陳浩天氏、再び不当拘束 香港国際空港から日本への出国を阻まれる

西暦2019年8月30日、日本へ渡航するために香港国際空港を訪れていた香港独立派の陳浩天(アンディ・チャン)氏が当局によって足止めを食い、香港警察に拘束されたことがわかった。

陳浩天氏は8月1日にも香港警察に逮捕されたが、数日後に証拠不充分で釈放されていた。今回、香港警察は拘束の理由を明らかにしていない。

陳浩天氏と同氏が設立した独立派政治団体「香港民族党」は昨年当局より活動停止命令を受けており、今年頻発しているデモ活動などには一切参加していない。

前回の拘束に際して警察側は「大量の弓矢、鉄球、手製爆弾などの不法所持」を理由に挙げていたが、実際にはそのような武器は見つかっておらず、無罪放免となっていた。

今回の日本への出国目的について陳浩天氏は公表していないが、香港当局が同氏による国際社会へのアピールを警戒した可能性がある。

【追記】石井英俊氏「逮捕ぎりぎりまでやりとり」

国際戦略家で自由インド太平洋連盟副会長の石井英俊氏は、自身のツイッターで「(陳浩天氏が)逮捕されるぎりぎりまで、私はやり取りをしていた」と明らかにした。石井氏はこれまでも、日本における陳浩天氏と行動を共にしている。






関連記事

  1. 【夫婦時事解説】横田めぐみさん55歳「拉致は侵略だ」と言えない理由とは

  2. 戦後最大の宗教テロ組織 オウム真理教とは何だったのか?

  3. 気象予報士の半井小絵さん「北朝鮮の拉致は政治問題ではなく犯罪」

  4. 【参院選2019】れいわ新選組など、ミニ政党「政党要件獲得」への戦略とは

  5. 『満洲文化物語』著者に聞く(後編)満洲国建国の挫折から日本人が学ぶべきこととは

  6. 幸福の科学「霊言」に周庭氏が削除と訂正を要求 守護霊が自衛隊派兵要請!?

  7. 救う会奈良が救出大会 石平氏「中国共産党政権が北朝鮮の体制を支えている」

  8. 三島由紀夫の檄文を「詠む」 そこに隠された三島の思いとは(2)

  9. 北朝鮮ミサイルが日本国民を殺傷した場合、政府は反撃できるのか?

PAGE TOP