天皇陛下「忍耐強く乗り越える先に、明るい将来が開ける」

令和3年2月23日、天皇陛下は61歳の誕生日を迎えられた。19日、陛下は赤坂御所で記者会見に応じられ、新型コロナウイルス感染症の影響で苦しむ国民に対し、「忍耐強く乗り越える先に、明るい将来が開けることを心待ちにしております」と呼び掛けられた。

陛下は会見の冒頭、天変地異や疫病蔓延に対処された歴代天皇の事蹟に触れ、「国民の幸せを願って、国民に寄り添う」ことが皇室のあり方であるとの認識を示された。

その上で、新型コロナウイルス感染症で亡くなった人々やその家族に哀悼の意を表され、コロナ禍の閉塞感による自殺者の増加については「皆で何とか防がなくてはなりません」と強く述べられた。

現在、感染症対策により行幸が困難となり、オンラインによる御公務が増えていることについては「オンラインなりの課題もあるでしょうが、状況に応じて活用していきたい」と仰せになった。

選報日本/編集部

▽天皇陛下お誕生日に際し(宮内庁)
www.kunaicho.go.jp


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 【5/19】在日団体、国会前で決議を求めるアピールへ
  2. 【5/14まで】小倉昭和館にて映画『めぐみへの誓い』上映
  3. 福岡のタクシー会社が農家支援「朝倉の農作物を届けたい」

公式SNSで配信情報をお届け!

twitter

facebook

Instagram

youtube
PAGE TOP