国民民主党・山尾志桜里衆院議員が引退表明

令和3年6月17日、国民民主党広報局長兼シンクタンク戦略室長の山尾志桜里衆院議員が政界引退を表明した。現在の任期を務め、次期衆院選には出馬しない。

山尾議員は自身のYoutube番組で「今回の任期を政治家としての一区切りとしたい」とし、「政治家以外にもやれることがあり、やりたいことがある人こそが、期間限定で政治家をやる」べき、と持論を述べている。

同氏は平成21年に衆院愛知7区に民主党から立候補し初当選。平成24年に落選し、26年と29年に当選。

平成29年衆院選は無所属で勝ち上がり、同年末に立憲民主党に入党したが、翌30年3月に離党。6月に国民民主党に入党し、次期衆院選では比例東京ブロックに単独1位で立候補する予定だった。

選報日本/編集部

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 【10/22】生活保護制度を学ぶオンライン講座
  2. 「コロナ不況を生き残れ」フリーランス向け支援【動画あり】

公式SNSで配信情報をお届け!

twitter

facebook

Instagram

youtube
PAGE TOP