ダライ・ラマ法王が11月22日に福岡市で法話 一般参加も受付開始

チベット亡命政府の精神的指導者で、ノーベル平和賞受賞者としても知られるダライ・ラマ法王14世が、平成30年11月22日に福岡市博多区の東長寺で祈願法要と法話を行い、一般公開されることがわかった。

法王は昨年(平成29年)11月にも来日の予定があったが、「諸般の事情により」中止となっていた。法王は昨年を除き、ほぼ毎年来日していた。

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所によると、11月14日~16日に横浜、17日に東京、次いで22日に福岡での法話となる。福岡での法要は、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所、宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(スーパーサンガ)が主催する。

主催者によると、福岡市の法要は参加費無料となるが、事前申し込みが必須。また、希望者が多い場合は抽選となる。

ダライ・ラマ法王『平安・平和への祈り in 福岡 〜21世紀を生きるための知恵の教え〜』

開催日時 2018年11月22日(木)9:30~11:00
会場:東長寺(福岡市博多区御供所町)
参加費:入場無料
一般参加者:往復はがきによる事前申込者【10/31 締切必着】の中から抽選で決定
主催:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(NPO チベットハウス・ジャパン)

※本件は受付終了しました。




関連記事

  1. 【夫婦時事解説】香港だけじゃない、カンボジアにも中国の魔の手が!?

  2. 海外からの投資を呼び込むことで、国を豊かにする逆転の発想とは

  3. 日本語は世界共通語になれるか?五輪を見据え見直すべき言語政策とは

  4. 日本核武装を阻むものは何か?ネット調査では84%が核武装に賛成

  5. 「戦える国」への道 平和を守るために本当に必要なこととは?

  6. 故・小野田寛郎氏「いまでも日本政府はアメリカの傀儡だ」

  7. 一気に台風の目に 小池都知事の「希望の党」は何を目指すのか?

  8. 衆院選「3極対決」?どこに投票すれば、政治はどう変わるのか

  9. 日本が世界に果たすべき使命とは?



















twitter

facebook

facebook
PAGE TOP