【夫婦時事解説】反文在寅派が盛り上がる韓国で香港独立派の陳浩天に再会!?

人気Youtuberランダム・ヨーコさんと、そのご主人・石井英俊さん(国際戦略家)がお送りする人気番組「夫婦時事解説」の一部をテキスト化してお送りします!ぜひ動画もご覧ください。

石井英俊
昨日(10月5日)まで僕ら韓国にいたんですよ。「韓国に旅行に行った」と言うと怒られることがあるんだけど(笑)
YOKO
私たちは差別してないから。
石井英俊
韓国の「文在寅をぶっ倒せ!」という側の人たちの集会に参加してきました。9月の終わりに、文在寅を応援する集会があったのよ。例の「たまねぎ男」こと「チョ・グク法務大臣をこれ以上いじめるな!」みたいなデモを文在寅支持派がやって、200万人集まったと言ってる。

編注:チョ・グク法務大臣は10月14日に辞任。家族ぐるみの不正疑惑で捜査対象になっていることが原因とされている。

YOKO
主催者発表ね。
石井英俊
もちろんオーバーに言ってるわけだけど、10月3日に反文在寅集会をやって、どう見てもこっちの方が多い。だから「こっちは300万人だ!」と発表されてるけど、現実には100万人くらいじゃないと。いずれにせよ過去最大級の歴史的集会だった。
YOKO
だねー。
石井英俊
これがなんで大事かというと、来年4月が韓国国会議員の選挙なんですよ。これで保守側=反文在寅側が多数をとって、大統領選を罷免に追い込むか、レイムダックに追いやって再来年の大統領選に備えるべく必死でやっているわけですよ。
YOKO
うんうん。
石井英俊
だからいつも言っているように、韓国を一括りにするんじゃなくて、韓国の保守派をとにかく勝たせることで、よりマシな政権をどう作るか。彼らが親日かどうかとか関係なく。
YOKO
「よりマシ」を繰り返して行けばね、どんどんマシになる。
石井英俊
「よりマシ」を作るために、(反文在寅集会)は凄く大事な動きだったんですよ。ところで話が変わるけど、香港の陳浩天もちょうど韓国に来てまして…

ますます激化する香港「時代革命」

YOKO
そう、再会したんですよ!

石井英俊
(香港での)逮捕後初めて直接話したんだけど、このとき例の香港の「マスク禁止(覆面禁止法)」がおそらく今後の争点になるだろうと。
YOKO
「マスクじゃなければ良いんじゃないの?」って…髪で(笑)

石井英俊
そうそう、流行ってんだよ(笑)あと、イスラム教のブルカ(ベール)はどうなるの?とかね。
YOKO
あれマスクじゃないもんね。
石井英俊
(ブルカを禁止したら)宗教差別になるよ。
本山貴春
(香港デモ隊の)高校生が撃たれましたよね。

撃たれた高校生(AFP)

石井英俊
撃たれた高校生を警察が起訴したんだよ。撃たれて死にかけたほうだよ!?警察を襲った暴動罪で起訴してる。映像見たらわかるけど、白い棒で叩いている。そのあと警察が鉄パイプみたいなの転がしてて、証拠写真みたいなのを撮って、「こっちで(警察を)殴った」みたいな言い方をしてるらしいんだよね。
YOKO
そう、捏造。
石井英俊
証拠捏造。この「高校生を起訴したことはおかしいだろう」という問題と、マスク禁止法の問題。従わない人がたくさんいるから、また逮捕者が山のように出てくるでしょう。今回は見送りになったけど、「夜間外出禁止令」もそのうち出るかもしれない。この3つが今後香港の争点になるんです。
本山貴春
しかも緊急立法(※)なんでしょう?

※緊急立法:緊急状況規則条例。香港議会(立法会)の同意なしに行政長官が集会や通信の制限を含むあらゆる規則を制定できる。

石井英俊
1997年の香港返還以降初(の緊急立法)。
本山貴春
やりたい放題ですね。
石井英俊
やりたい放題。いわゆる天安門(事件)みたいなことはできないから、あの手この手でこういう風にやっていくと。いま強制収容所もね。
YOKO
そう、中国(本土)との国境のところにもともと不法移民を取り締まる拘置所があったらしいんですね。名前は新屋峰(サンオクレン)っていうらしいんだけど、いまはデモ隊の逮捕者が多くなっちゃったから使っていると。そこも不透明性がすごいあって、虐待されたとか、10代の女の子がレイプされたというケースも出てきていて、それに抗議する5万人の集会をやったりもしてて、行政側は「もうそこは使いません」って言ってるんだけど、陳浩天によると代わりに「島を作る」と。完全に強制収容所じゃないかと。
石井英俊
陳浩天が言い出してるけど「チャイナチ(Chinazi)」、中国はナチスだ、と。
YOKO
共通した認識になりつつある。
石井英俊
われわれは昔から言ってるんだけどね。「中国はナチスだ」と。
YOKO
安保法制の時の私の動画とかみてもらったら、横断幕に書いてますからね。

