「フリーランサーの互助組織を」福岡市で構想発表 来年正式発足めざす

平成30年9月16日、福岡市中央区天神の福岡ビルにてNPO法人「社会人からの弁論部」が主催する講演会が開催され、市民ら約50名が集まった。

本山貴春代表

講演会では合同会社独立社パブリック・リレーションズの本山貴春代表(本誌編集主幹)より『フリーランサー互助組織の提案』と題してプレゼンテーションが行われ、個人事業主・起業家・フリーランサーなどを巡る情勢と課題、その課題を解決する手段としての互助組織「サムライ☆ユニオン」構想が発表された。

金子宗徳氏(亜細亜大学非常勤講師)

続いて亜細亜大学非常勤講師の金子宗徳氏が『福沢諭吉に学ぶ 個人が自立して現代社会で戦う道とは』と題して講演。なぜ福沢諭吉が明治時代において個人の自立を訴えたのか、その思想と行動を紹介しながら、現代日本人に通じる教訓として解説した。講演録は後日、金子氏が編集長を務める『国体文化』(WEB版)に掲載される予定。

講演会終了後、参加者からは「福沢諭吉の意外な側面を知れて刺激になった。自分たちも自立していきたい」「フリーランサーの互助組織は必要だと思う。ぜひ参加したい」などの感想が出た。

主催者は「初めてのイベントで不安だったが、予想以上に反響があった。同様の講演会を全国の都市部で開催し、ネットワークを広げて行きたい」と述べた。

▽『国体文化』(WEB版)
https://www.kokutaibunka.com/

▽サムライ☆ユニオン facebookページ
https://www.facebook.com/SamuraiUnion

関連記事

  1. 「戦える国」への道 平和を守るために本当に必要なこととは?

  2. 三島由紀夫の檄文を「詠む」 そこに隠された三島の思いとは(3)

  3. 『満洲文化物語』著者に聞く(前編)日本で差別された満洲引揚者の苦悩とは

  4. 故・小野田寛郎氏「いまでも日本政府はアメリカの傀儡だ」

  5. 香港独立派、米国大統領に書簡「中国のWTO加盟取り消しを求める」

  6. 家康の台湾出兵、そのとき明国は日本の尖閣領有を認めていた(前編)

  7. チベットの転生者「アジャ・リンポチェ」に聞く 人は死んだらどうなるのか?

  8. 「継戦」の形而上学を形成せよ!(2)米国の衰退を見据えて

  9. 気象予報士の半井小絵さん「北朝鮮の拉致は政治問題ではなく犯罪」



















twitter

facebook

facebook
PAGE TOP