福岡縣護国神社で提灯付け奉仕「みたままつり」に約6,000灯の献灯

令和元年8月9日、福岡縣護国神社にて「みたままつり」のための提灯付けが有志約100名の参加により実施された。

「みたままつり」は毎年お盆前後に開催され、大勢の参拝客で賑わう。提灯は遺族会のものを中心に、約6,000灯がともされる。ただ、遺族からの献灯は年々減少しており、県内の企業や団体・個人からの献灯が増えているという。

提灯付けの奉仕活動は5年前から、福岡県神道青年会の呼びかけで始まった。県内の若手神職が中心だが、一般からの参加者も増えており、今年は過去最多の参加者数となった。

福岡縣護国神社には明治維新から大東亜戦争に至るまでの、県内約13万柱の英霊が御祭神として祀られている。英霊に感謝する「みたままつり」は8月13日から16日までの4日間開催され、期間中は毎日18時半から和楽器や洋楽器での演奏が奉納される。観覧無料。

▽福岡縣護国神社「みたままつり」
http://fukuoka-gokoku.jp/mitama.html

関連記事

  1. 外国人と交渉する前に押さえておきたい、神話にみる「契約」の違いとは

  2. 護国神社に祀られている神様とは?参拝の際に心がけるべきこと

  3. 地球一周ピースボートで「大東亜戦争肯定論」を主張した理由(3)

  4. 『満洲文化物語』著者に聞く(前編)日本で差別された満洲引揚者の苦悩とは

  5. 荒野に近代都市を建設した「南満州鉄道」は物凄い企業だった!

  6. 日本は負けていなかった?忘れられた開戦の「政府声明」とは

  7. キリシタン大名の失敗に学ぶ「負けない組織」の作り方とは

  8. 仕事をする上で役に立ちそうな、今シーズンTVドラマ3選

  9. 放送中の『民衆の敵』も話題! 政治がわかるテレビドラマ傑作5選

PAGE TOP