自宅で死ねない時代に、「より良く死ぬ」ために必要なこととは

「人間にとって、生きることも大切だが、死ぬこと、それも、よく死ぬことは、もっとたいせつなのだ」と、マザー・テレサは言ったそうである。
 
「よく死ぬ」とは、どういうことだろうか。

ありていに言えば、「悔いのない人生を送った結果の死」と言えるであろう。しかし、そのように臨んだとしても皆が皆、悔いのないと言い切れる人生を送れるとは限らない。むしろ、この世に何らかの未練を残して死ぬ人の方が多いのではないか。

内閣府の調査によると、高齢者の半数以上が最後を迎えたい場所として「自宅」を希望していることが分かっている(下図)。

ただ、現実はどうであろうか。下図のとおり、1951年と直近2014年の割合を比較すると、「死亡の割合」の自宅と病院のそれは、完全に逆転している。高齢者が「終の棲家」としたい場所として最も多いのが「自宅」であることを考えると現実と実際の乖離は、やはり大きいと言えよう。

では、高齢者が望む最後の迎え方を実現する(これもある意味で「よく死ぬ」ことといえるのかもしれない)には何が必要なのか。

制度的な拡充は言うまでもない。例えば、厚労省は在宅医療関連講師人材養成事業を行っている。

また、どれだけ本人が在宅で「看取られること」を望んでいるとしても、家族や兄弟、親戚を含めた周囲の理解というものが欠かせない。

日本では(日本だけではないかもしれないが)、とかく高齢者や介護に纏わる事象は、高齢者「問題」、介護「問題」と、「問題化」されてしまいがちだ。

もちろん、それ自体は決して文字通り「綺麗ごと」だけでは終わらない対処すべき「問題(課題)」であるかもしれない。両親や夫婦のように最も親しい間柄であるからこそ、介護する方、される方の双方にとって、辛いものである。
 
弟子から、「死ぬこと」について聞かれた孔子は次のように諭した。「生きることも分からないのに、死ぬことなど分かるはずがない」。

死は常に生と隣り合わせである。一人の人間にとって、今を一生懸命に生きた結果、「よく死ぬこと」ができれば、それが本望であると考える。

安部有樹(あべ・ゆうき)/昭和53年生まれ。福岡県宗像市出身。現在、外国人技能実習生を受け入れる管理団体に勤務するかたわら、社会的な問題解決のための提言を続けている。

関連記事

  1. 「教育無償化」だけで良いのか?学習塾に依存する日本の教育現場

  2. 日本独立戦論:われらは誰の奴隷なのか

  3. オウム真理教の死刑囚が最後に「信じた」ものとは何か?

  4. 日本企業が外国人留学生を「労働力」としてアテにすべきではない理由

  5. 日本語は世界共通語になれるか?五輪を見据え見直すべき言語政策とは

  6. お盆だから知っておきたい 先祖崇拝と仏教は無関係という衝撃の真実?!

  7. 「良い会社」の定義とは?「はたらく」ことの意義を問い直す

  8. 社畜にならないための学問!?「リベラルアーツ」って何?

  9. 経済大国・中国からの技能実習生受け入れはもう見直すべき時期に来ている

タイアップ記事

PAGE TOP