香港独立派の陳浩天(アンディ・チャン)氏、保釈される

西暦2019年8月31日、香港独立派のリーダーとして知られる陳浩天(アンディ・チャン)氏が保釈された。陳氏と親しい日本人Youtuberランダムヨーコ氏が自身のSNSで明らかにした。

陳浩天氏は米国最大の保守団体「米国保守連合(ACU)」の日本法人が主催するスピーチ大会「J-CPAC」(東京)に招かれ、日本へ渡航する直前に拘束されていた。8月1日に続き、2度目の拘束だった。

前回は証拠不充分による釈放だったが、今回は保釈扱いとなっている。依然として容疑は不明。陳氏は記者会見を検討している。

【動画】陳氏の恋人がACU議長と面会

J-CPAC登壇予定だった本人に代わり、陳氏の恋人である香港人女性がACU議長マット・シュラップ氏と東京で30日に面会した。

その際、香港人女性は「(香港返還の)97年以降、経済発展や約束されたすべてのものが(共産中国に)浸食された。私たちが望むのは究極の自由であり、私たちはそのために自らを犠牲にする意思があることを、国際社会に知って欲しい」などと述べた。

マット・シュラップ氏は「アメリカの人々は香港と共にある、あなたや陳氏と共にある」と明言した。


関連記事

  1. エスカレーターであえて右側(関西では左側)に立つべき5つの理由

  2. 新元号は「令和」 5月1日から

  3. なぜ北朝鮮に拉致された国民を救えないのか 日本政治に欠けているもの

  4. 【平成30年7月豪雨】過去の大災害の教訓を活かす被災者支援とは

  5. 「三島由紀夫と西郷隆盛」歴史作家・浦辺登氏が11月23日に講演

  6. 米国「高校生による銃規制推進運動」がSEALDsにそっくりな理由

  7. 中国人が靖国神社へ墨汁 鈴木信行葛飾区議「警察の責任で警備すべき」

  8. 【参院選2019】れいわ新選組など、ミニ政党「政党要件獲得」への戦略とは

  9. 荒野に近代都市を建設した「南満州鉄道」は物凄い企業だった!



















twitter

facebook

facebook
PAGE TOP