民主化リーダー3名を香港警察が連続逮捕 陳浩天氏、周庭氏、黄之鋒氏

西暦2019年8月30日、香港の民主化運動の若手指導者3名が一斉に逮捕されたことがわかった。香港警察は容疑を明らかにしていない。

逮捕されたのは香港民族党の陳浩天氏(既報)と、雨傘運動の指導者としても知られる香港衆志(デモシスト)の周庭氏・黄之鋒氏。

この3名は香港の実情を積極的に国際社会へ発信していることでも知られている。

陳浩天(アンディ・チャン)氏は29日夜に日本への出国目的で香港国際空港へ入った際に足止めされ、夜半に逮捕された。

周庭(アグネス・チョウ)氏と黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏は30日朝に逮捕されたが、詳しい状況はわかっていない。黄氏は今年6月に刑期を終えて出所し、デモ活動に参加していた。

自由インド太平洋連盟が抗議声明

陳浩天氏の逮捕について、アジアの人権保護活動に取り組むNGO「自由インド太平洋連盟」(本部・東京都)は30日、「警察は罪状も明らかにせずに拘束した。これは日本への渡航を計画していた陳浩天氏の国際的影響力を怖れた香港政府による予防拘束に他ならない。かかる人権侵害は断じて許されない」と抗議声明を発表した。

【追記】30時間以内に5名の指導者が一斉受難

香港のニュースサイト「立場新聞」は、この30時間以内に陳浩天氏を含む5名の民主化運動指導者が逮捕または襲撃されたと報じた。

・岑子杰(ジミー・シャム)「民陣」→襲撃
・陳浩天(アンディ・チャン)「香港民族党」→逮捕
・鍾健平(デモ申請者)→襲撃
・黃之鋒(ジョシュア・ウォン)「香港衆志」→逮捕
・周庭(アグネス・チョウ)「香港衆志」→逮捕

一連の動きを受けて「立場新聞」は、「香港已進入全面威權警察國家時代(香港は本格的に権威主義的な警察国家の時代に入った)」と嘆いている。

【追記】8月31日のデモ中止を発表

襲撃を受けたとされる岑子杰氏は30日に記者会見し、31日に予定されていた大規模デモの中止を発表した。「警察の許可が出ず、参加者の安全を確保できないため」としている。


関連記事

  1. チベット最高指導者ダライ・ラマ法王が福岡市で法要 約2000人が参列

  2. 日本経済復活の処方箋「預貯金の1%を寄付するだけで消費喚起できる」

  3. 【詳報】小川榮太郎氏「改憲国民投票で国民の覚醒を」建国祝う集い(福岡)

  4. 西日本新聞の元記者が「近代軍事史」の本を書いた理由とは

  5. 劉暁波氏が世界に問いかけたことは? 福岡の追悼フォーラムに150名

  6. 米朝首脳会談を米国民はどう見ているか 会談に賛成するも成果は期待薄

  7. 日本独立運動(3)日本独立を阻む者

  8. ノーベル平和賞・劉暁波とその妻の悲劇「長雨が続く中の赤い雨傘」

  9. これを知っていればあなたも選挙通!?選挙の専門用語8選

PAGE TOP