【2022参院選】福岡県選挙区に大田京子県議擁立へ/国民民主党

政治
この記事は約1分で読めます。

令和4年7月に行われる予定の参院選挙について、国民民主党福岡県連は県選挙区に大田京子県議(福岡市南区)を擁立する方針を固めた。2月21日に党本部へ上申しており、28日に正式発表する。

大田京子氏は平成27年の統一地方選で福岡県議選に初当選し、現在2期目。令和3年、国民民主党福岡県連の発足に参加し、代表代行に就任した。

令和3年衆院選では同党は福岡県内の小選挙区に候補者を擁立できなかったが、大田氏は比例票積み上げのため精力的に活動していた。

今夏の参院選福岡県選挙区は定数3議席に対して自民・公明・立民から現職、共産から新人が立候補を予定しており、維新も擁立を目指している。

なお、大田京子氏が県議を辞職したとしても、公選法の規定により補欠選挙は行われない。

選報日本/編集部

[clink url=”https://www.sejp.net/archives/7530″]
[clink url=”https://www.sejp.net/archives/7483″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました