イベント会社がクラウドファンディングで番組制作「ピンチから救いたい」

令和2年4月15日、イベントの企画運営を手がける(株)夢音プロダクション(東京都/代表・月岡靖智氏)は、新型コロナウイルス感染症対策として休業を強いられている店舗やアーティストを支援するため、クラウドファンディング企画を発表した。

企画は『「エンタの仏様」 コロナ被害者救済番組制作プロジェクト』と銘打ち、クラウドファンディング大手のCAMPFIRE‎を通じて寄付を集める。約2週間で100万円集めることを目標にしている。

イベント会社である同社も、2月中旬から自粛によって売上がゼロになったという。集まった資金は、新型コロナの影響で減収となっている飲食店、ライブハウス、アーティスト、イベント関係者などのPR動画を制作するために使われる。

また、PR動画はYotubeの専用チャンネルで公開され、再生回数に応じて出演料も支払うという。出演料は動画公開から1週間で支払う予定。この出演料もクラウドファンディングで集まった資金が充てられる。

支援金募集期間は4月27日(月)までとなっており、番組制作と公開は募集終了後の予定。

月岡代表はCAMPFIREに「いまイベント業界と飲食業界は地獄」「大規模な支援は出来ないが、身近な人たちを1人でも救済できるように協力を」などのコメントを掲載している。

▽CAMPFIRE『「エンタの仏様」 コロナ被害者救済番組制作プロジェクト』
https://camp-fire.jp/projects/view/253716

関連記事

  1. 【投稿記事】京都・久御山町で不法占拠されていた公有地、転売目的の払い下げか

  2. 「憲法9条」が平和を守るどころか戦争を招く 6つの歴史的実例とは

  3. 新型コロナ「緊急小口貸付」の窓口に電話してみた→すでにパンク状態

  4. 故・小野田寛郎氏「いまでも日本政府はアメリカの傀儡だ」

  5. 相次ぐ「失踪」!? 外国人技能実習制度に見えてきたデメリットとは

  6. 韓国で「日の丸隠す」高校野球W杯選手団 日本女性への暴行事件が影響か

  7. 「安倍政権を批判する者は反日」と叫ぶ人々に伝えたい、戦前日本の失敗とは

  8. 米国が台湾にF16を売却するだけで「中台軍事バランス」が変わる理由

  9. トランプ大統領も指弾した「一国一制度」 中共の植民地化から香港を守る方法とは

PAGE TOP