(邦訳)中国によるウイグル虐殺認定 米国務省声明全文

西暦2021年1月19日、米国務省は「新疆ウイグル自治区の残虐行為に関する国務長官の認定」と題する文書を発表した。以下にその原文と邦訳を全文掲載する。尚、邦訳は機械翻訳を元にし、編集部にて修正した。(誤訳が判明した場合は随時訂正します)

Determination of the Secretary of State on Atrocities in Xinjiang

新疆ウイグル自治区の残虐行為に関する米国務長官の認定

The United States of America has led the world in holding the perpetrators of the most heinous human rights abuses accountable. From the Nuremberg Trials, to the creation of the Genocide Convention in 1948, to the declaration of ISIS’s recent genocide against the Yazidis, Christians, and other religious minorities in Iraq and Syria, Americans have given voice to those who have been silenced by evil, and stood with the living who cry out for truth, the rule of law, and justice. We do so not because we are compelled to act by any international court, multilateral body, or domestic political concern. We do so because it is right.

アメリカ合衆国はこれまで、最も凶悪な人権侵害の加害者に責任を負わせることで世界を牽引してきました。 (ナチスの戦争犯罪を裁いた)ニュルンベルク裁判から、1948年のジェノサイド条約創設、ISISによる宗教的少数者への虐殺宣言まで、アメリカ人は悪によって沈黙させられた人々のために声を上げてきました。 そして真実と法の支配、及び正義を求める人々に寄り添ってきました。それは国際法や国際機関に強いられているからではありません。それが正しいことだからです。

For the past four years, this Administration has exposed the nature of the Chinese Communist Party and called it what it is: a Marxist-Leninist regime that exerts power over the long-suffering Chinese people through brainwashing and brute force. We have paid particular attention to the CCP’s treatment of the Uyghur people, a Muslim minority group that resides largely in the Xinjiang Uyghur Autonomous Region in Western China. While the CCP has always exhibited a profound hostility to all people of faith, we have watched with growing alarm the Party’s increasingly repressive treatment of the Uyghurs and other ethnic and religious minority groups.

この4年間、トランプ政権は次のような中国共産党の本性を暴露してきました。すなわち、中国共産党政権は、洗脳と圧政によって、全ての中国人民を長年苦しめているマルクス・レーニン主義政権である、ということです。私たちは特に、中国西部の「新疆ウイグル自治区」に住むウイグル人たちを中国政府がどう扱っているか注視してきました。中国政府はあらゆる宗教に強い敵意を示してきましたが、イスラム教徒であるウイグル人たちに対しては、より抑圧的であるため、警戒せねばなりませんでした。

Our exhaustive documentation of the PRC’s actions in Xinjiang confirms that since at least March 2017, local authorities dramatically escalated their decades-long campaign of repression against Uyghur Muslims and members of other ethnic and religious minority groups, including ethnic Kazakhs and ethnic Kyrgyz. Their morally repugnant, wholesale policies, practices, and abuses are designed systematically to discriminate against and surveil ethnic Uyghurs as a unique demographic and ethnic group, restrict their freedom to travel, emigrate, and attend schools, and deny other basic human rights of assembly, speech, and worship. PRC authorities have conducted forced sterilizations and abortions on Uyghur women, coerced them to marry non-Uyghurs, and separated Uyghur children from their families.

少なくとも2017年以降、新疆ウイグル自治区の地方政府がウイグル人など少数民族や宗教的少数者への数十年にわたる弾圧を劇的にエスカレートさせているという証拠があります。彼らの非倫理的で大掛かりな政策は、ウイグル人を民族単位で差別し、監視し、旅行や移住、通学を含む移動の自由を制限し、言論、信仰、集会の自由を禁止するよう構築されています。中国当局は、ウイグル人女性に不妊手術と中絶を強制し、漢族との結婚を強要し、ウイグル人の子供たちを親許から引き離しました。

Party apparatchiks have denied international observers unhindered access to Xinjiang and denounced reliable reports about the worsening situation on the ground, instead spinning fanciful tales of happy Uyghurs participating in educational, counter-terror, women’s empowerment, and poverty alleviation projects. Meanwhile, they are delivering far darker messages to their own people, portraying Uyghurs as “malignant tumors,” comparing their faith to a “communicable plague,” and exhorting the Party faithful to implement a crushing blow, telling them “you can’t uproot all the weeds hidden among the crops in the field one-by-one; you need to spray chemicals to kill them all.”

中国共産党は、国際的な調査団が新疆ウイグル自治区に入ることを拒絶し、現地の実態を伝える情報を否定するばかりか、その代わりとして教育や、テロ対策や、女性の権利拡大や、貧困撲滅といった架空の政策によってウイグル人が幸福になっていると宣伝したのです。その間、共産党内部ではウイグル人を「癌」、イスラム教を「伝染病」になぞらえ、これらが共産党支配を害するものと断定し、「畑の作物と雑草を選別することはできない。まるごと除草剤で根絶やしにする他ない」と指令を下していたのです。

Since the Allied forces exposed the horrors of Nazi concentration camps, the refrain “Never again” has become the civilized world’s rallying cry against these horrors. Just because an atrocity is perpetrated in a manner that is different than what we have observed in the past, does not make it any less an atrocity. Today, I thus make the following determinations:

連合国軍がナチスによるユダヤ人虐殺の蛮行を明らかにしてから、「このような恐怖を再び繰り返してはならない」という言葉は、文明社会の合言葉になっています。残虐行為が過去と異なる方法で実行されているからと言って、それが残虐行為であることに変わりはありません。従って、私は本日、以下のように認定します。

[1] After careful examination of the available facts, I have determined that since at least March 2017, the People’s Republic of China (PRC), under the direction and control of the Chinese Communist Party (CCP), has committed crimes against humanity against the predominantly Muslim Uyghurs and other members of ethnic and religious minority groups in Xinjiang. These crimes are ongoing and include: the arbitrary imprisonmentor other severe deprivation of physical liberty of more than one million civilians, forced sterilization, torture of a large number of those arbitrarily detained, forced labor, and the imposition of draconian restrictions on freedom of religion or belief, freedom of expression, and freedom of movement. The Nuremberg Tribunals at the end of World War II prosecuted perpetrators for crimes against humanity, the same crimes being perpetrated in Xinjiang.

