フリーランサー団体「ものづくり分業化」のクラウドサービスを発表

令和2年5月18日、フリーランサー互助組織「サムライ☆ユニオン」(福岡市)は、ものづくり・アイデア・プラットフォーム「キラメク」をリリースすると発表した。

「キラメク」では、ハンドメイド品や食品などのアイデア商品を募り、その設計図やレシピに基づいて誰でも商品製造と販売が可能になる。商品価格については設計者が報酬分配率を設定し、製造者が材料費や労務費の合算である原価を設定することで自動的に決まる。

コロナ危機によって「新しい生活様式」が求められる中、分野ごとの製造技術があれば誰でも在宅のまま「ものづくり」に参加できる仕組みだ。サムライ☆ユニオンは、「従来の大量生産品とは差別化し、手作りによる高付加価値商品を販売していく」としている。

「キラメク」は5月中にアイデア商品の登録受付を開始し、同時にシステム構築にかかる費用についてクラウドファンディングを実施する予定。

▽ものづくり・アイデア・プラットフォーム「キラメク」とは
https://samuraiunion.jp/kirameku/


関連記事

  1. 日本が世界に果たすべき使命とは?

  2. フリーランサー組合、新型コロナ対策で減税と個人補償を求める声明を発表

  3. 韓国領事館前に外山恒一氏が「ベトナム反戦像」を設置、韓国に反省を促す

  4. 数字で見る日中間の「好感度」 定住外国人の受け入れを阻む要因か

  5. 長時間労働やサービス残業が日本の経済成長を妨げ、日本人を不幸にした

  6. 埼玉・吉川市の市議がビラでブルーリボンバッジを揶揄「撤回しない」

  7. 日本外交を強くするためには、偉大な先人の足跡を知らねばならない

  8. ネパール観光年「ビジット・ネパール・イヤー」に意気込む在日ネパール人

  9. 一気に台風の目に 小池都知事の「希望の党」は何を目指すのか?

PAGE TOP