社会

安全保障

故・小野田寛郎氏「いまでも日本政府はアメリカの傀儡だ」

小野田寛郎 大正11年(1922年)3月19日 - 平成26年(2014年)1月16日 引用文は小野田氏著書『たった一人の30年戦争』からの引用です。
仕事

「継戦」の形而上学を形成せよ!(3)欧州の危機と日本の未来

(執筆者 東山邦守) 『日本経済新聞』(1月5日付朝刊)に以下の記事が掲載された。イスラム圏から大勢の移民を受け入れ、EUという超国家共同体を形成した欧州の現状は、TPPの締結や高度人材の受け入れを進めようとしている我が国にとって他人...
国際

英国人記者「日本軍はこの世の現実とは思えないほど強かった」

(執筆者 本山貴春) ヘンリー・S・ストークス著『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』祥伝社新書刊 三島由紀夫と親交が深いことでも知られるヘンリー・S・ストークス氏の新著。日本を訪れて50年以上になる氏の半生と日本への思いが綴られてい...
国際

原子力発電はアメリカに押し付けられた

(執筆者 本山貴春) この頃世間を騒がせている「山本太郎園遊会直訴事件」について思うところを書いておこうと思います。 山本太郎参院議員が天皇陛下に対し「直訴」のための手紙を手渡したことについて様々な批判が寄せられていますが、私は2つ...
仕事

「継戦」の形而上学を形成せよ!(2)米国の衰退を見据えて

(執筆者 東山邦守) 米国においては、議会の承認を受けずに連邦政府債務の残高上限を引き上げることができない。内閣が行政権に基づいて財政出動を繰り返したあげく、1000兆円以上の債務を抱えるに至った我が国と比べ、財政に対して議会の統制が...
人生観

日本独立運動(4)戦え日本人

(執筆者 馬場能久) 現代に生きる私達が忘れてはならないこと。それは「思い上がってはいけない」ということだ。私達人間は自然の中の一員である。我々人類は終局の世界に足を踏み入れた。DNAを書き換え、原子核を利用するにいたった。これは本来神の...
教育

いじめられっ子はいじめっ子に復讐せよ

(執筆者 本山貴春) 今年の流行語大賞にノミネート確実なフレーズの一つが「やられたらやり返す!倍返しだ!」である。 TBS系で放送された『半沢直樹』は銀行マンの葛藤を描いた社会派ドラマで、近年にない高視聴率のドラマとして知られている...
国際

日本が世界に果たすべき使命とは?

(執筆者 馬場能久) 先ほどまでザンビア国営放送の日本紹介番組取材の様子をTVで見ていたが、思わず涙してしまった。 番組のディレクターはアナウンサーに最後の撮影前にこういう指示をした、「自分たちの文化を失う必要はないということを(ザ...
人生観

日本独立運動(3)日本独立を阻む者

(執筆者 馬場能久) 吾々の言う日本独立運動は明治維新の延長線上のものである。日本独立運動は真日本建設の創造以外の何物でも無い。皇紀2663年現在の一体化した世界における真日本建設とは何なのか。本当に日本独立が可能なのか。 今、支那...
仕事

「継戦」の形而上学を形成せよ!(1)「平和」の終わりは近い

(執筆者 東山邦守) 我が身をば薪となすもことごとく焼き浄めなむ偽りの世を 今年もまた、「終戦記念日」がやってきた。 京都の自宅で全国戦没者追悼式のテレビ中継を見てから、京都と大阪の護国神社に参拝する。ちょうど盆休みの中日...
安全保障

三島由紀夫は日本のNPT加盟を批判していた

三島由紀夫 1925年(大正14年)1月14日 - 1970年(昭和45年)11月25日) 引用文は、昭和45年11月25日に起こされた「楯の会事件(三島事件)」において自衛官に配布された「檄」の一部です。
人生観

日本独立運動(2)人類史における日本の使命について

(執筆者 馬場能久) 明治維新よりこの方150年。この間日本はずっと独立の戦い続けてきた。この戦いは今も続いている。長い長い道のりだが、それには理由がある。天が日本に与えた使命・役割が余りにも大きいからである。日本の人類史おける使命とは平...
人生観

日本独立運動(1)戦後日本は奴隷社会だ

(執筆者 馬場能久) まー、私の独立論はボチボチ書くことにするが、それにしても戯けた時代である。新聞紙上を賑わす犯罪や殺人だけでなく、反原発、反核、反戦、平和、人権、どれをとっても狂気が嵐のように吹き荒れている。 靖国神社問題も同じ...
国際

朝鮮学校のイベントに自民党市議が出席した背景とは

(執筆者 本山貴春)  平成二十三年五月、「北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会(救う会福岡)」の会員によって構成された原告団が、福岡県及び福岡県知事を相手取り、「朝鮮学校への補助金支出取り消し」を求めて福岡地裁に提訴した。県はこれ...
人生観

日本独立戦論:われらは誰の奴隷なのか

(執筆者 本山貴春)  本稿の筆を執るにあたり、石原莞爾陸軍中将の代表的著作への敬意を込めて表題を決めた。中将の『世界最終戦論』は、西洋式の戦争を知らない当時と現在の日本人に、戦争のなんたるかを体系立てて教えてくれる教本であるかも知れない...
タイトルとURLをコピーしました