【戦後75年】熊本で有志が短編映画制作「英霊のことを知って欲しい」

熊本市在住の経営者などが中心となって、戦後75年を記念する短編映画が制作されている。発起人は元自衛官で会社社長の鈴木田遵澄氏。すでに熊本県護国神社や熊本市内などでの撮影が完了し、8月にインターネット上で公開される予定。

短編映画制作プロジェクトのきっかけとなったのは、イギリス陸軍がYoutubeに公開した動画だった。この動画では現代の街中に戦死者の霊が現れ、街ゆく人の誰からも気づいてもらえない。しかし幼い少女だけが戦死者の存在に気づき、微笑みかけるというもの。

「戦死者のことを忘れないで」という趣旨で制作され、昨年11月に公開されたイギリス軍の動画は反響を呼び、現時点で5万回近く再生されている。熊本のプロジェクトメンバーは「こちらは100万回再生を目指す」と意気込んでいる。

わが国では平成25年に安倍首相が靖国神社に参拝して以来、首相による靖国参拝が途絶している。

英霊を顕彰する行為がたびたび政治問題化する中、「誰にでもわかるように難しい言葉を使わずに、靖国神社や護国神社に祀られている英霊のことを知ってもらう」(制作者)ことが動画プロジェクトの目的だ。

動画の撮影と編集は東京のクリエイターに依頼しており、費用は100万円ほどを見込んでいる。同プロジェクトでは、制作費用の寄付を募集している。問い合わせ・振込先は以下の通り。

・協賛金額:1口5,000円
・募集期限:令和2年5月末日
・振込先:熊本銀行 益城支店(店番114)
 普通口座3075681 スズキダジュンチョウ
・お問い合わせ:発起人代表 鈴木田遵澄 電話090-8399-1984

関連記事

  1. 【4月23日】三島由紀夫『午後の曳航』朗読会 三島由紀夫の国際性とは

  2. 奥茂治氏が「慰安婦裁判」帰国報告 なぜ謝罪碑を書き換えたのか

  3. 福岡市で「英霊顕彰」県民の集い 喜多由浩氏「朝鮮統治の努力を知って」

  4. 日本外交を強くするためには、偉大な先人の足跡を知らねばならない

  5. なぜ日本人は「Z」が好きなのか? 日本海海戦から受け継がれる魂とは(前編)

  6. 「明治の日」実現へ衆院議員会館で集会「明治の精神が多くの英雄を輩出」

  7. 1年も前に日本人宗教家が警告していた新型肺炎 「風邪見鶏になるな」とは?

  8. 過去を変えれば人は幸せになれる? アニメ『STEINS;GATE』のメッセージとは

  9. 福沢諭吉のエッセンス『中津留別之書』全文を現代語に意訳してみた

PAGE TOP