新元号は「令和」 5月1日から

平成31年4月1日、菅官房長官は新元号を「令和」と発表した。5月1日の新天皇即位に合わせ改元となり、本年は「令和元年」となる。

新元号の出典は「万葉集」。

初春令月、気淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香
(初春の令月にして、気よく風やわらぎ、梅は鏡前の粉をひらき、蘭は珮後の香を薫らす)

元号は支那古典から引用されることが多く、国書(日本古典)からの引用は史上初となる。万葉集は日本に現存する最古の和歌集。

関連記事

  1. 「三島由紀夫と西郷隆盛」歴史作家・浦辺登氏が11月23日に講演

  2. #もともと残酷で有名だった 小坪慎也市議が戦い続ける理由(2)

  3. 事実上「逃げ得」?!不法滞在の外国人に甘すぎる日本の現状とは

  4. 少子高齢化という「国難」 人口減少社会を乗り切る方法はあるのか

  5. 荒野に近代都市を建設した「南満州鉄道」は物凄い企業だった!

  6. 丸山議員へ辞職勧告の動き 戦争について議論すら許さないのか

  7. 亡命したチベット高僧「アジャ・リンポチェ」が遥々日本へ来る理由

  8. 数字で見る日中間の「好感度」 定住外国人の受け入れを阻む要因か

  9. 声に出せばわかる三島由紀夫「檄」 具体的にどう詠むか(3)



















twitter

facebook

facebook
PAGE TOP