豪雨災害

安全保障

誤解を与える?自衛隊広報が災害派遣中の「泥水洗顔写真」を削除

気象庁が「平成30年7月豪雨」と命名した大災害の死者数は200名を越え、今も十数名の行方がわかっていない。被災地にはボランティアも入り、炎天下で復旧活動に従事している。 そんな中、ある一枚の写真がネット上で話題になった。自衛官が泥水で...
安全保障

支援物資が迷惑に?過去の大災害の教訓を活かす被災者支援とは

まさに未曾有の大災害だ。この水害を気象庁は9日、「平成30年7月豪雨」と命名した。 洪水などの水害はこれまでも各地で多々あったが、局地的な「集中豪雨」が多かったのに対して、今月の水害は西日本全域に及んだ。河川の氾濫などにより家屋や車両...
タイトルとURLをコピーしました