歴史

政治

明治維新は悪だったのか!?その功罪を巡り大論争が勃発中

いま明治維新が話題だ。 というのも、来年2018年(平成30年)が明治維新から150年にあたるためだ。どのタイミングを持って「明治維新がなされた」かは議論があるが、鹿児島市などは「明治」に改元された1868年を維新の年として明治維新1...
仕事

織田信長はキャプテン翼だった!? 涙ぐましい努力家に学ぶべき事とは

皆さんは戦国武将「織田信長」にどのようなイメージをお持ちだろうか?カリスマ性のある指導者、様々な改革を推し進めた革新者、あるいは残虐で冷酷な魔王・・・。映画やドラマ、漫画で描かれる織田信長はまさに「超人」である。 しかし近年の研究で、...
国際

中国によって地図から抹消された民族国家「満洲」とは

かつて中国とロシアの中間、モンゴルの東側、朝鮮半島の北方に「満洲」という国があり、「満洲族」という民族が存在した。現在、中国国内で「満族」と呼ばれる満洲族は軍事的に精強で、2度にわたり中華王朝を打ち立てている。 満洲族はもともと女真族...
人生観

護国神社に祀られている神様とは? 参拝の際に心がけるべきこと

日本には実に多くの神社が存在する。お正月だけでなく、夏祭りや秋祭りで参拝するという人も多い。 神社に参拝する際、「どんな神様が祀られているのか」よりも「どんなご利益があるのか」を気にして参拝する人も増えている。例えば受験合格、恋愛成就...
国際

韓国領事館前に外山恒一氏が「ベトナム反戦像」を設置、韓国に反省を促す

平成29年8月15日、福岡市中央区の韓国領事館前に突如として「ベトナム反戦像」が出現した。九州に拠点を置く政治団体「我々団」の総統、外山恒一氏が事前に予告して設置したものだ。現場は我々団支持者と私服警察官に取り囲まれ、一時騒然となった。 ...
国際

第二次世界大戦はスパイ戦争だった!?おそるべき共産主義の陰謀

20世紀最大の戦争といえば第二次世界大戦。わが国はアメリカ合衆国を中心とする連合国(United Nations、現在の国際連合)と戦い、敗れた。第二次世界大戦の内、支那事変(日中戦争)から対米英戦争を総称して大東亜戦争(Greater E...
人生観

お盆だから知っておきたい 先祖崇拝と仏教は無関係という衝撃の真実?!

8月13日から16日にかけて、わが国の多くの地域ではお盆を迎える。自宅の軒先に盆提灯を掲げたり、仏壇にいつもより豪華なものをお供えする。お盆に合わせて帰省し、親族が集まって先祖供養する風習も根強く残っている。 お盆は正式には「盂蘭盆会...
国際

「南京大虐殺」は中国によるデマ宣伝だった 南京攻略時の秘蔵フィルム公開

平成29年8月11日、福岡市で「第13回英霊顕彰県民の集い」が開催され、『プロパガンダ戦《南京事件》世界を欺く中国のデマ宣伝』と題して日中問題研究家の松尾一郎氏が講演した。 以下、講演メモの一部書き起こし。細かい表現は編集部に...
アニメ

大ヒット映画『銀魂』を観て明治維新なき日本を真面目に想像してみた

1868年にわが国では慶応から明治に改元された。2018年はその明治維新から150年ということで、いま維新への注目が高まっている。そんな中、「維新が起こらなかった日本」を舞台にする映画『銀魂』が若い女性を中心に大ヒットしている。 『銀...
文化

男の戦闘服=スーツの起源はズバリ「軍服」にあった!?

日本の夏は蒸し暑い。こんな気候で、スーツにネクタイを強いられるのは拷問のようなものである。ここ数年は政府主導で「クール・ビズ」が提唱され、職場での半袖ノーネクタイがごく普通の光景になった。しかしまだまだ、フォーマルな場や、職種によってはスー...
安全保障

若い世代のための三島由紀夫入門

(執筆者:本山貴春) 今年は三島由紀夫が亡くなって45年です。三島は45歳で自決したので、生誕90年になります。 三島由紀夫といえば戦後を代表する文学者です。ノーベル文学賞の候補になったことでも有名で、『金閣寺』などは国語の教科...
国際

中華人民共和国は世界秩序の破壊を決意した

(執筆者 馬場能久) 1.世界秩序の破壊を決意した中国 中国(中華人民共和国)の建国は昭和24年(1949年)である。戦争が終わったのは昭和20年。中華人民共和国は存在していない。我が国が戦ったのは中華民国である。「抗日戦争勝利...
政治

日本の戦った戦争は日本とアジアの独立を求めた戦いだった

(執筆者 馬場能久) 反戦・平和に隠された嘘 私は戦争に関するテレビや映画はあまり見ない。8月15日が近づくこの時期は特に見ない。普段はYoutubeで見ることもあるし、涙も流す。だが、戦争の本質を見事に表した画像は見たことがな...
国際

慰安婦問題は日韓政府の「談合」の産物だった

(執筆者 本山貴春) いわゆる河野談話(慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話)について政治決着がつきました。わが国のWEB言論からは「これからは河野談話ではなく河野談合と呼ぼう!」という声が沸き起こっています。
安全保障

故・小野田寛郎氏「いまでも日本政府はアメリカの傀儡だ」

小野田寛郎 大正11年(1922年)3月19日 - 平成26年(2014年)1月16日 引用文は小野田氏著書『たった一人の30年戦争』からの引用です。
タイトルとURLをコピーしました