(1)入手可能な証拠を注意深く検討した結果、少なくとも2017年3月以降、中華人民共和国は、中国共産党の指示と管理の下で、新疆ウイグル自治区の少数民族および宗教的少数派グループなど、主にイスラム教徒に対して人道に対する罪を犯したと判断した。これらの犯罪は現在も進行中であり、以下のものが含まれる。100万人以上の民間人の恣意的投獄、断種、拷問、強制労働である。さらに信仰の自由、思想・表現の自由、移動の自由は完全に奪われている。ニュルンベルク裁判は、人道に対する罪で加害者を起訴したが、同じ犯罪が新疆ウイグル自治区で実行されている。

[2] In addition, after careful examination of the available facts, I have determined that the PRC, under the direction and control of the CCP, has committed genocide against the predominantly Muslim Uyghurs and other ethnic and religious minority groups in Xinjiang. I believe this genocide is ongoing, and that we are witnessing the systematic attempt to destroy Uyghurs by the Chinese party-state. The governing authorities of the second most economically, militarily, and politically powerful country on earth have made clear that they are engaged in the forced assimilation and eventual erasure of a vulnerable ethnic and religious minority group, even as they simultaneously assert their country as a global leader and attempt to remold the international system in their image.

(2)さらに、入手可能な証拠を注意深く検討した結果、中国共産党の指示と管理の下で、新疆ウイグル自治区においてウイグル人に対し大量虐殺が行われたと判断した。この大量虐殺は現在も進行中であり、まもなく中国一党独裁政治によるウイグル人抹殺が完了する。世界第二位の経済大国かつ軍事大国によって、同国内の少数者が抹殺されそうになっているにも関わらず、中国政府は国際社会における指導者を目指し、そのためのイメージ宣伝を行っている。

The United States calls upon the PRC immediately to release all arbitrarily detained persons and abolish its system of internment, detention camps, house arrest and forced labor; cease coercive population control measures, including forced sterilizations, forced abortion, forced birth control, and the removal of children from their families; end all torture and abuse in places of detention; end the persecution of Uyghurs and other members of religious and ethnic minority groups in Xinjiang and elsewhere in China, and afford Uyghurs and other persecuted minorities the freedom to travel and emigrate.

アメリカ合衆国は中国政府に対し、不当に拘束した全ての人の釈放、強制収容所の廃止、強制労働の停止を要求します。また、強制的不妊手術と強制的中絶、親許から子供を引き離す行為、強制的な人口抑制政策、収容所での拷問と虐待、そして宗教的少数者の迫害を止めるよう求めます。その上で、新疆ウイグル自治区の住民に旅行と移住の自由を認めるよう要請します。

We further call on all appropriate multilateral and relevant juridical bodies, to join the United States in our effort to promote accountability for those responsible for these atrocities. I have directed the U.S. Department of State to continue to investigate and collect relevant information regarding the ongoing atrocities occurring in Xinjiang, and to make this evidence available to appropriate authorities and the international community to the extent allowable by law. The United States, on its part, has spoken out and taken action, implementing a range of sanctions against senior CCP leaders and state-run enterprises that fund the architecture of repression across Xinjiang.

私たちは関連する全ての国際機関及び司法機関に対し、これらの残虐行為を行った責任者に説明責任を果させるため、米国に協力するよう呼びかけます。私は米国国務省に対し、新疆ウイグル自治区で行われている残虐行為に関する調査を今後も継続すること、及びそれらの証拠を合法的範囲内で国際機関や司法当局に開示するよう指示しました。その一環として、ウイグル人弾圧に加担している中国政府要人と国営企業に対する制裁措置を実施しました。

The United States has worked exhaustively to pull into the light what the Communist Party and General Secretary Xi Jinping wish to keep hidden through obfuscation, propaganda, and coercion. Beijing’s atrocities in Xinjiang represent an extreme affront to the Uyghurs, the people of China, and civilized people everywhere. We will not remain silent. If the Chinese Communist Party is allowed to commit genocide and crimes against humanity against its own people, imagine what it will be emboldened to do to the free world, in the not-so-distant future.

アメリカ合衆国は、中国共産党及び習近平国家主席が圧政とプロパガンダによって隠してきた事実を明らかにするべく、徹底的に取り組んできました。新疆ウイグル自治区における北京政府による残虐行為は、中国人民のみならず、全世界の文明社会に対する冒涜です。私たちは決して黙ってはいません。もし中国共産党による自国民への大量虐殺と国家犯罪がこのまま許された場合、そう遠くない将来、自由社会に対し彼らをどれほど大胆にさせるであろうか、どうか想像してみてください。

▽米国務省公式サイト
www.state.gov

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 【5/19】在日団体、国会前で決議を求めるアピールへ
  2. 【5/14まで】小倉昭和館にて映画『めぐみへの誓い』上映
  3. 福岡のタクシー会社が農家支援「朝倉の農作物を届けたい」

公式SNSで配信情報をお届け!

twitter

facebook

Instagram

youtube
PAGE TOP