「フリーランサーの互助組織を」福岡市で構想発表 来年正式発足めざす

平成30年9月16日、福岡市中央区天神の福岡ビルにてNPO法人「社会人からの弁論部」が主催する講演会が開催され、市民ら約50名が集まった。

本山貴春代表

講演会では合同会社独立社パブリック・リレーションズの本山貴春代表(本誌編集主幹)より『フリーランサー互助組織の提案』と題してプレゼンテーションが行われ、個人事業主・起業家・フリーランサーなどを巡る情勢と課題、その課題を解決する手段としての互助組織「サムライ☆ユニオン」構想が発表された。

金子宗徳氏(亜細亜大学非常勤講師)

続いて亜細亜大学非常勤講師の金子宗徳氏が『福沢諭吉に学ぶ 個人が自立して現代社会で戦う道とは』と題して講演。なぜ福沢諭吉が明治時代において個人の自立を訴えたのか、その思想と行動を紹介しながら、現代日本人に通じる教訓として解説した。講演録は後日、金子氏が編集長を務める『国体文化』(WEB版)に掲載される予定。

講演会終了後、参加者からは「福沢諭吉の意外な側面を知れて刺激になった。自分たちも自立していきたい」「フリーランサーの互助組織は必要だと思う。ぜひ参加したい」などの感想が出た。

主催者は「初めてのイベントで不安だったが、予想以上に反響があった。同様の講演会を全国の都市部で開催し、ネットワークを広げて行きたい」と述べた。

▽『国体文化』(WEB版)
https://www.kokutaibunka.com/

▽サムライ☆ユニオン公式サイト
samuraiunion.jp

関連記事

  1. 日経新聞「堤防をかさ上げしても水害を防げる保証はない」と行政を免責

  2. 行橋市教育長の進退問題に!?非常識な議会答弁に波紋広がる

  3. 戦後まで続いた福岡の青年道場「振武館」 優れた人物が輩出した秘密とは

  4. 丸山穂高議員への批判者が知らない、国際社会における領土問題の現実とは

  5. 九州北部豪雨の陸上自衛隊救援部隊を市民が訪問 自衛隊の活躍に感謝の言葉も

  6. 戦後最大の宗教テロ組織 オウム真理教とは何だったのか?

  7. 大野城市で拉致問題チャリティーイベント 市民ら170人が集まる

  8. 【それいけ!ネコウヨ玉乃進】ネコでもわかる与党と野党の違いとは

  9. 西村元防衛政務次官「日本は核の傘を失った」

PAGE TOP