【10月21日】映画『西原村』福岡で上映 熊本地震で人生が一変した人々の記録

平成28年4月に熊本県と大分県で発生した「熊本地震」は、熊本県の西原村と益城町で震度7を観測し、死者267名、負傷者2,804名という甚大な被害をもたらした。複数箇所で震度7を記録したのは観測史上初めてのことだった。

一夜にして1200人が住居を失った西原村では、震災後も活断層の上に住み続けるか、別の場所に移住するかで、村民の間で議論が巻き起こる。その後、復興へ向けて歩み始める村民の様子を2年間にわたってNHK取材班が追い続けた。

NHKの番組『明日へ つなげよう』は映画化され、その著作権がNHKから西原村へ譲渡され、現在東京・大阪・九州各地で上映会が開催されている。西原村被災者の一人はこの映画について「若い人がこの作品を見て、後世に残していってほしい」と述べている。

10月21日、映画『西原村』上映に合わせて、松永昭吾工学博士が「この国に生きるということ〜過酷な自然現象との共生」と題して講演する。松永博士は耐震技術の専門家で、土木技術の重要性を伝える講演活動などを精力的に行なっている。

映画『西原村』と災害を考える(福岡市)

日時:10月21日(月)18:30開演 20:40終演
内容:映画『西原村』上映 解説・久保理茎 監督
講演「この国に生きるということ〜過酷な自然現象との共生」
講師 松永昭吾 博士(工学)
会場:福岡市市民福祉プラザ「ふくふくプラザ」(240席)
(福岡市中央区荒戸3−3−39)
入場料:1000円(大学生500円)高校生以下無料 
※入場料の収益は村へ寄付される。

映画「西原村」公式サイト sites.google.com/view/nishiharamura-eiga

関連記事

  1. 作家・安部譲二氏死去 三島由紀夫作品のモデルにもなった波乱の人生

  2. 「フリーランサーの互助組織を」福岡市で構想発表 来年正式発足めざす

  3. フリーランサー団体「ものづくり分業化」のクラウドサービスを発表

  4. 公然と選挙違反を繰り返す日本共産党の候補者!議員になる資格はあるのか?

  5. 外国人労働者を「安価な労働力」とみなす日本企業のトンデモない勘違い

  6. 超高齢化による介護負担増をどうすべきか?海外でも同じ課題が

  7. 「共生」のために、日本に暮らす外国人子女の教育はどうあるべきか

  8. 【参院選2019】れいわ新選組など、ミニ政党「政党要件獲得」への戦略とは

  9. 本誌編集主幹の「新型コロナ」に関するツイート15,000字まとめ(後編)

PAGE TOP