救う会福岡、初のオンライン集会を開催【動画あり】

拉致問題
この記事は約1分で読めます。

令和3年12月12日、北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会(藤井守人代表)は、オンラインによる初めての集会を試験的に開催した。

集会はオンライン会議システムで参加者を繋ぎ、3名が拉致問題に関連するスピーチを実施。これを録画して後日Youtubeに公開する形式を採った。

スピーチを行ったのは同会幹事の安田廣生氏と岡田律子氏、同会副代表で大野城市議の井福大昌氏。登壇者は救出運動の現状報告を行った他、早期救出へ向けたアピールを行った。

例年、同会は福岡市内で大規模集会を開催してきたが、コロナ対策のため2年連続で中止となった。

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

[clink url=”https://www.sejp.net/archives/7334″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました