【戦後75年】熊本で有志が短編映画制作「英霊のことを知って欲しい」

熊本市在住の経営者などが中心となって、戦後75年を記念する短編映画が制作されている。発起人は元自衛官で会社社長の鈴木田遵澄氏。すでに熊本県護国神社や熊本市内などでの撮影が完了し、8月にインターネット上で公開される予定。

短編映画制作プロジェクトのきっかけとなったのは、イギリス陸軍がYoutubeに公開した動画だった。この動画では現代の街中に戦死者の霊が現れ、街ゆく人の誰からも気づいてもらえない。しかし幼い少女だけが戦死者の存在に気づき、微笑みかけるというもの。

「戦死者のことを忘れないで」という趣旨で制作され、昨年11月に公開されたイギリス軍の動画は反響を呼び、現時点で5万回近く再生されている。熊本のプロジェクトメンバーは「こちらは100万回再生を目指す」と意気込んでいる。

わが国では平成25年に安倍首相が靖国神社に参拝して以来、首相による靖国参拝が途絶している。

英霊を顕彰する行為がたびたび政治問題化する中、「誰にでもわかるように難しい言葉を使わずに、靖国神社や護国神社に祀られている英霊のことを知ってもらう」(制作者)ことが動画プロジェクトの目的だ。

動画の撮影と編集は東京のクリエイターに依頼しており、費用は100万円ほどを見込んでいる。同プロジェクトでは、制作費用の寄付を募集している。問い合わせ・振込先は以下の通り。

・協賛金額:1口5,000円
・募集期限:令和2年5月末日
・振込先:熊本銀行 益城支店(店番114)
 普通口座3075681 スズキダジュンチョウ
・お問い合わせ:発起人代表 鈴木田遵澄 電話090-8399-1984

関連記事

  1. 福岡市で三島由紀夫『金閣寺』朗読会 最高傑作を声に出して味わう

  2. 家康の台湾出兵、そのとき明国は日本の尖閣領有を認めていた(後編)

  3. 台湾民主化の父・徐復観が唱えた「儒教にこそ民主主義があった」の真意とは

  4. 織田信長はキャプテン翼だった!? 涙ぐましい努力家に学ぶべき事とは

  5. 米朝開戦前に観ておくべき日本の傑作映画『シン・ゴジラ』と『宣戦布告』

  6. 戦後最大の宗教テロ組織 オウム真理教とは何だったのか?

  7. 声に出せばわかる三島由紀夫「檄」 具体的にどう詠むか(1)

  8. 明治維新は佐賀藩が起こした!?「肥前さが維新博」の郷土愛が凄い

  9. キリシタン大名の失敗に学ぶ「負けない組織」の作り方とは

公式SNSで配信情報をお届け!

twitter

facebook

Instagram

youtube

イベント情報

PAGE TOP