和田政宗参院議員を暴行した男 公選法違反容疑で書類送検

令和元年7月に実施された参院選挙期間中、自民党の全国比例候補者として選挙活動を行なっていた和田政宗参院議員(当選)に対し、路上で暴行を行なった54歳の男が仙台中央署によって検察に書類送検された。公職選挙法違反の容疑。

7月10日、和田政宗候補(当時)は宮城県仙台市内で「練り歩き」と呼ばれる選挙活動を支援者とともに行なっていた。その場には和田議員のために来援した菅義偉官房長官も同行していた。

その際、候補者に近づく男性がいたため握手を求められたのかと思い手を差し出したところ、胸のあたりを強い力で2度殴った。現場の様子はたまたま動画撮影されており、SNSなどを通じて瞬く間に広まった。

選挙運動中の暴力行為について和田議員は「民主主義への挑戦であり断固戦う」と述べていた。今回の書類送検について「選挙運動を暴力で妨害しようという行為は断じて許されるものでなく、書類送検は警察が適切に捜査を行った結果」とコメントしている。

暴行事件についてはCBCテレビ(中部日本放送)が公式ツイッターで候補者に対し「売名行為」と揶揄し、選挙終了後に謝罪するなど、波紋が広がっていた。

『世界は日本が大スキ!』
和田政宗・著
青林堂
  1. 【7/27まで】博多華丸が和太鼓とタップダンスで観客魅了
  2. 九十九島パールシーがクラウドファンディングに挑戦
  3. 【7/30】コロナ禍でフリーランスが使える補助金 オンラインで解説

公式SNSで配信情報をお届け!

twitter

facebook

Instagram

youtube
PAGE TOP