和田政宗参院議員を暴行した男 公選法違反容疑で書類送検

令和元年7月に実施された参院選挙期間中、自民党の全国比例候補者として選挙活動を行なっていた和田政宗参院議員(当選)に対し、路上で暴行を行なった54歳の男が仙台中央署によって検察に書類送検された。公職選挙法違反の容疑。

7月10日、和田政宗候補(当時)は宮城県仙台市内で「練り歩き」と呼ばれる選挙活動を支援者とともに行なっていた。その場には和田議員のために来援した菅義偉官房長官も同行していた。

その際、候補者に近づく男性がいたため握手を求められたのかと思い手を差し出したところ、胸のあたりを強い力で2度殴った。現場の様子はたまたま動画撮影されており、SNSなどを通じて瞬く間に広まった。

選挙運動中の暴力行為について和田議員は「民主主義への挑戦であり断固戦う」と述べていた。今回の書類送検について「選挙運動を暴力で妨害しようという行為は断じて許されるものでなく、書類送検は警察が適切に捜査を行った結果」とコメントしている。

暴行事件についてはCBCテレビ(中部日本放送)が公式ツイッターで候補者に対し「売名行為」と揶揄し、選挙終了後に謝罪するなど、波紋が広がっていた。

『世界は日本が大スキ!』
和田政宗・著
青林堂

関連記事

  1. 声に出せばわかる三島由紀夫「檄」 具体的にどう詠むか(1)

  2. 「教育無償化」だけで良いのか?学習塾に依存する日本の教育現場

  3. 劉暁波氏が世界に問いかけたことは? 福岡の追悼フォーラムに150名

  4. 愛猫家の地方議員立ち上がる!「殺処分を減らし、地域猫活動を推進」

  5. チベット最高指導者ダライ・ラマ法王が福岡市で法要 約2000人が参列

  6. 『シン・ゴジラ』で戦後初の自衛戦争!戦死者は靖国神社に祀られるのか?

  7. 【速報】香港独立派・陳浩天氏が2020年ノーベル平和賞候補に

  8. 国会議員などの「公職選挙」に立候補するのに最低限必要な5つのモノとは?

  9. いよいよ希望の党が分裂!「改革保守」の党が生き残る道とは?

PAGE TOP