新元号は「令和」 5月1日から

平成31年4月1日、菅官房長官は新元号を「令和」と発表した。5月1日の新天皇即位に合わせ改元となり、本年は「令和元年」となる。

新元号の出典は「万葉集」。

初春令月、気淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香
(初春の令月にして、気よく風やわらぎ、梅は鏡前の粉をひらき、蘭は珮後の香を薫らす)

元号は支那古典から引用されることが多く、国書(日本古典)からの引用は史上初となる。万葉集は日本に現存する最古の和歌集。

関連記事

  1. 『満洲文化物語』著者に聞く(後編)満洲国建国の挫折から日本人が学ぶべきこととは

  2. 三島由紀夫は日本のNPT加盟を批判していた

  3. #もともと残酷で有名だった 小坪慎也市議が戦い続ける理由(2)

  4. 若い世代のための三島由紀夫入門

  5. 経済大国・中国からの技能実習生受け入れはもう見直すべき時期に来ている

  6. あなたは何個知ってる?意外に知らない選挙の専門用語8選

  7. 慰安婦問題は日韓政府の「談合」の産物だった

  8. 衆院選、安倍自民党が圧勝!いまさら聞けない「アベノミクス」って何?

  9. 【平成30年7月豪雨】過去の大災害の教訓を活かす被災者支援とは

PAGE TOP