仕事

仕事

超高齢化による介護負担増をどうすべきか?海外でも同じ課題が

現下の人口激減社会において、介護の担い手不足に対処することが焦眉の急であることは論を俟たない。 現役世代が高齢者を支える際、以前は複数で支える「神輿型」と例えられていた。しかし近年は一人の現役世代が一人の高齢者を支える「肩車型」「重量...
IT

今さら聞けない!「Eコマース」と「WEBマーケティング」の違いとは?

いまや老若男女、インターネットでお買い物をするのが当たり前の時代になった。その背景には、スマートフォンの急激な普及があった。パソコン操作に不慣れな人でも、スマホがあれば簡単にネット通販を楽しむことができる。 ネット通販関連でよく聞く言...
仕事

織田信長はキャプテン翼だった!? 涙ぐましい努力家に学ぶべき事とは

皆さんは戦国武将「織田信長」にどのようなイメージをお持ちだろうか?カリスマ性のある指導者、様々な改革を推し進めた革新者、あるいは残虐で冷酷な魔王・・・。映画やドラマ、漫画で描かれる織田信長はまさに「超人」である。 しかし近年の研究で、...
仕事

中国・上海で二人暮らしするのに必要な収入はいくらか計算してみた

中国の上海市は人口2,400万人超、経済規模を含め、中国で最も大きな都市だ。日本企業も1千社以上、在留邦人は4,500人を超えている。わが国から最も近い「世界都市」だ。 さてそんな上海で話題になっているのが、「上海で二人暮らしするのに...
仕事

もうマスコミに騙されない!現代人に必須の情報判断能力とは?

安倍政権の内閣改造がなされたが、依然として内閣支持率は下降傾向にあるとされている。その世論調査の方法が、固定電話を持っている家庭のみを対象としているなど、国民全体の支持率を正確に反映しているのか疑いの声も大きい。 少なくとも、テレビや...
仕事

ゆとり教育が企業にもたらした混乱「それでも日本人を雇いたい」

仕事柄、中小企業の方と話をする機会が多いのだが、「いまの日本の若者」には、礼儀や挨拶など社会人であれば当然身につけておくべき「常識」が欠けているという声をよく耳にする。 これは実際にあった例としてある企業の方から聞いた話である。休憩時...
仕事

長時間労働やサービス残業が日本の経済成長を妨げ、日本人を不幸にした

生産性とは、人生の価値を向上させること 私は技能実習制度を通じて外国人労働者受け入れを考える中で、日本の労働現場の生産性向上が重要であることに気が付いた。 大前提として生産性を高める目的は何であるのか。それは生産性を向上させ業務効率...
仕事

地方をこれ以上衰退させない唯一の道は、中央集権から脱却することだ

「地方創生」が叫ばれて久しい。現役世代が首都圏などの大都市部に集中し、地方では高齢化・過疎化が進んでいる。この問題の本質はどこにあるのだろうか。 ある大学教授が地方紙に寄稿した文章によると、地方には「若い人が就きたい仕事がない」のだと...
労働問題

外国人材活用政策で日本のサラリーマンは疲弊する

新たな「成長戦略」 周知の通り、アベノミクスは「大胆な金融緩和」・「機動的な財政政策」・「新たな成長戦略」という「三つの矢」からなる。平成25年6月、安倍内閣は「新たな成長戦略」の指針となる《日本再興戦略―JAPAN is BACK》...
仕事

沈む船と乗客を見捨てるリーダーはいらない

(執筆者 本山貴春) 韓国南西部、珍島沖で発生した旅客船セウォル号の沈没事故を巡り、韓国では首相が辞任するという事態に至りました。ひとつの海難事故が、体制を揺るがしています。朴槿恵大統領への批判は、東日本大震災・福島原子力災害時の菅直人首...
仕事

「継戦」の形而上学を形成せよ!(3)欧州の危機と日本の未来

(執筆者 東山邦守) 『日本経済新聞』(1月5日付朝刊)に以下の記事が掲載された。イスラム圏から大勢の移民を受け入れ、EUという超国家共同体を形成した欧州の現状は、TPPの締結や高度人材の受け入れを進めようとしている我が国にとって他人...
仕事

「継戦」の形而上学を形成せよ!(2)米国の衰退を見据えて

(執筆者 東山邦守) 米国においては、議会の承認を受けずに連邦政府債務の残高上限を引き上げることができない。内閣が行政権に基づいて財政出動を繰り返したあげく、1000兆円以上の債務を抱えるに至った我が国と比べ、財政に対して議会の統制が...
仕事

「継戦」の形而上学を形成せよ!(1)「平和」の終わりは近い

(執筆者 東山邦守) 我が身をば薪となすもことごとく焼き浄めなむ偽りの世を 今年もまた、「終戦記念日」がやってきた。 京都の自宅で全国戦没者追悼式のテレビ中継を見てから、京都と大阪の護国神社に参拝する。ちょうど盆休みの中日...
タイトルとURLをコピーしました