天皇陛下御即位奉祝 福岡県民の集い「皇室を中心に国民が一致団結を」

令和元年10月6日、天皇陛下の御即位を奉祝する福岡県民の集いが福岡市で開催され、小川洋福岡県知事(県民の集い名誉会長)を筆頭に、県民およそ1,800名が集まった。県選出の国会議員のほか、首長・地方議会議長・地方議員・経済団体関係者など735人が奉祝委員に名を連ねた。

松尾新吾共同代表「天皇国日本を次世代に継承する」

九経連名誉会長の松尾新吾氏(県民の集い共同代表)は式辞において「わが国は建国以来皇室を頂き、権威の象徴である皇室を中心とする国柄を堅持し、特に外敵からの困難に際しては皇室を中心に国民が一致団結し、わが国の独立を保ってきた」と述べ、「世界に誇る天皇国日本を、力強く次世代に継承できるよう、国民としての務めを果たしていく」と誓った。

記念式典には在福ベトナム総領事ヴー・ビン氏、在福タイ王国総領事アッタカーン・ウォンチャナマース氏、在福韓国総領事孫鍾植氏らが参列し、駐日外交団長でサンマリノ共和国全権大使のマンリオ・カデロ氏が「世界最古の共和国から世界最古の君主国の皆様へ」と題して記念講演した。

カデロ大使「日本文化は世界に影響を与える」

マンリオ・カデロ大使は講演の中で、「私は昭和天皇、上皇陛下、今上陛下に何度も御目にかかった。皆様、素晴らしい方。優しく、謙虚で質素」「日本人ほど謙虚で勤勉な人々は世界にいない。日本文化を世界に広めれば平和になる」と述べた。

マンリオ・カデロ大使(サンマリノ共和国)

また、カデロ大使は欧州で初めて創建された「サンマリノ神社」について触れ、「欧州に日本のものは何でもあるが、唯一神社がなかった。欧州には53万人もの日本人が居住しているのに神社がないのはおかしい。そこで神社本庁の協力を得て、創建に漕ぎ着けた」と明かした。

サンマリノ神社は平成26年、サンマリノ共和国のセラヴァッレに創建された。現在、神社本庁が正式に承認する欧州唯一の神社。すでに3組の結婚式(いずれも日欧の国際結婚)が挙行されたという。

サンマリノ神社

カデロ大使は日本文化について「日本の文化と哲学は、いま欧州に大きな影響を与えている。日本人は謙虚な民族なので時間はかかるが、早かれ遅かれ、いつか日本文化が欧州文化以上に世界に広まるだろう」と指摘した。

サンマリノ共和国はイタリア半島に位置する人口約3万人のミニ国家で、世界最古の共和国として知られている。マンリオ・カデロ大使は現職の駐日大使としては最長の在任期間を保っており、日本語の著書も多数刊行している。

『神道が世界を救う』
マンリオ・カデロ/加瀬英明(共著)
勉誠出版 刊
今日、人類は、絶えることがない宗教抗争や、民族抗争や、環境破壊によって、行き詰まっている。「宗教」ではなく、「信仰」である神道。いまこそ、世界は自然と共生し、自然と一体になっている神道がもたらす、「和」の心を学ぶことが必要である。世界一自由で平和な国・サンマリノ共和国の駐日大使と海外を知り尽くした外交評論家が、神道の本質、これからの日本を語りつくす!

関連記事

  1. 中国によって地図から抹消された民族国家「満洲」とは

  2. 明治維新は悪だったのか!?その功罪を巡り大論争が勃発中

  3. 地球一周ピースボートで「大東亜戦争肯定論」を主張した理由(1)

  4. 明治維新150年目に振り返る 福沢諭吉の説いた自由と独立とは?

  5. 作家・安部譲二氏死去 三島由紀夫作品のモデルにもなった波乱の人生

  6. 日本独立運動(2)人類史における日本の使命について

  7. 「女性にひどいことをした野蛮な国」と誤解されている日本

  8. 【1月23日】三島由紀夫『潮騒』朗読会 「平岡公威の純情」を詠む

  9. 日本の戦った戦争は日本とアジアの独立を求めた戦いだった

PAGE TOP