陳浩天氏、再び不当拘束 香港国際空港から日本への出国を阻まれる

西暦2019年8月30日、日本へ渡航するために香港国際空港を訪れていた香港独立派の陳浩天(アンディ・チャン)氏が当局によって足止めを食い、香港警察に拘束されたことがわかった。

陳浩天氏は8月1日にも香港警察に逮捕されたが、数日後に証拠不充分で釈放されていた。今回、香港警察は拘束の理由を明らかにしていない。

陳浩天氏と同氏が設立した独立派政治団体「香港民族党」は昨年当局より活動停止命令を受けており、今年頻発しているデモ活動などには一切参加していない。

前回の拘束に際して警察側は「大量の弓矢、鉄球、手製爆弾などの不法所持」を理由に挙げていたが、実際にはそのような武器は見つかっておらず、無罪放免となっていた。

今回の日本への出国目的について陳浩天氏は公表していないが、香港当局が同氏による国際社会へのアピールを警戒した可能性がある。

【追記】石井英俊氏「逮捕ぎりぎりまでやりとり」

国際戦略家で自由インド太平洋連盟副会長の石井英俊氏は、自身のツイッターで「(陳浩天氏が)逮捕されるぎりぎりまで、私はやり取りをしていた」と明らかにした。石井氏はこれまでも、日本における陳浩天氏と行動を共にしている。






関連記事

  1. 言論弾圧にめげずイベント敢行!人気漫画家の「ホワイトプロパガンダ」とは?

  2. 日本の戦った戦争は日本とアジアの独立を求めた戦いだった

  3. もう言い訳は通用しない!安倍政権と安倍信者は「反天皇=左翼」である

  4. 熊本・玉名でミャンマー人教師8名の研修「教育で祖国の発展に尽くしたい」

  5. 日本人が撮った、ダライ・ラマの映画にあなたも涙せずにはいられない

  6. 日本語は世界共通語になれるか?五輪を見据え見直すべき言語政策とは

  7. 渋谷ハロウィン暴動に自衛隊が治安出動していた?!実は・・・

  8. 数字ではわからない在日外国人の実態とは ネパール料理店で交流会を開いてみた

  9. 北朝鮮拉致「イギリスが領土を取り返したように」/参加者の声

公式SNSで配信情報をお届け!

twitter

facebook

Instagram

youtube

イベント情報

PAGE TOP