福岡縣護国神社で提灯付け奉仕「みたままつり」に約6,000灯の献灯

令和元年8月9日、福岡縣護国神社にて「みたままつり」のための提灯付けが有志約100名の参加により実施された。

「みたままつり」は毎年お盆前後に開催され、大勢の参拝客で賑わう。提灯は遺族会のものを中心に、約6,000灯がともされる。ただ、遺族からの献灯は年々減少しており、県内の企業や団体・個人からの献灯が増えているという。

提灯付けの奉仕活動は5年前から、福岡県神道青年会の呼びかけで始まった。県内の若手神職が中心だが、一般からの参加者も増えており、今年は過去最多の参加者数となった。

福岡縣護国神社には明治維新から大東亜戦争に至るまでの、県内約13万柱の英霊が御祭神として祀られている。英霊に感謝する「みたままつり」は8月13日から16日までの4日間開催され、期間中は毎日18時半から和楽器や洋楽器での演奏が奉納される。観覧無料。

▽福岡縣護国神社「みたままつり」
http://fukuoka-gokoku.jp/mitama.html

関連記事

  1. 「ビルマのゼロファイター」と呼ばれる男 未だ終わらぬ2つの戦争とは

  2. 「文化の日」を「明治の日」に改称へ 10月29日に院内集会開催

  3. 韓国アイドルの「原爆ファッション事件」問うべきは日本側の責任だ

  4. 織田信長はキャプテン翼だった!? 涙ぐましい努力家に学ぶべき事とは

  5. 家康の台湾出兵、そのとき明国は日本の尖閣領有を認めていた(前編)

  6. 『満洲文化物語』著者に聞く(前編)日本で差別された満洲引揚者の苦悩とは

  7. 【5月28日】埋もれた長編小説『青の時代』にみる、若き三島由紀夫の挑戦とは

  8. 三島由紀夫の檄文を「詠む」 そこに隠された三島の思いとは(1)

  9. 1年も前に日本人宗教家が警告していた新型肺炎 「風邪見鶏になるな」とは?

PAGE TOP