石井英俊
あの頃からわれわれは言ってるんだけど、いまそれが(香港で)共通認識になってきてる。
YOKO
みんな考えてることは一緒。
石井英俊
アメリカ人もそう言ってたからね。アメリカの保守派のリーダーの人たちとか。「北京のナチス野郎」とかいう表現まであったけど(笑)
本山貴春
中国共産党がとんでもない独裁政権ということは前からわかっているわけだけど、彼らは宣伝がうまい。パンダを贈ったりとか。アメリカ人もほとんどずっと騙されてたわけでしょう、最近まで。日本人も田中角栄が国交を結んだりとか天皇陛下に訪中していただいたりとか、中国の実態とかけ離れる情報戦・宣伝戦に戦後ずっと協力してきたのは事実ですよね。
YOKO
日本も反省すべきことがいっぱいある。
石井英俊
この状況下で、来年春の習近平の「国賓」来日。ちょっとありえないね。
YOKO
いつも日本がおかしなことをやってるよね。
石井英俊
安倍総理も一生懸命やってて、安倍総理を応援するのもわかるんだけど、やっぱり違うことは違うって言わないといけないよね。これはなんぼなんでも明らかに国際社会の状況と乖離しすぎているので、ありえない。
YOKO
香港の若者たちがいまこれだけ犠牲を払ってやってて、彼らは恐れてないというと語弊があるけれども、犠牲はどっかで払わないと自由は得ることができないということで、アメリカだっていま犠牲を払って貿易戦争をやってるわけじゃないですか。でも日本は「中国は刺激したくない。だって経済が大事じゃん。票も減るじゃん」みたいな。日本だけが犠牲を払う気がない。「自己犠牲」という割に、やってない!けしからん!
石井英俊
香港はまだまだ続きます。
YOKO
香港の「独立戦争」来たなって感じです。「自分たちの時代の革命だ」っていう表現を陳浩天はしてました。

21世紀の独裁政権との戦い

本山貴春
北朝鮮の日本人拉致も、韓国や香港の問題も、全部繋がってるんですよね。カンボジアとかいろんなところで、いま石井さんが連携を深めてますけど、全部中国とか中国の子分である独裁政権との戦い。
石井英俊
全部敵の本丸には習近平という親玉がいて、その下にときどき(中国の)いうことを聞かない金正恩。さらにその子分の文在寅がいる状態で。敵の本丸は中国で、みんなそれに困ってるわけよ。拉致問題も韓国の保守派も、チベット、ウイグル、モンゴル、台湾、香港も。
YOKO
「おたくもですか!?」みたいな(笑)
石井英俊
みんな共通認識。
本山貴春
「21世紀の独裁政権との戦い」という同じ構図が、いろんな国にあるわけですよね。アメリカもに韓国にもあるし、当然日本にもあるわけで。そういう味方と連携していきましょうっていう視点を一生懸命発信し、実行してきた石井さんという存在は非常に重要だと思って、選報日本では注目させていただいて参りました。
石井英俊
ありがとうございます。
本山貴春
いままでは僕個人で選報日本を運営してきたようなものなのですが、これからはみんなで発信していけたらと思いまして、石井さんに選報日本の名誉編集長になっていただくことが今日決まりました。
石井英俊
よろしくお願いします(笑)

石井英俊(いしい・ひでとし)国際戦略家。自由インド太平洋連盟副会長。九州大学卒業後、塾講師、経済団体職員、選挙出馬を経て、現在、アジア問題専門家として情報発信している。平成29年10月、月刊「正論」に『香港にも慰安婦像が建っている理由』発表。

randomyoko(ランダム・ヨーコ)/日米戦略アドバイザー。YouTube NextUp賞受賞。トランプ大統領の当選を予測したことで一躍有名になり、メディアにも取り上げられた。「正論」「JAPANISM」などの言論誌にも論文が掲載されている。公式ファンクラブ(camp-fire.jp)では毎月限定動画を視聴できる。

本山貴春(もとやま・たかはる)独立社PR,LLC代表。北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会副代表。福岡市議選で日本初のネット選挙を敢行して話題になる。大手CATV、NPO、ITベンチャーなどを経て起業。新著『日本独立論:われらはいかにして戦うべきか?』(Amazon kindle)。月刊国体文化に未来小説『恋闕のシンギュラリティ』を連載中。

関連記事

  1. 「女性にひどいことをした野蛮な国」と誤解されている日本

  2. チベット最高指導者ダライ・ラマ法王が福岡市で法要 約2000人が参列

  3. 救う会が吉川市議会へ抗議 ブルーリボン悪用に「大変悲しい」

  4. 外国人労働者を「安価な労働力」とみなす日本企業のトンデモない勘違い

  5. 福岡市で憲法フォーラム「憲法改正が子や孫への最高の贈り物です」

  6. 豪華版のカプセルホテル?話題の「ファーストキャビン」に泊まってみた

  7. 中国人が靖国神社へ墨汁 鈴木信行葛飾区議「警察の責任で警備すべき」

  8. 日本外交を強くするためには、偉大な先人の足跡を知らねばならない

  9. 米トランプ大統領が自らニュース動画の配信を開始 大手メディアは一斉に反発

PAGE TOP