶ必要がある

  3. 護国神社に祀られている神様とは?参拝の際に心がけるべきこと

  4. 「南京大虐殺」は中国によるデマ宣伝だった 南京攻略時の秘蔵フィルム公開

  5. お盆だから知っておきたい 先祖崇拝と仏教は無関係という衝撃の真実?!

  6. 明治維新は佐賀藩が起こした!?「肥前さが維新博」の郷土愛が凄い

  7. #もともと残酷で有名だった 小坪慎也市議が戦い続ける理由(2)

  8. 外国人労働者を「安価な労働力」とみなす日本企業のトンデモない勘違い

  9. 【大局観】保守2大政党時代が幕開けし、わが国は「戦後体制」を脱却する

PAGE TOP