海上自衛隊「いずも」の軽空母化が完了 創設以来の悲願

令和3年10月3日、防衛省は護衛艦「いずも」において米海兵隊ステレス戦闘機F-35Bの発着艦検証作業を実施した。海上自衛隊の艦艇にF-35Bが発着艦したのは初めて。

防衛省は今回の検証について「米海兵隊のF-35Bが『いずも』へ発着艦できることが確認されたことは、日米の相互運用性の向上に資するものであり、日米同盟の抑止力・対処力の強化につながる」としている。

「いずも」は海上自衛隊初のヘリコプター搭載護衛艦(DDH)で、令和2年度予算から改修費31億円でF-35Bの発着ができるよう改修が行われていた。

F-35Bは短距離離陸・垂直着陸が可能で、日本政府は105機を米国から購入し、内42機が「いずも」搭載予定となっている。同型艦「かが」も同様に軽空母化が実施される予定。

海上自衛隊の空母保有は、創設以来の悲願だった。「いずも」をモデルとした漫画『空母いぶき』(かわぐちかいじ作)は映画化もされている。

選報日本/編集部

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 【10/22】生活保護制度を学ぶオンライン講座
  2. 「コロナ不況を生き残れ」フリーランス向け支援【動画あり】

公式SNSで配信情報をお届け!

twitter

facebook

Instagram

youtube
PAGE TOP