【10月21日】映画『西原村』福岡で上映 熊本地震で人生が一変した人々の記録

平成28年4月に熊本県と大分県で発生した「熊本地震」は、熊本県の西原村と益城町で震度7を観測し、死者267名、負傷者2,804名という甚大な被害をもたらした。複数箇所で震度7を記録したのは観測史上初めてのことだった。

一夜にして1200人が住居を失った西原村では、震災後も活断層の上に住み続けるか、別の場所に移住するかで、村民の間で議論が巻き起こる。その後、復興へ向けて歩み始める村民の様子を2年間にわたってNHK取材班が追い続けた。

NHKの番組『明日へ つなげよう』は映画化され、その著作権がNHKから西原村へ譲渡され、現在東京・大阪・九州各地で上映会が開催されている。西原村被災者の一人はこの映画について「若い人がこの作品を見て、後世に残していってほしい」と述べている。

10月21日、映画『西原村』上映に合わせて、松永昭吾工学博士が「この国に生きるということ〜過酷な自然現象との共生」と題して講演する。松永博士は耐震技術の専門家で、土木技術の重要性を伝える講演活動などを精力的に行なっている。

映画『西原村』と災害を考える(福岡市)

日時:10月21日(月)18:30開演 20:40終演
内容:映画『西原村』上映 解説・久保理茎 監督
講演「この国に生きるということ〜過酷な自然現象との共生」
講師 松永昭吾 博士(工学)
会場:福岡市市民福祉プラザ「ふくふくプラザ」(240席)
(福岡市中央区荒戸3−3−39)
入場料:1000円(大学生500円)高校生以下無料 
※入場料の収益は村へ寄付される。

映画「西原村」公式サイト sites.google.com/view/nishiharamura-eiga

関連記事

  1. 内閣改造で消費増税ショックを相殺し、衆院年内解散も? 改憲準備も加速か

  2. 入管法改正でようやく健全化へ 日本の外国人労働者問題

  3. 丸山穂高議員弁明書と糾弾決議全文 戦後体制の欺瞞極まる

  4. 西村元防衛政務次官「日本は核の傘を失った」

  5. 橋下徹氏も言っていた「再び戦争しない限りは妥協するしかない」

  6. 「暴徒化」ではない香港デモ、「第二の天安門事件」の先にあるものとは

  7. 丸山議員への「魔女狩り」でほくそ笑む ロシアによる侵略の歴史とは

  8. 【統一地方選】日本共産党の驚くべき選挙運動の実態とは

  9. 日本外交を強くするためには、偉大な先人の足跡を知らねばならない

公式SNSで配信情報をお届け!

twitter

facebook

Instagram

youtube
PAGE TOP