石原志乃武

小説

三島由紀夫の檄文を「詠む」 そこに隠された三島の思いとは(1)

たぶん、いつの日か、国が平和とか、国民総生産とか、そんなものすべてに飽きあきしたとき、彼は新しい国家意識の守護神と目されるだろう。いまになってわれわれは、彼が何をしようと志していたかを、きわめて早くからわれわれに告げていて、それを成し遂げた...
タイトルとURLをコピーしました